機械設計の勘所

  • ¥0

    無料

一般的に「機械を作る」ための流れは、発案、設計、製図、製作となる。アイデアを「発案」し、それを一つの機械にまとめるために様々なことを考え(設計)、実際に作る機械の図面を描き(製図)、機械を完成させる。この機械設計の勘所を紹介します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
機械設計の勘所
発行周期
不定期
最終発行日
2011年04月09日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000249056
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 機械・メカトロニクス

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

真空による丸パイプ等の成型装置
プラスチックの丸パイプを成型する場合、真円をだすのが非常に難しいです。
これを解消するのにいろいろな方法がありますがここでひとつの方法として
真空になった箱の中を成型するパイプが通過するようにした方法を紹介します。
参照
http://xn--c1vv9a084dhea.t-mukae.net/2011/04/post-6.html

高温で押出されたパイプは箱の入り口に設けられたサイジングと呼ばれる金型
を通り箱の中に入る。箱の中は真空になっており パイプの内部は大気圧のた
めパイプは円形に保たれながら 水で冷却されて形が整います。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ