国語ですから。(家庭でこそできる学習法)

  • ¥0

    無料

国語は全ての学問の基礎。小学三年生までが勝負。いえいえ、六年生まで面倒見ています。小学生の国語に関する、私からの提案をお伝えします。家庭でこそできる学習法、オススメの教材や本、国語雑学など。中学受験生、公立中高一貫校受検生にも。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
国語ですから。(家庭でこそできる学習法)
発行周期
月刊
最終発行日
2017年02月06日
 
発行部数
842部
メルマガID
0000247966
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 小学生向け > 国語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「かきまくれっ! こくごトレーニングペーパー」
---------------------------------------------------------------------
国語ですから。(家庭でこそできる学習法)
第56号「私立中学に通う以外に勉強方法はないのか」
平成29年2月6日発行
---------------------------------------------------------------------
みなさん、こんにちは。
「かきまくれっ!こくご トレーニングペーパー」のぶい先生です。

2月1日から、東京都の私立中学の入学試験が始まりました。そろそろ結果が出揃うころですね。
私も、早朝、満員電車の中で、何組かの親子を見かけました。
試験日だというのにギュウギュウ詰めの電車で可愛そうということなかれ、受かったらそれが日常です。
どうしてそんな思いをしてまで受験をするのでしょう。
『下克上受験』というドラマも始まりましたね。
私立中学の人気はなぜ衰えないのでしょうか。そして私立中学に通う以外に勉強方法はないのでしょうか。



思考力・判断力・表現力が問われる「大学入学希望者学力評価テスト」

大学センター試験は2019年度の実施を最後に廃止され、翌年度の大学入試からは「大学入学希望者学力評価テスト」が実施される予定です。
この戦後最大の改革に合わせ、新しい入試スタイルを取り入れる私立中学が増えています。
「大学入学希望者学力評価テスト」では、今までのセンター試験とは違い、「思考力・判断力・表現力」が問われる問題が出題されるのです。



思考型試験

私立中学では、この「思考力・判断力・表現力」のある生徒を中学入試の段階で集めようという計画です。
全員大学を受験する私立の学校として当然の対応策ですね。
その対策の一つとして、「思考型試験」が東京、神奈川、千葉、埼玉の私立中学109校で取り入れられる予定だそうです(NHK『首都圏ネットワーク』より)。
今は続々とその分析が大手私塾のサイトに上がり始めています。
「調べたことについて考えをまとめ、試験官の前で発表する」というような試験もあります。
インターネットや辞書、図鑑などを使用しても良いそうです。
また、この私立中学入試に対する模擬試験では、ある課題について自問自答の形で答える、つまり問いかけを自分で作り、答えるという課題を出した塾もありました。
ずいぶん高度な問題である気がするかと思います。確かに一朝一夕に身につくものではありません。
いつの時代も、まずは優秀な子どもを早い段階で囲い込み、しっかり育てていこうというのが私立中学の目的です。
ただし、中学入試は精神的に大人になっている方が有利ですし、大器晩成型のお子さんの場合は高校入試で受験勉強をした方が、むしろ良いという場合もあります。
小学生のお子さんをお持ちのみなさん、まずは、中学入試について、じっくり親子で話し合ってください。
そして入試を考える時に、大学入試改革から逆算して考えることも大切ですから、情報をきちんと集めましょう。
今、大手私塾で大学入試改革の情報を公開していますので、一通り見ておくと良いでしょう。



親の意見を押しつけない、親子の会話が大切

では、家庭では何ができるでしょうか。
学校であったできごと、テレビから流れてくるニュース、どんな話題についても親子で会話をしてみましょう。そこが原点です。
「思考力・判断力・表現力」3つの力の基礎が付きます。
お子さんが小さいうちから始めて「これが普通である」状態を作ることがポイントです。
すでに「今さらね~」という段階に入っている家の場合でも、例えば難民問題について「大変そう。どうしてこんなことになっているのかしらね」そんな話でいいのです。
話が発展した場合、親はついつい正論をぶつけたくなります。しかしここはぐっと我慢。相手を一人の人間ととらえ、意見を尊重しましょう。自分がそうされたいのと同じくらい相手を尊重するのです。特に、最近ではアメリカの新大統領の話や、原発の話などで、ステレオタイプの人間にしたくないのであれば、なおさら子どもが何を思考し、どんなふうに判断し、どう表現しているのかを知って下さい。
偏った見方や、酷い表現をしても、それを制したりせず、静かに自分の意見を述べて下さい。
お子さんは自然に色々な意見を取り入れるようになりますと思いますよ。
ま、たまには討論会なみに議論し合うのもいいですね。
私立中学の入試では、グループに分かれ、議題についてディスカッションし、まとめて結果や成果を発表するというような面接を行っているところもあります。
そういう場合の練習にもなりますね。
どんな出題形式になるのかまだ手探りの状態ですが、親子で話をすることは、その辺りをだいたいカバーできる力の基礎作りになると思います。

以上



新入生募集中
「かきまくれっ!こくご トレーニングペーパー」では、思考力・判断力・表現力をつける学習も取り入れています。
3年生まではとにかく基礎語彙力、基礎文章力を鍛えます。誤字や漢字ミスなどで失点がないようにするためです。
4年生からは、文章にストーリー力をつける練習をしています。
5年生から6年生にかけては、資料を要約し、自分の意見を添える練習を毎週しています。
本当に地味な作業ですが、これが上手にできるようになると、むしろ「楽しさ」さえ感じるようになってきます。
「かきまくれっ!こくご トレーニングペーパー」では、4月に向けて新入生を募集中です。海外からも受講できます。
新年長コースは10人まるっと新募集。
新1年生 あと8名
新2年生 あと3名
新3年生 あと7名
新4年生 満員御礼
新5年生 あと4名
新6年生 あと6名です。
ただし、4年生以上のコースは、私の講座で今まで基礎力をつけてきたお子さんたちが続けて受講しますので、自宅学習などで基礎力が付いているお子さん向きです。
中学受験をするかどうかはまた個別の問題ですが、単純な偏差値時代は完全に幕を閉じようとしています。
思考力・判断力・表現力をつけるために、一緒に書きまくっていきましょう。
詳細はこちらをご覧下さい。https://kakimakuru.com/landing

*----------------------------------------------------------------------*
発行人 「かきまくれっ!こくご トレーニングペーパー」のぶい先生
■「かきまくれっ! こくごトレーニングペーパー」
http://www2.odn.ne.jp/~nihongodeasobo/kokugo/kakimakure.htm
■Blog「徒然なるままにかきまくれっ!」
https://kakimakuru.com/blog
■Facebook
https://www.facebook.com/yuka.matsushima.52
■Twitter
https://twitter.com/v_sensei
■ブクログ「ぶい先生の本棚」
http://booklog.jp/users/kakitorepe
■コラム「主婦の友社『otonasalone』にて連載中」
https://otonasalone.jp/author/writer-y-m/
■著書
『大人の文章添削: 20人のコラム 公開処刑しました』
Amazonにて発売中
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B017XYOQKK/nihongodeasob-22
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ