Angelic Bloom 便り~♪

  • ¥0

    無料

ヒーリングの花の笑ひメニューをご提供する Angelic Bloom からのお知らせ、大好きな石のこと、心に浮かぶメッセージ・洞察のシェア、ドイツ生活のあれこれなどの、読者の皆さまとのシェアリング・メルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Angelic Bloom 便り~♪
発行周期
不定期
最終発行日
2017年11月18日
 
発行部数
101部
メルマガID
0000248429
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

・。*・。*・。*・。*・*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

***☆・・女性の開花のサポート・・☆***

・この変容の時 あなたがあなたのままでより輝くために・2017/11/18 vol.128
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*



皆さま、おはようございます~♪


Angelic Bloom の 花井音葉 です。



今日はさそり座での新月ですね!




こちらの11月は通常、じっとり~と寒くて、あまり人気のない月です。


けれど私の地域あたりは、今あまり雨が多くない印象で、冬への移行を感じつつ、
けれどまだ黄色く可愛く残っている葉っぱたちが日に輝いたり、

晩秋の楽しさも味わえています。



やはりね、自然界の色彩を見るのが、とっても幸せです♪




そうそう、昨日はクラングマッサージという、

チベタンボウルの大きいヴァージョンのものを、お腹とか胸に置いてもらい、

セラピストさんに鳴らしてもらい、波動を使って整えてもらうセッションに
行ってきました。



定期的にグループで受けているのですが、前回に引き続き、私一人の
贅沢なセッションになりました~!

(その話はまた後ろに。^^)




そして実は一昨日は、ヨガの先生宅でのGongの夕べでしたので
(こちらは二人のセッション)


新月前に、上質な浄化の機会を二度もプレゼントしてもらった気分です♪




さあ、あなたもどうぞ、お気に入りのカップに入った、
朝の気分に合ったお飲み物を手に持ちながら、


少しだけ手をとめ、今回号もどうぞごゆっくり
お読みくださいね☆^^ 




私は豆乳で作ったココア。

そしてさらに、今の時期、クリスマスが近くなると出て来る、
シナモン風味のアーモンドチョコレートも。(Zimt Mandeln です。)


これが、なかなかおいしいんですよ~♪^^




*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞


◆◇◆第129号トピック◆◇◆


☆ 私のドイツ語を巡るお話

☆ イザベル・ユペールさん続き

☆ 存在の一番土台にあるもの

☆ 孤独に強いから二人でも幸せ


 
*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞*∞∞




◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*

☆★★★☆…*私のドイツ語を巡るお話*…☆★★★☆



私のドイツ語。

まだ怪しいレベルですというのは、皆さま、きっとご存知かも。苦笑



サバイバルドイツ語でなんとかやっているわけですが、

先日、面白い、そして意外なことを聞いて・・・
そのシェアです。




私は今の家に引越しをしてから、すぐヨガの素敵な先生を見つけて、
ずっと通っています。


そしてヨガなり、Gongの夕べが終わった後に、
お茶を皆で飲んで、ほんとに気さくな雰囲気で、話したい人が
適当な話題を持ち出して、落ちついた夕べ時間も楽しみます。


先生がね、素敵な方なので、雰囲気もあったかいのです。




そしていつものように、先生は私の占星術の進み具合に興味しんしんで、
またそのお話になり、
いろいろ聞かれたことに答えていて、


ドイツ語で話すのに語彙がないときは、時に英語の単語が混じったりする
怪しい感じになるのですが、



先生は、

「あなたがドイツ語で話しているときはすごくわかりやすいよ。」と
意外なことを言ったんです。




私常々、ドイツ語を話しているときの自分を、5歳児くらいに感じます。苦笑


語彙選びからスムースさにおいても、制限を感じながら
必死で話している感覚が抜けません。


この活用、合ってるかな? 名詞の性、間違ってなかったかな?



頭でいつもチェックしながら、
「ああ~、ぜんぜんできてない・・・」とガクッとしながらなのです。



ですから、先生の言葉はすごくすごく意外で、心底びっくりしてしまいました。




でも、英語がわかりにくいってことなのかしらね?と、
それも可能性、ありかもと、

家に帰ってから夫に、その旨を伝えて聞いたら、


夫は


「ドイツ語より、英語の方ができるでしょ、そりゃ。笑」と、

家庭では夫と主に英語で話している現状ですから、

また違った見方なわけなんですが。




でも、すごくびっくりしたと同時に、うれしかったのも事実です。

「えっ? ほんとに?」とはしゃいでしまいました。笑



***



そして先生ともう一人の生徒さんが、

「ねぇねぇ、私の出生図を見てよ。 セッションして♪」と言うのです。




私・・・


「うん・・・いいよ。」




こうして、モニターさまセッションが予定もしていなかったのに、
決まってしまいました。笑



その日は、ちょうど約一年学んできた、グラストンベリー在住の先生のコースの
最終日で完了の日だったんですね。



ちょっと面白いですね。
二人にそれを話したわけでもないのに。




そうそう、デュッセルのある方も興味ありますと言ってくださったし、
Aさんも言ってくださったっけ・・・
そういえば、友人のAも「見て、見て!」って言うよねぇ~

などと思いながら、



これからベストなタイミングで、モニターさまを募集して
占星術だけではないですが、なんらかのセッションをさせていただこうかなと
ふと思いました。^^

(いろんなアイデアがあるんです。笑)



トライアル・セッション募集の際には、またこちらでお知らせいたしますね♪




ゆるりとどうぞお楽しみに~♪^^





◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*

☆★★★☆…*イザベル・ユペールさん続き*…☆★★★☆



このイザベル・ユペールさんについて、
前回のメルマガでもチラッと書きましたし、

ブログなどでも書いているのですが、


今日はちょっとした続きを。




意識して追っかけていると、ふとしたときに、記事なりが目にとまったりするもの。^^



あるカフェで雑誌を眺めていたら、ちょうどイザベルさんの記事がありました。


で、「どれどれ」と読んでみることに。




そしてこれは!と印象に残ったのが二つほど。



ひとつは、


・「私はいろんな役が来たとき、恐れって感じたことがないのよ。
そして人生がどんなものを持ってきても、それは同じよ。 恐れはないの。」

「若いとき、もちろん人生はすばらしいわよ。 でもね、同時にたくさんの期待も
あるわよね。若い時、世界は重荷になる可能性もあって、欝っぽくなったりね。

でもね、年を重ねると、軽くなってくるのよ。」



・「彼(ゲラルド・ドパルデューさん)は私の双子みたいなもの。」

かれこれ、双方、40年の映画を通してのおつきあい。

(最近も、息子を亡くした元夫婦役で共演していた映画を観ました。)




年を重ねることで軽やかになる。

そして今、輝きと旬とともにいる彼女。




これを考えていたら、以前大好きなチェロ奏者のミッシャ・マイスキーさんの
コンサートへ行って感じたことと同じだなと思いました。


チェロ無伴奏の演奏が、年を重ねることで
軽やかになったのと同じなのかなと。




そしてそれだけ、人生に真摯に向き合い、
ご自分のギフトもすべて惜しまず、出して表現して昇華させた結果なのでしょうね。




素敵な女性をみると・・・


思わず、その人のことがもっと知りたくなります☆





◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*

☆★★★☆…*存在の一番土台にあるもの*…☆★★★☆



私たちの心の土台となる善き信念には、どんなものがあるでしょうか?




「私は重要な存在である」


「私は愛されている」


「私は生きる価値がある」



これはある方のメルマガで読んだ三つです。



もちろん、これ以外にもいろいろあると思います。



そして、この三つの中で一番根源のパワフルな土台になるのは、


「私は生きる価値がある」というものですよね。



これは、「無条件で」ということです。




役に立つ何かがあるのか、ないのか、

健康なのか、そうでないのか、

豊かなのか、そうでないのか、

美しいのか、そうでないのか、

賢いのか、そうでないのか・・・



そういういくつもの、ジャッジして比較の中で、社会の基準の中で
測られる「価値」というところから離れた、

存在そのものとして、それだけで自分には充分な価値があるのだと
信じて生きられること。


これは私たちの誰もが求めていることではないでしょうか。




と同時に、そうは思えない、傷も持って生きている私たちでもあると思うのです。



そして、その根源のそこへ辿りつきたいがために、それよりちょっと下の?欲求の


「私は重要な存在である」を満たしたくて、



現実世界で、有能な存在になるべく努力をしたり、

外側の価値を高めることに心血を注いだり、

人との競争に勝てばそう感じられると、その渦中で右往左往したり・・・




そして「私は愛されている」も、

相手からの応答というのが想定ですよね。



相手は、両親、パートナー、夫、妻、家族、子供、ペット、あるいは神・・・




私たちは根源の「私には生きる価値がある」と感じたいために、

そこに至る派生した願いのようなものを、つい目標にしてしまうことがあります。




そして、その努力もまた実際、究極のものへと行く際の
道しるべにもなるのだろうと思います。


究極の大きなものをいきなり目指すよりは、
より取り掛かり易いところをターゲットにするということにおいて。




けれど、ある程度それをやって来たとしたら、

やはり根源に戻る時も、タイミングとしてあるなと思うのです。




たとえ、大して重要な存在には、今だなれていなくても^^、

特に誰かに愛されていると、今、思えなくても、



それでも「私は生きる価値が(そのままで)ある」




そして、これを自分の心に納得させるのは・・・
自分の仕事なのだと思うのです。





◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*

☆★★★☆…*孤独に強いから二人でも幸せ*…☆★★★☆



上のテーマと関連するかもしれませんが、


仲の良いご夫婦。 パートナーたち。



時を重ねても仲良くいるためには、

パラドックスのようですが、


「孤独に強い」ということが必要なのかも・・・と思っていました。




人はそれぞれ、人生を生きる上で傷つきますし、
悩みますし、苦しみます。



ある意味、ガラスでもいっぱいひび割れが入ってくるように。



けれど、そこで砕けるのではなくて、ひび割れは入っても、

なんとか形を保ち、生き続けて行く。




その、人間としてある制限のようなものを、
それぞれがしっかり見つめて行くからこそ、
共に一緒に生きてゆけるということがあるのではないかなと
思うのです。



苦しい時、悲しい時、

人にわかってもらいたい、
軽くしてもらいたいというのは、誰もが切実に思うこと。




そんな時に、ドドっ~と、そこにだけなだれ込むと、

なかなか関係性としては厳しくなるのではないかなと、
実際的観点から思うのです。



人それぞれ、ひび割れを持っているわけですからね~。。。




私がこんな感じが人生で体現できたらいいのかなと思うイメージですが、


金継ぎってありますよね。


(*割れや欠け、ヒビなどの陶磁器やグラスの破損部分を漆で接着し、
金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法)



欠けたり割れたりしたものを、美しく繕って、
時には、元のものより、一層の味わいと美しさが引き出される技法です。




そんな感じの関係性を紡げたら素敵だなって思うのです。




自分の人生を大切にして、傷や欠けも慈しんで、
芸術のように大切に愛を注いで磨き、使い続けて行く。


お互いがそれぞれの人生をそのように生きて、
そしてその温かさで向き合って支え合える。



理想過ぎますかねぇ。。。苦笑



でもね、欠けたから、小さく割れたから終わりじゃないと思うんですよ、
人生も、関係性も。



それをどんな風に活かして行くか。



究極は、「私には(どんな風でも)生きる価値がある」と信じられて、
どこまで人生を慈しんでゆけるか。。。



ではないのかなぁと。


そして関係性は、その延長上にあるもの。




皆さんはどんな風に思われますか?^^





◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*・°◇*.。.:*



ここまで、129号のメルマガを読んでいただき、
ありがとうございます☆




さて、冒頭で書いたクラングマッサージへ行った時のお話の続き。



夕方4時頃から始まり、終わっての雑談も含めると、

ほぼ二時間経過で6時頃になっていました。


もうね、こちらのその時間、すでにとっぷり暗いです~。。。



しかも先生のお宅は深い森の中。

そして森の中に小屋が建っていて、母屋からもかなり離れています。



六角形のその小屋の中で、窓から見える外の景色は
ロイヤルブルーのような暗闇になっていました。



それを、淹れていただいたお茶を飲みながら雑談をしながら眺めていると、
とても心が落ちつきました。



現代は、本当の暗闇って、案外知らないですよね。
どこかに人工の灯りがあることが多いですから。



でも周囲はすべて木々という森では、それを体験できます。


神秘的な空間。




そこを戻って行く時、先生がその日は灯りをつけるのを忘れたこともあって、
ほんとに足元も見えないところを、小さなキャンドルの炎を頼りに二人で歩きました。


ネイティブインディアンのイシニエーションの話などをしながら。



「あぁ、こんな暗闇の中で急に一人で昼夜を過ごすことになったら、
さぞかし怖いだろうなぁ。。。」なんて。



なんとか二人で、木々にぶつかりそうになりながらも、母屋に辿りついて、
無事抜けてきました。


そう長い距離ではないのに、長く感じました~。。。


そして普段忘れている、自然と共に生きることに、ちょっとだけ
波長を合わせることができました。




現代では、こんな経験をすることの方が贅沢になっているのかもしれませんね。。。
私もそれを実感した尊い機会でした。




ではみなさま、次号130号^^にて、また「お会い」しましょうね~♪♪


その頃にはすでに12月も半ば過ぎで、クリスマスが近づいている頃ですね。笑


晩秋~冬へもお元気でお過ごしください☆




また折々、ゆるブログものぞいてくださいね☆

http://ameblo.jp/angelicbloom/



新月・満月発行のニュースレターもどうぞお申し込みください☆

http://angelic-bloom.jp/news-letter-moon-phase/





☆★☆Angelic Bloom☆★☆
女性の開花のサポート
~Opening your Inner Beauty~
http://www.angelic-bloom.jp/
info@angelic-bloom.com


◎メールマガジンについてのご意見、ご感想も是非お送りください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ