メディア・サーカス通信

  • ¥0

    無料

出版プロデュース、1冊からの自費出版、賢者の物語シリーズ、小冊子作成などの総合出版サービス部門、飲食店経営、プロデュースを行なう飲食部門、社会人のマナーや教育・啓発研修を行なう教育部門を持つ、メディア・サーカスの情報メールマガジン。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
メディア・サーカス通信
発行周期
隔週刊
最終発行日
2008年06月18日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000246947
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【からっ梅雨?】

みなさん、こんにちは! いいじまです。

例年よりだいぶ早く梅雨に入りましたね。
雨女のいいじまは、雨は雨で大好きです。
雨音をBGMに家でのんびり本を読む……。
夢の生活です!!


さて、今回の感動文章塾は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【書き方のツボ】 語尾はどうする? 3
─────────────────────────────────

みなさん、たくさんの返信、ありがとうございました!


いや〜、私自身もびっくり
本当に、いろいろな返信がありました。

あらためて、「あ〜、文は人なりだなぁ〜」と。。。

お茶目だったり、誠実だったり、テレやさんだったり。。
いろいろです。


許可をくださった方のものだけ、
下記サイトに掲載させていただきましたので、
みなさんもぜひ見てみてくださいね。

http://www.mediacircus.co.jp/sp/4.htm




それで、私もトライしてみました。

実はこのお題。
4年くらい前に自分で書いた文章だったのですが、
この語尾を直してみたら、以前の文章とは違ったものになっている!

当時がいい加減だったのか、
いまが成長したのか。。。。

それこそ、最近聞いている音楽のリズム感であったり、
読んだ本のリズムであったりと、
いろいろなものの影響を受けているんですね。




さて、そろそろ語尾の話を終わりにしようと思いますが、
最後にこれだけ。

語尾は、こうでなければならない、という決まりはありません。
一応の目安としては、

  ●「です・ます」は、
    やさしく、語りかけるような気持ちのとき


  ●「だ・である」は、
    よりはっきりと主張したり表現したいとき
    はぎれよく、リズミカルに読んでもらいたいとき

それぞれ、そんなときに使うといいと思います。
ただ、一般には、「です・ます」のほうがむずかしいといわれています。

それは、
  ○単調になりやすい
  ○冗長になりやすい
  ○(内容によっては)甘ったるくなりすぎる

などなど。


でも、やっぱり、なによりも、

            そのときの心のありよう

                              です。

文章って、生き物なんです。



みなさんも、ぜひ、むかし書いた文章を、
もう一度書き直してみてください。
きっと、ぜんぜん違う文章が、そこに現れ出てくると思いますよ。



それでは、また次回。
お楽しみに。。。。。

(『いますぐ本を書こう!』ハイブロー武蔵著 総合法令出版を
  参照させていただきました。ありがとうございました。)


【今回の本】

★『経済は感情で動く』 マッテオ・モッテルリーニ 著 
紀伊国屋書店 価格:¥ 1,680 (定価:¥ 1,680)
http://www.amazon.co.jp/dp/4314010479/ref=nosim/?tag=mediacircusma-22
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
会社の近くの有隣堂で、なんと1位になっていました。
基本的には経済学の本なので、ちょっと難しいのですが、日常のさまざま
な場面の人間の行動を扱っているので、あちこちで納得できます。
最近、はやりの行動経済学の第一歩として、おすすめです。

読みやすさ:★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★読者推薦本コーナー★
─────────────────────────────────
今回ご紹介する本は、信田さんからお寄せいただいた、

『エンデュアランス号漂流記』 アーネスト・シャクルトン著 中公文庫
価格:¥ 820(定価:¥ 820)
http://www.amazon.co.jp/dp/4122042259/ref=nosim/?tag=mediacircusma-22

「星野道夫さんが、ひとりぽっちのテントの中で読んで勇気づけられた本
です。日本での出版を応援していた星野さんが、読むことなく他界された
というエピソードもあります」とのことです。
この本は、初の南極大陸横断を企てた英国のシャクルトン隊長自らによる
探検記です。私も、ぜひ、読んでみたいと思います!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メディア・サーカス関連のご紹介コーナー
─────────────────────────────────
●世界でたった一冊だけの本づくり『賢者の物語』スタート
たとえば、いつか子どもに自分のことをわかってもらいたいとか、
お父さん、お母さんのことを、いつまでも残しておきたいとか。
自分だけのために、自分のことを書き綴っておきたいとか。
だれもが持っているその人だけの人生のストーリーを
とっておきの形にして、1冊からでも残せる新しい本のスタイルです。

http://www.mediacircus.co.jp/kenjya/index.htm
─────────────────────────────────
↑ あなたの人生を、いつか誰かがタイムカプセルを開けるように紐解き、
 1人の偉人の物語として読む。未来への架け橋として。とても素敵です。
                              (作間)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記★
─────────────────────────────────
前回の双方向メルマガ。
とてもたくさんの方から返信をいただいて、整理に少し時間をいただいて
しまいました。そのせいで、「メルマガ、まだなの〜」と、厳しくもあり
がたいお声までいただいてしまい。。。。恐縮です。

また、次回かその次?あたりにワークを考えていますので、
ぜひ、楽しみながら参加してくださいね。

それでは、また。お元気で。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました★
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「メディア・サーカス通信★感動!!文章塾」
発行・編集:メディア・サーカス
発行責任者:飯嶋洋子(出版プロデューサー兼ライター)
ご意見ご要望: mail@mediacircus.co.jp
サイト: http://www.mediacircus.co.jp

★紹介してほしい書籍募集中!! 
→ mail@mediacircus.co.jp までお気軽にどうぞ!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★このメルマガは出典を掲載いただければ、転送自由です。
よろしければ、知り合いの知人、友人に教えてあげてくださいね。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ