澤谷鑛メールマガジン KIZUNA・きずな・絆

  • ¥0

    無料

『すべての「結果」は引き寄せられている~運命を決める「牽引の法則」~』の著者であり、人間関係・家族関係のスペシャリストである澤谷鑛が、絆をテーマに、毎週、お伝えしたいことを記していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
澤谷鑛メールマガジン KIZUNA・きずな・絆
発行周期
週刊
最終発行日
2016年07月05日
 
発行部数
102部
メルマガID
0000246152
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

あなたは自分の人生に満足していますか?
お伝えしたいのは「運命は改善できる」
ということです。
 Sawatani Kou Official Web Site
http://www.kou-sawatani.com/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  澤谷 鑛 メールマガジン
  【KIZUNA・きずな・絆】
  2016/7/5 第453号
_______________________

 1.ストーカーの悩み(澤谷 鑛)
 2.「スカイプによる座談会」の感想(NAOKO)
 3.編集後記(澤谷 鑛)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 1.ストーカーの悩み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            (澤谷 鑛)
 ストーカーで悩んでいるという女性三人から相談のメ
ールをいただきました。私は三人に同じメールを出しま
した。

【……拙著『絆の法則』(学研)の第一章第二話に「脳裡
に深く刻まれた遠い記憶」で“母に捨てられた”と4歳
の頃に思った青年の話(実話)を書きました。それ以来
彼は、女性を追い求めます。不安だからなのです。心に
ポッカリと穴のあいた喪失感を彼は埋めようとします。
母に対してではなく世の女性に対してです。結婚した妻
に対してもといいます。彼は、追われる母(根本的な問
題)の気持ちを分かることにより、この問題を解決しま
す。
これは追う方の話ですが、追われる方はどうなのでしょ
うか? 彼の母は、彼を捨てたなどとは思っていないの
です。すなわち、追う方は追われる気持ちがわかってい
ないし、追われる方は追う方の気持ちがわかっていませ
ん。根本的なところでですが。その気持ちをわかるため
にあらわれているようなものです。情報をもっといただ
ければ、入り込めますが、ここらあたりでどうでしょう
か?
あなたは誰かを深く信頼して裏切られたと思った経験は
ありませんか? とくにご家族の中で……】

“詳しい個別の具体的な情報で判断したい”とのメール
を出しましたら、一人の方が「直接、会って話がしたい」
と会いに来られました。

 ストーカーは父親の化身!?

「あの……家族の中で誰かを信じて裏切られた経験とい
うことなのですが……」
「ああ、それ大事なのですよ」
「私の家は母子家庭なのです。父親に捨てられたような
感じで育ちました。顔も知らないので、恨むとか裏切ら
れたという感情はあまりないのですが……。ですから、
多分、普通の人より人を信じにくいところがあるのかも
しれません。特に男の人に……」
「大きなポイントですね」
「どういうことですか?」
「あなたに、恨むとか裏切られたという感情があまりな
いということは、何故ストーカーに追いかけられるのか
わかっていない、ということを意味します。まあ、それ
で相談に来られたわけだけれども……」
「ええ」

↓ このつづきは...
↓ 本日のブログでお読み下さい。
http://kizunanohousoku.blog34.fc2.com/blog-entry-4489.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2.「スカイプによる座談会」の感想
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              (NAOKO)
澤谷先生は、今日はたかまる全さんの記事「生かす者 
殺す者」を読んでくださいました。
たかまるさんの記事は、いつでもインパクトがあります
ね。唸らされます。
鋭く的確な表現をされていると感じます。
中でも「私たちを生かそう生かそうとする存在。私たち
を潰そう潰そうとする心。」という一節が心に残りまし
た。
私は、今日はここの部分をこう捉えました。
生かそうとする存在とは、私たちを守ってくれる守護霊
の方々。
精神世界的な表現です。
潰そうとするのは、自分の罪悪感・劣等感などネガティ
ヴな心。
守ってくれる存在は、危険な時すんでのところで、「そ
っちの道は違うよ。」とお知らせをくださる存在。(他
者)しかし、先生はどちらも自分の心の中にあると仰い
ます。
なるほど。
私はまだまだ未熟者。どちらも心の中にある? 先生の
仰る言葉が理解出来ておりません。
今日のこの時点では、たかまるさんがあえて、「存在」
と「心」という言葉を使われたところが書かれた時のご
心境を聞いてみたいなと思いました。
心の勉強を始めて自分を見つめると闇がかなり心を占め
る時期があると思うんです。私は未だ大事な事に気がつ
けないからこんな表現になってしまうのでしょう。何を
しても自己否定。そんな時期は、自分の心の中に正しい
もの、善の部分があるなんて信じられない。自己を否定
し、怖さからの行動態度は偽善者の様相を呈しているよ
うにも思います。

↓ このつづきは...
↓ 本日のブログでお読み下さい。
http://kizunanohousoku.blog34.fc2.com/blog-entry-4490.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3.編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              (澤谷 鑛)
いよいよ絵本が発売になりました。
『こころを育てる七田式えほんシリーズ』「コアラさん
コース」
作 澤谷 鑛 がもうともえ わらいこうたろう 七田 厚
絵 梶原 誠 山本祐司 小倉正巳 マスリラ 竹内通雅 山口マサル
出版社 SHICHIDA BOOKS(しちだ・教育研究所)
発行年月 2016年7月1日発売
価格 3,000円(+税)
----------------------
 vol.1 『はじめての しんかんせん』(作・澤谷 鑛/絵・梶原 誠)
 vol.2 『そのまんまの ゴーヤ』(作・澤谷 鑛/絵・山本祐司)
 vol.3 『あかちゃんを さがしに』(作・がもう ともえ/絵・小倉正巳)
 vol.4 『みんなみんな ありがとう』(作・わらい こうたろう/絵・マスリラ)
 vol.5 『おかねが おちてる!』(作・七田 厚/絵・竹内通雅)
 vol.6 『しってる しってる』(作・七田 厚/絵・山口マサル)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今後のセミナー・カウンセリングのお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

☆澤谷 鑛 の カウンセリング☆
↓ 随時 受付中です。ご予約はコチラ↓
http://www.kou-sawatani.com/session.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【スカイプによる座談会】(7月分)

世界のどこからでも“つながる”「スカイ
プによる座談会」を行います。

◎日時◎ 
平成28年7月
   2日(土)10:00~(終了)
   3日(日)10:00~(終了)
   9日(土)10:00~
  10日(日)10:00~
  16日(土)10:00~
  17日(日)10:00~
  23日(土)10:00~
  24日(日)10:00~
  30日(土)10:00~
  
  ◎受講費◎ ¥10,000- 養成講座出身者半額 養成講座9期生無料
  ◎講師◎ 澤谷 鑛(さわたに こう)

お申込みはコチラ!
http://www.kou-sawatani.com/201607skype.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「こころを育てる絵本 出版記念講演会」in 宇治

「こころを育てる七田式えほんシリーズ」の新作、「コアラさんコース」(6冊組/対象:5歳以上/3,000円+税)を現在、制作中です。
これは、いわば、2年前に制作した「ペガサスさんコース」(6冊組)の姉妹品となります。
「ペガサス」は、各界で活躍されている6人の方に素敵なお話を書いていただきました。
 今回の「コアラ」は、澤谷 鑛先生が2話、蒲生(がもう)智衣さんが1話、わらいこうたろうさんが1話、私(七田 厚)が2話、書いています。

 澤谷先生のお話の一つは、小学生の兄妹が初めて二人だけで新幹線に乗ったときの「不安に負けない心」を描いた『はじめての しんかんせん』。イラストを鉛筆細密画の名手、梶原 誠さんが担当してくださっています。もう一冊は、「劣等感への対処」がテーマの『そのまんまの ゴーヤ』というお話。
 蒲生さんのお話、お花が主人公の『あかちゃんを さがしに』は、「命のつながりを大切に」というテーマで描かれたファンタジックな絵本。
 わらいさんのお話、『みんなみんな ありがとう』のテーマは、「笑いと感謝で幸せに」。
 私(七田 厚)は、「しってる しってる」というタイトルで、優秀なお子さんには必ず伝えたい「能ある鷹は爪を隠す」というテーマの話と、「おかねが おちてる!」というストーリーを書きました。
 7月1日発売に向けて、着実に進んでおります。6冊とも違うイラストレーターさんの素敵な絵本になります。どうぞお楽しみに!
                              (七田 厚)

◎日時◎ 7月31日(日)の13:30~16:30
◎会場◎ ゆめりあ うじ(JR宇治駅前)会議室1(定員80名)
◎講師◎ 七田 厚(しちだ・教育研究所代表取締役)
     がもうともえ(絵本作家・イラストレーター)
     わらいこうたろう(絵本作家・京都いのちの教育センター主幹)
     澤谷 鑛(心理カウンセラー)
     <講演順>
◎受講費◎ ¥5,000-(絵本6冊1セットが付きます)
*ご挨拶は、小倉正巳さん(イラストレーター)・山本陽子さん(京都大学医学部非常勤講師・助産師)・梶原 誠さん(グラフィクデザイナー)を予定しています。<ご挨拶順>
*司会は、安田和弘さん(小学校教師)です。
<プログラム>
13:29 開会宣言(司会・安田和弘)
13:30 講演「こころを育てる絵本」七田 厚 講師
14:00 ご挨拶 イラストレーター・小倉正巳さん
 14:10 講演「ママが絵本をかいちゃった!」蒲生智衣 講師
14:40 休憩
14:55 ご挨拶 京都大学講師・山本陽子さん
 15:05 講演「いのちを守る」わらいこうたろう 講師
15:35 ご挨拶 グラフィックデザイナー・梶原 誠さん
 15:45 講演「チャンスの神様!」澤谷 鑛 講師
16:15 感想文記載
16:30 閉会宣言(司会・安田和弘)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆ ☆ 『こころを育てる七田式えほんシリーズ』「コアラさんコース」
作 澤谷 鑛 がもうともえ わらいこうたろう 七田 厚
 絵 梶原 誠 山本祐司 小倉正巳 マスリラ 竹内通雅 山口マサル
出版社 SHICHIDA BOOKS(しちだ・教育研究所)
発行年月 2016年7月1日発売
価格 3,000円(+税)
----------------------
 vol.1 『はじめての しんかんせん』(作・澤谷 鑛/絵・梶原 誠)
 vol.2 『そのまんまの ゴーヤ』(作・澤谷 鑛/絵・山本祐司)
 vol.3 『あかちゃんを さがしに』(作・がもう ともえ/絵・小倉正巳)
 vol.4 『みんなみんな ありがとう』(作・わらい こうたろう/絵・マスリラ)
 vol.5 『おかねが おちてる!』(作・七田 厚/絵・竹内通雅)
 vol.6 『しってる しってる』(作・七田 厚/絵・山口マサル)
----------------------

●オフィシャルブログ「絆の法則」
http://kizunanohousoku.blog34.fc2.com/

 澤谷 鑛 公式Web Site
http://www.kou-sawatani.com/

--------------------

●最後まで、ご覧いただきまして、
ありがとうございますm(_ _)m

読者のあなたからの 励ましのコトバ
お褒めのコトバが何よりイチバンの
元気の源になります(〃v〃)ゞ

┌< あなたの ご感想、心の声、
熱いメッセージをお待ちしています
└→ mailto : info@kou-sawatani.com

●本誌の無断引用、無断転載は…
積 極 的 に オ ス ス メ し ま す !
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

澤谷鑛のメルマガを知らない友だちや
会社の人たちにぜひ! 登録を薦めてあ
げてください。
教えてあげた あなたも、きっと!
とても歓んでいただけることでしょう!

┌< 新規登録はコチラ…
└→ http://bit.ly/sawatanimag

┌< 登録メールアドレスの変更はコチラ…
└→ http://bit.ly/sawatanichange

┌< 配信停止はコチラ…
└→ http://bit.ly/sawatanistop

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■ 澤谷 鑛 メールマガジン 
KIZUNA・きずな・絆
■ 発行:澤谷 鑛 オフィス
■ http://www.kou-sawatani.com/
______________________
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ