1分間!問題解決力・論理思考力強化マガジン

  • ¥0

    無料

“問題解決力”や“論理的思考力”の強化、国際コミュニケーション力の向上などに役立つコツやヒントを提供します。発信者は『問題解決力』(日経ビジネス文庫)や『質問力―論理的に「考える」ためのトレーニング』(同)などの著書がある飯久保廣嗣です。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
1分間!問題解決力・論理思考力強化マガジン
発行周期
週1~2回発行
最終発行日
2009年10月20日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000254039
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□ Name of the Magagine:
■□■ 
□■□    1分間!問題解決力・論理思考力強化マガジン

http://www.decision.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.70

─[The Subject of This Week]──────────────────────

中国式資本主義と日本及び米国の役割

─[Text]──────────────────────――――――――――

●今月のはじめ、私は母校の理事会に理事として出席するためにアメリカを訪れた。
現地で印象に残ったものの1つは、急激に増える中国製品の存在である。「世界の工
場」と言われている中国からアメリカ社会に供給されている中国製品―Made in China
―が確実にアメリカ社会の一部になっていることが近年の大きな“Change”だと思った。

●Made in USA製品をアメリカのショッピング・モールやデパートで探すことがいか
に困難か。毛皮製品からカシミア製品、そして電気機器などの精密機器も多くが、
Made in Chinaである。

●この事実を時代の流れとして容認することが自然なことなのかもしれない。しかし、
私は問題意識として捉え、なぜこのような状態になったかを考えてしまう。

●中国は外貨準備高が世界1位であり2010年には日本を抜いてGDPが第2位となることは
まず確実だ。また、その経済力を背景に海軍が増強され、自前の航空母艦を建造してい
ることも周知の事実である。一国が自国の繁栄を目指すことはごく自然である。中国は
こうした国としての前進を、市場経済システムの導入により実現した。

●実態としては、資本の原理が市場経済という美名の下に米国の企業により展開され、
中国を経済大国にした。その過程には、儲けることだけを目的とし、倫理観、社会性、
人間性を無視した企業行動も見られる。そうであれば、今後資本主義そのものが、中国
という未だに共産主義国であり、国家統制下に置かれた国家に、その根本を揺るがされ
る事態を招くかもしれない。

●欧米では、資本主義の根本にある「プロテスタンティズム」の思想が企業倫理を育て
た。これは、企業と経営者が当然持っているべき精神だ。また、日本においても家訓と
いう行動規範があり、昔の住友家の家訓「我住友の営業は時勢の変遷理財の得失を計り
弛張興廃することあるべしと雖(いえど)も苟(いやしく)も浮利(ふり)に趨(はし)
り軽進すべからず。」はその代表的なものである。

●これらの観念が今日失われたことが、金融危機に端を発する世界同時経済不況の原因
であるならば、真の資本主義を復興するために再考しなければならない。あれだけの経
済力を持つ中国がアフリカで資源外交をするものの、ODAを展開して、途上国を援助する
という話は聞かない。これは、中国では企業や国が社会的な責任を果たすという観念が
希薄だからかもしれない

●いわゆる“GREED”な企業経営者が合理と利益のみを追求し、今日の世界同時金融危機
を生み出した。その結果、先進国が不況に陥り、中国が経済発展をしている。このまま
でいけば、米国にMade in Chinaの車が走ることになるだろう。

●合理性を追求して利益を出すことのみが、市場経済のすべてであれば、企業の社会的
責任や企業倫理はいらない。社員の福祉もいらない。社会正義もいらない。その結果、
秩序のある資本主義社会は崩壊することになるかもしれない。

●企業は儲けるために手段を選ばないことになる。それに対して政府が社会や市民を守
るために規制や法律を作ることになるが、市場経済はボーダーレスになっており、有効
に働く確証はない。そもそも世界社会で有効な規制などあるのだろうか。

●1991年にソ連が崩壊し、自由主義陣営が勝利した。ところが、資本主義が儲けるため
には手段を選ばないという風潮がこのまま続くと、中国という共産国家が米国や自由陣
営を席巻すると言う皮肉な事態になるかもしれない。

●ところで日本には江戸時代から商人道といった規範があった。だが、日本から日本人
の手で日本の知恵を外国に発信した例は少ない。真の資本主義を持続させるためにも、
ここらで、日本がイニチアチブを取り、西洋と非西洋が融合した新しい資本主義に対す
る概念や行動規範(法律や規制ではない)を世界に提唱したらどうだろうか。


─[More Information]────────────────―――――――――――

もっと「問題解決の智力」を鍛えたい方は…

http://www.decision.co.jp/

にアクセスし、「飯久保廣嗣のブログ」をご参照下さい。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ