はじめてでも失敗しないカフェ開業のヒント

  • ¥0

    無料

300名以上のカフェ開業予備軍をサポートしてきた筆者が本では書けなかった「“真実”のカフェ開業成功マニュアル」を公開。300万円~1,000万円ではじめる常識はずれのカフェ開業論です。「キラリと光る小規模個人事業のヒント」を知りたくありませんか?

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
はじめてでも失敗しないカフェ開業のヒント
発行周期
不定期
最終発行日
2007年10月12日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000245000
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 会社設立・独立準備

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■はじめてでも失敗しない★カフェ開業のヒント■□■

お久しぶりです。

最近打ち合わせで、ファミレスに行くことが多いんです。

そこで感じるのは、「ファミレス頑張ってるな〜」って。

とくにメニューですね。一昔前みたく、「種類が多くないんですね。」

「メニューが絞り込まれている。」あとは「個性」を出してますよね。

あなたもそう感じませんか?

さて、今日のお話はコチラ↓

-------------------------------------------------------------------------------
◆第9号『釣りが分かれば、カフェ開業はうまくいく??』◆
-------------------------------------------------------------------------------



------- ◆今日の内容◆ ------------------------------------------------------

●商いの考えは、「釣り」と同じ

●魚、エサ、釣る場所、タイミングも考えよう

●エサとは商品、空間、過ごし方…そのエサにあった顧客層や場所を見極めよう

-------------------------------------------------------------------------------



■いきなりですが、あなたは「釣り」しますか?

えっ?なにの「釣り」かって? もちろん「魚釣り」です。女性はあんまりしないですけどね。

釣りはやったことがなくても、

●釣りたい魚
●釣るためのエサ
●釣る場所

●そしてもうひとつ「タイミング(時間)」

この4つがうまくかみ合った時に魚が釣れる。それはわかりますよね?


■カフェであろうが他の商売であろうが、釣りを原理原則は同じ。結局この「3つがかみ合ったとき」にうまくいくんです。

カフェで例えると、

●「魚」来て欲しい(ファンにしたい)客層
●「エサ」 その客層が来たくなる商材(メニュー・サービス・空間…)
●「場所」 出店するエリア・地域・場所・物件
●「タイミング」 その時代のトレンド、傾向


■最後の「タイミング」は保留にします。まず大切なのは、最初の3つなんで。
とにかく、この3つがうまく噛合わないと、「あなたのやりたいカフェのイメージ」がどんなに素晴らしくてもダメ。
いわゆる脱サラ系の方が陥りやすいのは、「3つの絡み合い」を考えないこと。


■わかりやすく、実際にあった話をしましょう。

もとシステムエンジニアのAさん。32歳です。過酷な労働条件もあいまって、カフェ開業を決意したAさん。
自家焙煎の美味しいコーヒーを提供するカフェのプランを持っていました。
開業資金の額もあり、土地勘のある住宅街を中心に物件探しを進めていたんです。

物件探しを初めて3ヶ月たったころ、不動産からある物件を紹介されました。
駅から徒歩5分で人通りも悪くなく、Aさんは気に入りました。

Aさんから依頼があり、私はその物件を見に行きました。
私の意見は、「ちょっと待って!」でした。
理由は、その地域は大学生が多かったんです。またマンション・アパートがワンルームや2DKの間取りが多かった。

Aさんのやりたいカフェを整理すると、
●エサ・・・自家焙煎のこだわりコーヒー
●そのエサで釣れやすいだろう魚・・・コーヒーの美味しさのわかる(共感する)人

つまり、Aさんのエサ(こだわりの自家焙煎コーヒー)で釣れるだろう魚(顧客層)が
その「場所」にいるだろうか?ということに疑問をもったわけです。


■あなたはどう思いますか?

Aさんの場合の、
「エサ」、「そのエサで釣りたい魚」、「その魚が釣れるだろう場所」・・・この3つが絡み合いますか?

カフェを開業したい大半の人は、「エサ」がはっきりしている場合が多い。
商品や空間や過ごし方など。このエサで釣れるだろう「魚」や「場所」はなんだろう?と考えながらプランづくりをしていく。
それが大切です。

となると、Aさんの場合は「場所」を変えるか、「エサ」をライトミールやスイーツ重視に変えるか?ということになる。


■カフェとは自己表現度の高いショップモデルです。しかし「一方通行」ではいけません。

「相手」や「場所」、そしてできれば「タイミング(時代傾向)」などを含めてどんなカフェをやるか?を考えることが大切。
それができなくて(知らなくて)、見切り発車してしまう方が少なくないんです。

-------------------------------------------------------------------------------

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

個人の想いがつまった個性あるカフェづくり応援団長
カフェプロデューサー&フードビジネスクリエイター

水谷英樹
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ