元ホストが語る!童貞が107人の女を落とした方法!

  • ¥0

    無料

もてない男なんてこの世に存在しません。差がでてしまうのは、もてる「こつ」を知っているかどうかだけです。基礎を学べば、きっと「モテモテ」になることでしょう。詳しくは発行者webサイトで。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
元ホストが語る!童貞が107人の女を落とした方法!
発行周期
不定期
最終発行日
2008年03月01日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000254994
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > 情報(恋愛・結婚)

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■ 元ホストが惜しげもなく語る!童貞男がたった1年間で107人の女性を
■■ 口説き落とすことに成功した驚異の方法!!
■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 2008 3/1号


3月になりました。

ども。菅井裕太です。


今日もモテモテ。

明日もモテモテ。

そんな私は不細工です!(笑)



いつもいつも私の不細工アピールするのは、

皆さんに自信をもってもらいたいからですよ。


不細工なのが原因でもてていないのではありません。

もてるコツを知らないから、もてないのです。


このメルマガでもてるようになっちゃいましょう!



==================================



さて、早速ワンポイントレッスンに入りたいと思います。

今日のテーマは「会話」


会話は非常に重要です。


それは言わなくてもわかりますよね?



では、その会話をうまく話せるようにするにはどうすればいいでしょう?


ポイントは自分の得意な話に持って行く事ではなく、

相手の得意な話にもっていくことです。


よく間違いやすいのは、自分からペラペラ話すのではなく、

相手の話を聞いてあげるということですね。


それくらいなら、できますよね?


不細工な私は、自分の好きなことを調子にのって話していると、
彼女は嫌な顔されるのです。

自分は面白いと思っても、彼女にとっては面白い話ではなかったのです。


ということは、彼女の好きなことを、彼女に話してもらえれば、
彼女はいい気分で話すことができるのです。


自分のトークがまだまだできない時は、

聞き手に回ること。

そして、ある程度彼女がどういう人間か理解したら、
彼女の趣味の事や、好きなものを勉強してみましょう。


次にあったときに、さりげなく話を合わせると、

「あれ?よくしってるね!」


という感じで盛り上がること間違いなし!


今日のポイント「彼女に話をさせましょう」


どうですか?

簡単ですよね?


では、また。

==============================================================================

メルマガの全てを網羅した、ホームページはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://niigatamoteru.web.fc2.com/

==============================================================================
このメルマガの解約はこちらから
http://www.mag2.com/m/0000254994.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ