防災教育チャレンジプラン

  • ¥0

    無料

防災教育チャレンジプランは、災害に備えて被害を減らし、被災時に立ち直る力を身に付けるための防災教育活動を応援するプランです。本メルマガでは、防災教育にまつわる各種情報の提供や、防災教育チャレンジプランの取組みに関してご紹介いたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
防災教育チャレンジプラン
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年11月06日
 
発行部数
528部
メルマガID
0000247430
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆゜◆。。◆゜゜◆。。◆゜゜◆。。◆゜゜◆。。◆゜゜◆。。◆゜゜◆。。◆゜

       防災教育チャレンジプラン メールマガジン

   ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・

        2017.11.6  第88号(10月号)
           http://www.bosai-study.net/

   発行 ■ 防災教育チャレンジプラン実行委員会・事務局 ■

┏━━━━p(*^▽^)/━━も く じ━━\(^▽^*)q━━━━━┓

 1)  2017年度防災教育交流フォーラム開催結果☆彡
 2)  事務局からのお知らせ
      ★2018年度 防災教育チャレンジプラン実践団体募集中!
 3)  実行委員のつぶやき
 4)  防災教育ヘッドライン
 5)  編集後記

○━━━━━━━━━.。:¨*°°+。.゜゜☆。゜+━━━━━━━━━

 1) 2017年度防災教育交流フォーラム開催結果☆彡

 今年度の防災教育交流フォーラムは、「~学習指導要領の改訂を受けた防災教育
の充実~」をテーマとし、東京大学地震研究所1号館で10月14~15日の2日間開催、
延べ188名の参加者が集まって行われました。
 1日目の防災教育交流会では、防災教育専門家による講演と防災教育各分野の代
表者による分科会を行いました。
 2日目の中間報告会は、実践団体19団体がこれまでの活動経過や今後の課題を発
表し、2月の活動報告会までの活動をより良くするために実行委員からのコメント
をいただきました。

 交流フォーラムの詳細は、ホームページで公開していますので、ぜひご覧下さい!
1日目、2日目ともに、YouTubeに動画がアップしてあります。
http://www.bosai-study.net/cp2017/forum/report.html

○━━━━━━━━━.。:¨*°°+。.゜゜☆。゜+━━━━━━━━━

 2) 事務局からのお知らせ

 ★2018年度 防災教育チャレンジプラン 実践団体募集開始!

 防災教育に関する取り組みを支援する「防災教育チャレンジプラン」の来年度募
集を開始しました。今まで防災教育に関わったことがない団体・学校からの応募の
ほか、従来からの取り組みを発展させた、新たなプランも支援します!

 メルマガ読者の皆様、「防災教育」を全国でより一層充実したものにするため、
防災教育について御関心の方が周りにおられましたら、是非とも御案内・御応募を
お声掛けください!!!
 保育園・幼稚園・学校、教育委員会、地域団体(NPO、行政機関等)の方のた
くさんのご応募お待ちしております。

 ┌───────────────────────────────┐
          ◇◆ 募集概要・応募資格等 ◆◇

 詳しくは、下記URLで公開されている募集要項をご覧ください。
http://www.bosai-study.net/boshu/index.html

◇募集締切
 2017年11月24日(金)15:00までに応募企画書をホームページにア
ップロード
 ※応募企画書提出をもって応募となります。
◇応募方法
《応募用紙》
 ホームページから応募用紙等をダウンロードし、必要事項を記入の上ホームペー
ジよりお申し込みください。

◇選考内定通知
 2018年1月頃
  防災教育チャレンジプラン実行委員会で決定後、各団体に通知予定
◇決定・発表
 2018年2月17日(土) <2017年度最終報告会開催日>
 募集要項
http://www.bosai-study.net/boshu/index.html

 └───────────────────────────────┘

●━━━━━━━━━.。:¨*°°+。.゜゜☆。゜+━━━━━━━━━

 3) 実行委員のつぶやき

・佐藤 健(東北大学 災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門
                        災害復興実践学分野 教授)
 地味で地道かもしれませんが、いずれも「地」が付くように、土地に根ざした
学びとその探究は、防災に役立つことに加えて自然の恩恵を受けることを含めた
持続可能な地域づくりにとっても重要な「知」を生むように思います。

○━━━━━━━━━.。:¨*°°+。.゜゜☆。゜+━━━━━━━━━

 4) 防災教育ヘッドライン

◎【防災施策】「御嶽山マイスター」創設 火山防災啓発 来春にも初代認定/長野
 平成26年9月の御嶽山の噴火災害を受け、長野県は、火山防災の啓発活動を行う
「御嶽山火山マイスター」の認定に向けた制度創設に近く着手する。マイスター資
格の認定や審査などの制度運営は、県など関係機関でつくる運営委員会が行う。12
月から来年2月にかけて受験のための研修会を開催し、同1~2月に申し込みを受け
付け、同3月に認定審査をし合否判定を行う。
 研修会は、(1)火山の仕組みや噴火の際に起こる現象など科学的な知識、(2)御嶽
山固有の火山特性や火山防災の知識を学ぶ2つの基礎講習を実施する。認定に当た
っては、リポートと面接による審査を行い、マイスターとしての活動に対する情熱
やコミュニケーション能力などを確認し、総合的に判定をする。今後はマイスター
と県など行政機関、木曽町にある名古屋大学の研究施設などの連携により、テキス
トの作成や勉強会の開催といった活動も検討していく方針である。【10月19日 産
経ニュースより】
▼長野県 御嶽山火山マイスター検討会議
https://www.pref.nagano.lg.jp/bosai/kurashi/shobo/bosai/bosai/kazanarikata/documents/03_siryou1.pdf
(内閣府TEAM防災ジャパン https://bosaijapan.jp/ 「防災関連ニュース」から)

◎【普及啓発】中高生が災害時の国際協力議論 京都で模擬国連
 中高生模擬国連「防災世界会議」が15日、京都市北区の紫野高で開かれた。ユネ
スコスクール認定校で「持続可能な開発のための教育」に取り組む紫野高などが主
催し、2015年に仙台市で開かれた第3回国連防災世界会議をモデルに、市立中学・
高校7校の生徒34人が参加した。
 生徒が2、3人で12カ国の代表となり、発展途上国と先進国それぞれの立場で「防
災技術の提供が必要」「世界規模の協力組織を創設すべき」などと発表。意見が異
なる国の代表と話し合い、自然災害時の緊急支援と、防災と開発について声明文を
まとめた。【10月16日 京都新聞より】
▼京都市立紫野高校 高校生模擬国連 -防災世界会議-
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=300803&type=1&column_id=1072538&category_id=886
(内閣府TEAM防災ジャパン https://bosaijapan.jp/ 「防災関連ニュース」から)

◎【歴史・教訓】南海地震碑の紹介動画制作 徳島県教委
 徳島県教育委員会は、過去に県内で起きた南海地震の被害や教訓を刻んだ地震津
波碑を紹介する動画を制作する。風雨で劣化が進む碑の現状を高精細な4K映像で記
録し、啓発や教育に活用するのが狙い。県民が親しみやすいよう、徳島の文化の魅
力を発信する県の「あわっ子文化大使」を務める中学生が案内役で出演する。制作
する動画は15分程度。正平(1361年)から昭和(1946年)まで5回の南海地震について
記録した阿南、美波、海陽3市町にある地震津波碑9基を取り上げ、碑文の内容や被
害の概要を紹介する。
 11月までに撮影と編集を終え、12月に開く地震津波碑の国記念物登録を祝うシン
ポジウムで披露する。県教委は来年度以降、学校などで県民の啓発や防災教育に活
用する方針である。文化大使は7、8月に海陽町を訪れ、昭和南海地震の津波を体験
した住民から話を聞くなど防災学習も重ねており、シンポジウムではこうした内容
について意見発表を行う。【10月14日 徳島新聞より】
(内閣府TEAM防災ジャパン https://bosaijapan.jp/ 「防災関連ニュース」から)

  ▲━━━.。:¨━━━ 編集後記 ━━━。.゜゜━━━▲
 2週連続の台風接近は、日本列島の広い範囲で影響がありました。幸い被害がな
かった地域でも、今後の防災教育に活かすことができる材料として、地域防災力の
向上を図る機会にしてください。(中川)
 実践団体の皆様、中間報告会お疲れ様でした。討論などで委員から言われた点を
踏まえ、最終報告会に向けて引き続き頑張って活動してください。(菊池)
 たくさんの方々に防災教育交流フォーラムご参加いただき、ありがとうござ
いました。HPアップしましたので、ご確認ください。(村松)

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆
■発行  防災教育チャレンジプラン実行委員会・事務局
□編集長 中川和之(チャレンジプラン実行委員、解説委員)
          http://www.bosai-study.net/

┗━防災教育チャレンジプラン メールマガジン 第88号(^▽^)V━┛
_______________________________________________
Melmaga mailing list
Melmaga@bosai-study.net
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ