新・ビール大好きマガジン

  • ¥0

    無料

旧「BEER大好きマガジン」は終了、「新・ビール大好きマガジン」としてリニューアル!日本地ビール協会認定ビアテイスター/マスタージャッジのEDDYさんが大手ビール、地ビール、外国ビールの情報をお届けします。すべてのビール好きのみなさまへ!

   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
新・ビール大好きマガジン
発行周期
ぼちぼち,無理のない範囲でやってます
最終発行日
2011年03月08日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000253887
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > お酒 > ビール

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 このメールは登録いただいた方にのみ配信されるメルマガです
 解除はまぐまぐの発行スタンドよりお願いします
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦

 「 新・ビール大好きマガジン 」     第22号2011年3月8日
  (旧「BEER大好きマガジン」)              最終回
                          発行部数:490部

麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦麦

コンテンツ

◇1◇ ごあいさつ・最終回
◇2◇ テイスティングノート・最終回「カンティヨン・グーズ」
◇3◇ 新しいコンセプト
◇4◇ 新メルマガ
    「ビアテイスター・エディ中村のビールテイスティング講座」
◇5◇ 十二年ゴムケシBEER編
◇6◇ さいごに

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇1◇ ごあいさつ・最終回
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

突然ですが,最終回です。

何事にも終わりはあります。こち亀だって,ゴルゴ13だって,美味しんぼだ
って,いつか最終回を迎えるのでしょう。

1999年1月29日に「BEER大好きマガジン」が創刊されました。で,
2007年12月30日に328号でいったん最終回を迎えました。引き続き,
「新・ビール大好きマガジン」として2008年1月20日に創刊して本日第
22号まで12年間。

長いような短いような12年でした。

「BEER大好きマガジン」は,最初は上村さんがひとりで開始されたのです
が,途中から共同執筆でいっしょにやるようになりました。

ぼくがビアテイスターの資格を取ろうかな,と思ったのも,単に“ネタ作り”
がきっかけだったのです。

でも,人生ってわかんないものですね。“ネタ作り”として門を叩いた日本地
ビール協会ですがどんどんのめり込みまして,恵比寿のビアフェスでは実行委
員長,ビアテイスターは最高位のマスタージャッジです。

“ネタ作り”がきっかけで,こんなになっちゃったんですね〜。

最高位のマスタージャッジ合格後は雑誌,テレビ,新聞などの取材,依頼原稿
も多くなりました。

家庭環境もずいぶん変わりました。12年間で引っ越し5回,結婚しましたし,
息子は2人(2歳半と生まれたての0歳)です。

そんなこんなで,続けてきたメルマガ「BEER大好きマガジン」→「新・ビ
ール大好きマガジン」は本日この号を持ちまして最終回です。328回+22
回=350回でした。

まあ,終わりなんですが,単に終わりってことでもないんですよ。

はじめのコンセプトは「ビールが好きな人があつまってわいわい」「アレって
美味しかったよ!など,好きな意見を言い合う」でありました。

素人っぽい感じでやるにはいいコンセプトだったんですが。もう素人じゃない
し・・・・。

そこで「BEER大好きマガジン」→「新・ビール大好きマガジン」はこれに
て終了!そんでコンセプト変更!と考えました。

下に続く。

                             (EDDY)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇2◇ テイスティングノート・最終回「カンティヨン・グーズ」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ビアスタイル:ベルジャンスタイル・グーズランビック
銘柄名:カンティヨン
製造会社名:グーズ

[テイスティングスコア]

1.アロマ

モルト : LOW
ホップ : LOW

2.外観印象

色   : SRM3
透明度 : やや濁り
泡   : 非常に良好

3.フレーバー

甘味 : LOW
苦味 : LOW
酸味 : HIGH

4.マウスフィール

ボディ : MID

5.全体印象(5☆満点)

☆☆☆☆☆ → また飲みたい!

テイスティングノートの最終回は,ぼくの大好きなカンティヨン・グーズで締
めましょう。

スタイルはグーズランビックになります。

ランビックは野生酵母を使います。そのため,地域限定なスタイルです。

ブリュッセル郊外のパヨッテンランドという場所でしか造れないのです。なぜ
ならば,野生酵母はそこにしかいないから。

カンティヨン醸造所の屋根裏部屋には,麦汁を入れるプール状の容器が置いて
あります。

煮沸の終わったビールをプールに入れておくと,夜の間に妖精がやってきて,
ビールに魔法をかけるのです。まあ,細菌学的には空気中の野生酵母がふって
きて,ビールの中に入るだけなんですが。

妖精の方が,なんかいいでしょ。

香りは独特です。古ホップを使うので“馬の毛布のにおい”と形容される,独
特の香りがあります。

泡がキレイなのが,ランビックの特徴です。良い泡!

一口飲みますと,強烈に酸っぱいです。これが良いんですよね!ランビック好
きには堪えられない酸味!

シャンパーニュに決して負けない完成度と思います。何度でも飲みたい!

                             (EDDY)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇3◇ 新しいコンセプト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

今,ぼく自身がいちばんやりたいことってなにかな?とよく考えてみると,ぼ
く自身は,だんぜん「テイスティング能力の向上」を目指しています。

ビールに対する知識の向上もさることながら,官能能力(テイスティング能
力)をもっと極めたい!と考えております。

とはいっても,ビールを文化として日本に定着させるには,知識も大事です。

「いまは無資格だけどビールに興味があってビアテイスター取得したい」
「ビアテイスターすでに取ったけどさらにジャッジにステップアップしたい」

という方々がいるとしましょう。

その人たちは,どうやってテイスティングの勉強するの?

そうなんです。

醸造に関する知識,原料に関する知識,ビアスタイルの熟知,は,紙の上で勉
強すればいいのです。

しかし。

テイスティングは実践じゃないと学びにくいのです。基本は実践・実戦なんで
すが,そのコツを上手く学べる場があるといいなあ,と常日頃思っておりまし
た。

実践・実戦あるのみ!でしたら,テイスティング講習会を開催しなくてはいけ
ません。実技を学ばなくてはいけません。

うーん,でもなんとか勉強しやすいようにテキスト形式で解説できないかな
〜?と考えてみました。

で,はた,とひらめきました。

普段ぼくが自分でテイスティングしてるときに,こう考えて,ここに着目して,
ここをチェックして,というポイントを,お伝えしてみようか。

で,上手く伝わるかどうかわかりませんが,とりあえずやってみましょう,と
いうわけです。

ですから,このメルマガにて「テイスティングが上手になりますよ!」とか
「ジャッジ試験に受かりますよ!」とかはさすがに申し上げられません。

ちょっとした助けになればいいな,という感じでとらえてくださいね。

                             (EDDY)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇4◇ 新メルマガ
    ビアテイスター・エディ中村のビールテイスティング講座
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

新・メルマガのタイトルは「ビアテイスター・エディ中村のビールテイスティ
ング講座」であります。

ビアスタイルのお勉強に加え,テイスティングのコツをみなさまにテキストで
なんとかお伝えしよう!というマガジンです。

新規登録はこちらから!
 http://www.mag2.com/m/0001260270.html 

創刊号は配信済みです。上記の“バックナンバー”からご覧ください。

                             (EDDY)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇5◇ 十二年ゴムケシBEER編
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 いきなりですがタイトルパクリですいません。元編集人の上村です。最後の
メルマガということで性懲りもなく登場いたしました。少しばかり私の与太話
におつきあいくださいませ。

 過ぎてしまえば10年や20年なんて早いものですね。思い出はつきません。
銭湯帰りに買ったモルツのビンビールに始まり、訳もわからず試し買いした外
国ビールの数々。そして、星の数ほどの生まれては消え、消えては生まれる企
画モノビールたち。大きな期待、小さな期待。ビックリとがっかり。

 新婚旅行のハワイのクラフトビール。夢の中の味でした。少しづつ知識は増
え、地ビールブームに沸いた数年間。発泡酒の悪夢も時間の中で日常となり、
新ジャンルは悪夢も白日夢もすべて黒く塗りつぶした。

 オフ会のブラウマイスター。BEERはいつも思い出とともに。ハイネケン
やギネスを飲むとあの頃を思い出す。ノスタルジーを大事にしたいから普段は
あまり飲まないビールたち。

 夜中にコポココポと命の息吹をきかせてくれたビール。物置の片隅で私がく
るのを待っています。

 色々なビールを飲んで、色々な事がわかった気になって、自分が何が好きで
何が嫌いかわかって、色々な経験をして、少し大人になった気がして。

 朝が来れば日が昇り、新しい1日が始まり、夜になれば日が沈む。その繰り
返し。いつの間にかこんな所まで来ちゃったね。

 政治も、経済も、世の中すべてなんか変。だけどビールはここにある。あの
頃と同じビールが・・・。細かいことは気にしない。うまいビールを飲ませて
くれりゃあ。

 BEER大好き!

 みなさん長い間本当にありがとうございました。失礼なこともいっぱい書い
た気がするけど、ただただ感謝であります。いつかまた会える日を楽しみにし
ています。素晴らしき人生に乾杯!

                                (上)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇6◇ さいごに
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

はじめて「BEER大好きマガジン」を読んでから,もう12年なんですね。
月日の経つのは早いもので。いろんなことが変わりました。

でも,こうして考えてみると,変わった,変わった,というほど変わっていな
いような気もしますが。

一番の感謝は「BEER大好きマガジン」→「新・ビール大好きマガジン」を
通じて,ものすごくたくさんの人と知り合ったこと,です。

このメルマガがなかったら,いまだに,キリンラガーって美味いね〜,とかい
いながら,ちょっと古くなって劣化した,キンキンに冷やした缶ビールをグラ
スに注がないで飲んでたことでしょう。

最後になりましたが,ぼくにこのような機会を与えてくれた,上村さんに一番
の感謝の気持ちをお伝えします。

そして,すべての“ビール大好き”なみなさまにも感謝しつつ幕を引きましょ
う。

ではまたどこかで,じゃなくて新メルマガをぜひご登録ください!
こちら↓
 http://www.mag2.com/m/0001260270.html 

                             (EDDY)

===================================
発行者:EDDY: eddy@beertaster.org 
===================================
このメールマガジンは,まぐまぐの発行システムを利用して発行しています。
まぐまぐID:253887 http://www.mag2.com/
===================================
「新・ビール大好きマガジン」配信停止のお申し込みはこちらから。
 → http://www.mag2.com/m/0000253887.html
===================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ