不労所得で暮らす方法を考える

  • ¥0

    無料

アフィリエイトで億単位の金銭を稼ぐ方法に関する情報が溢れています。しかし、億単位の金銭を稼ぐ前に、到達すべきステップがあります。まずは、不労所得で生活するのに充分な金銭を得る方法について配信します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
不労所得で暮らす方法を考える
発行周期
日刊
最終発行日
2007年08月31日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000245521
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > アフィリエイト

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

====================================================================
 【第1号】              
     不労所得で暮らす方法を考える
                         発行者 Esophagus
====================================================================

 はじめまして。Esophagusと申します。このたび本メールマガジンを発行

する運びとなりました。読者の皆様に役立つ情報を配信してまいりますの

でどうぞよろしくおねがいいたします。

 このメールマガジンでは、不労所得を得る方法について考察していくつ

もりですが、不労所得と申しましても、様々なものがあります。たとえば、

ネットオークション、アフィリエイト、FX・株式投資、ギャンブルといっ

たものがまず想起されるかと思います。このメールマガジンでは、主に

アフィリエイト収入を得ることについて考察していきたいと考えており

ます。

 アフィリエイトという言葉を始めて見る方のためにごく簡単に説明いた

します。webやメールの中に目的となるサイトへのリンクがよく用いられ

ていますが、アフィリエイトとは、このようなリンクを用いてサイト

運営者が提携する企業のサイトへ閲覧者を誘導し、閲覧者が提携企業の

商品を購入する手助けを行うことによってその対価としての報酬を受け

取る仕組みです。最近聞いた話ですが、アフィリエイトとワンクリック詐欺

を混同して、アフィリエイトを違法行為だと勘違いする人が稀にいるそう

ですが、アフィリエイトそのものは合法的な方法です。

 まずアフィリエイトを利用して報酬を得るには、アフィリエイトサービス

プロバイダー(ASP)と提携する必要があります。提携というと複雑な契約

締結が必要な印象もありますが、ASPとの提携は通常ごく簡単です。ASP

のホームページを開くと、新規登録者のためのバナーが設置されており、

そこをクリックすると提携のために必要な情報を入力するフォームが開き

ます。フォームに入力する情報は、住所、氏名、電話番号、報酬を振り込む

口座の指定、アフィリエイトタグを掲載したいサイトのURL、サイトの簡単

な説明などです。サイトをまだどこも持っていないという方もおられるか

もしれませんが、サイトを開設すること自体は非常に簡単ですので、心配は

いりません(サイトの開設方法については、第二号で説明いたしますので、

少々お待ちください)。

 主なASPについて紹介いたします。

A8ネット http://www.a8.net/

ジャネット http://j-a-net.jp/

アクセストレード http //www.accesstrade.net/

これらのASPで登録申し込みをすると簡単な審査があり、サイトが各ASPで

定めた基準を満たしているかどうかを判定します。場合によっては審査を

パスできない場合もありますが、拒絶理由を充分に理解し、対応すれば再

審査でパスできることも十分にあり得ますのであきらめないようにしまし

ょう。

 第一号をこれで終わります。ご意見、ご質問等がありましたら、メール

でご連絡いただけるようお願いします。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ