ブッククロッシング・ジャパン e-news

  • ¥0

    無料

ブッククロッシング・ジャパンメルマガでは、全国に散らばる強力サポーターの皆さんから寄せられた情報や活動の模様、新聞やテレビなどで取り上げられたブッククロッシングの話題を中心に、話題の書籍や本と読書にまつわる楽しい話題などをお伝えしてまいります。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ブッククロッシング・ジャパン e-news
発行周期
週刊
最終発行日
2014年01月17日
 
発行部数
637部
メルマガID
0000248012
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 読書

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■ブッククロッシング・ジャパン 公式メールマガジン第313号■
                  2014年1月17日(金)  
            
2014年がスタートしてすでに2週間が過ぎました。

年末から年始にかけていろいろ考えていたことがあります。

ブッククロッシング・ジャパンについて考えると近頃はいつも
この想いに行きつきます。本と読書の入り口の一つ、としての
ブッククロッシング、確かにそれは今も変わりのないことなのですが、
私が今考えていることは少しだけ変化が起きています。

■ブッククロッシングは、本の遊び方の一つである
■本という「ジャンル」の一つとしてブッククロッシングがある

もちろん、二つ目が今の考え方を著したものです。
本を一つのジャンルとして考え始めています。
「音楽」と同じです。
CDが売れなくなって久しいですが、決して
「音楽がダメになった」とはあまり言わないですし、
思ってもいないのではないかなと考え始めたのです。

これをそのまま「本」というものにあてはめた場合、
「本」のジャンルの中に、
  読書があり、書くことがあり、それに付随する
  朗読があり、読み聞かせがある。
  そして、
   編集があり、執筆がある・・・。

このように考えますと、本=音楽、と考えると、
本は滅びようがありません。
もはや、「紙の本は滅びない」などというこすらも
とてもばからしくなってくるほどになる気がします。

すこしわかりにくいかもしれませんので、
このことはあまり日を開けずに
メルマガ第314号にてお話ししようと思います。

               ブッククロッシング・ジャパン代表
                        財津正人

☆ブッククロッシング・ジャパン運営本部
    〒730-0051
      広島市中区大手町3-8-3今井ビル2F
      TEL082-259-3925
      FAX082-259-3926

☆ブッククロッシング公式HP
    http://bookcrossing.com/

☆ブッククロッシング・ジャパン公式HP
    http://bookcrossing.jp/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ