管理会計・原価計算を徹底マスターしよう!

  • ¥0

    無料

日商簿記1級・会計士・中小企業診断士試験受験生等に必要な管理会計・原価計算論を徹底的にマスターしましょう!資格試験受験生だけでなく、マネジメント会計の知識を必要とする経営者やあらゆるビジネス・パーソンにとっても有益なメルマガです。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
管理会計・原価計算を徹底マスターしよう!
発行周期
不定期
最終発行日
2015年08月02日
 
発行部数
747部
メルマガID
0000255346
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > 簿記

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
・:*:・'☆,・:*:・'★,・:*:・'☆,・:*:・'★,・:*:・'☆,・:*:・
 ・:*:・'★管理会計・原価計算を★・:*:・'
  ・:*:・★'徹底マスターしよう!'★,・:*:・'☆,・:*:・'★,・:*
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
第26号
マネジメント会計を徹底的にマスターしましょう!
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
◆もくじ
◇今日のコラム◇
◇ ゲーム理論による値下げか据え置きかの意思決定手法◇
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 ★◇☆◇★ 今日のコラム ★◇☆◇★
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 皆様、いかがお過ごしでしょうか

 多くの方々にご登録いただき、誠にありがとうございます。

 今後とも、より一層内容の充実に努めていきたいものと存
じますので何卒宜しくお願い申し上げます。<(_ _)>
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
  ★◇ゲーム理論による値下げか据え置きかの意思決定手法◇★
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 ゲーム理論とは、人間同士の社会的相互関係をゲームに模して分析する際の考え方をいう。

 ゲーム理論は、数学者フォン・ノイマンが1920年頃から始めた学問で、現在では経済学、経営学、政治学、社会学等社会科学全般に多大な影響をもたらすまでに発展している。

 このゲーム理論に基づき値下げをするべきか否かの意思決定手法を考察する。本題に入る前にゲーム理論に関する基礎知識を整理しておく。

1.ゲーム理論の基本概念

(ア)プレイヤー・・ゲーム参加者。ゲーム理論においては、個人のみならず、会社、政党、国家等もプライヤーとして扱う場合がある。

(イ)利得(pay-off)・・ゲーム終了時に、各プレイヤーが手にするものをいう。ゲーム理論においては、この利得を極大化することのみを考えて各プレイヤーは行動すると仮定する。

(ウ)ゲームのルール・・文字通りゲームのルールである。ゲーム理論においては、このゲームのルールを明確に決定する必要がある。

(エ)ゲームを解く・・ゲームの結果を発見することをいう。

(オ)ゲーム理論の前提・・各プレイヤーがゲーム理論を熟知しており、ゲーム理論に基づき合理的に行動するものと仮定する。

(カ)交互行動ゲーム・・プレイヤーが交互に判断し行動することを前提とするゲーム。将棋やオセロゲームと同様。

(キ)同時進行ゲーム・・プライヤーが相互に相手の次の行動を知らない状況のもとで意思決定を行うことを前提とするゲーム。野球等がこれに相当する。

(ケ)プレイヤー数によるゲーム分類・・2人ゲーム、3人ゲーム、多人数ゲーム等と呼ぶ。1人ゲームは、ゲーム理論上は、ゲームに含まれない。

(コ)ゼロサムゲーム・・あるプレイヤーの利益が増加すれば、それと同様の損失が他のプレイヤーに発生するゲームをいう。

(サ)プラスサムゲーム・・あるプレイヤーの利益が増加しても、それと同様の損失が他のプレイヤーに必ずしも発生するとは限らないゲームをいう。

(シ)完全情報ゲーム・・各プレイヤーがゲームに関する情報を完全に把握しているという前提のゲーム。

(ス)不完全情報ゲーム・・各プレイヤーがゲームに関する情報を完全に把握しているわけではないという前提のゲーム。

(ソ)樹形図(decision tree)・・意思決定する際に用いる以下のような図。交互行動ゲームを解く際によく利用される。
               
 /○―○

 \○―○

(タ)ラプラスの原理・・起こり得る複数の結果に同一の確率を付与する考え方。

(チ)マクシミン原理・・最悪のケースにおける利得が最大となるような行動を選択する考え方。

(ツ)マクシマクス原理・・最良のケースにおける利得が最大となるような行動を選択する考え方。
 
 ゲーム理論による意思決定を行うにあたっては、上記の内容を十分に理解し、とりわけ自分が参加しているゲームがどのような類型のゲームであるのかを完全に把握しておくことが重要である。

(2)ゲーム理論による値下げか据え置きかの意思決定の具体例(交互行動ゲームの場合)

設例)製品Aをともに製造販売している甲社と乙社がある。現在、両者の販売価格は、ほぼ同じであり、また、この両社で製品A市場を2分しているが、甲社のほうが過半のシェアを握っている。現在市場は成長期にあるため、甲社は値下げを検討している。甲社値下げによる乙社への影響は下記資料1.のように予想される。

問1)甲社は値下げをするべきか否かを資料1.を参考にして樹形図を作成して答えなさい。

資料1.

ア)現在の製品A販売から得られる両者の利益は甲が100億円、乙が50億円である。

イ)甲が値下げに踏み切り、乙が価格を据え置くと、甲のシェアがさらに伸び両社の利益は、甲が120億円、乙が10億円となる。

ウ)甲が値下げし、それに合わせて乙も値下げした場合、両社の利益は、甲が40億円、乙が20億円となる。

問2)次の資料を使いして、甲の立場にたって意思決定を行いなさい。

資料2.

 資料1.ウ)において、甲が値下げし、それに合わせて乙も値下げした場合、さらに甲が値下げする案があるとする。この場合の両社の利益または損失は、甲が50億円、乙が-10億円とする。なお、損失が計上された企業は市場から撤退するものとする。

答案欄

問1 甲は、(               )。
問2 甲は、(                         )。

解答 
問1 甲は値下げを行うべきではない。
問2 甲は値下げを行うべきである。

問1樹形図・問2樹形図

http://image02w.seesaawiki.jp/h/7/houtekisikou2007/0b50bf730b1c49c0.pdf (但しPDFファイル)
 
解説)
問1.

 甲が値下げした場合、乙は価格を据え置けば10億円の利益、値下げすれば20億円の利益だから確実に値下げする。そうなると、樹形図より、甲の利益は40億円となる。ならば、値下げせずに現在の利益100億円を維持したほうが得なので、甲は値下げをするべきではないということになる。

問2.

 甲が第一段階の値下げをしたとき、乙が据え置けば、10億円の利益を得ることができる。
 乙が同調し、値下げするということはこの場合考えられない。なぜならば、乙が同調値下げをすると、必ず甲も第二段階の値下げを行い、この場合、甲の利益は50億円となるが、乙は損失となる。こうなると、乙は、市場から撤退しなければならなくなる。
 乙の立場からすると、以上より、甲が第一段階の値下げをしても、乙は価格を据え置かざるをえなくなる。
 この時の甲の利益は120億円となり、値上げしない場合に比べて20億円多いので、甲は値下げするべきであるということになる。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

★☆★姉妹メルマガのお知らせ★☆★

●行政書士のためのマーケティング理論●
 
 科学的なマーケティング理論に基づく、行政書士事務
所経営のためのベーシック・セオリーを身につけましょう。

元第一線企業マーケターの行政書士が解説。このメルマガ
では、単なる経験談ではない、科学的セオリーに基づくマー
ケティング理論を説明していきます。

 行政書士以外の一般の方のマーケティング理論習得にも、
役立ちます。

 2008年1月21日付け新作メールマガジン発行部数ベス
ト10入りメルマガ!

メルマガ購読はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000254708.html

WEBサイト http://blog.livedoor.jp/gyouseimake2008/

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

      http://blog.livedoor.jp/costing2008/

発行元:ナレッジ・サプライ
        
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
--------------------------------------------------------
【注意】本メルマガの内容を無断で転写・複写・コピーすることをかたく
お断り致します。また、万が一、このメールマガジンの内容により損害を
被った場合でも、当方は一切の責任を負いません。予めご了承のほどお願
い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------
管理会計・原価計算を徹底マスターしよう!
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000255346.html
----------------------------------------------------------------------
          
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ