男性の発達障害者について

  • ¥0

    無料

発達障害を持つ人達の男女比では圧倒的に男性の方が高いにも関わらず「発達障害者です」という人達は、なぜか圧倒的に女性が多い。このメルマガでは発達障害とカミングアウトすらできない(もしくはしない)男性の発達障害者の声を拾っていこうと思っています。

   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
男性の発達障害者について
発行周期
不定期
最終発行日
2009年07月18日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000255381
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ☆男性の発達障害者について☆

              第8号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

─────────────────────────────────
■インデックス■
  ●最初に
  ●このメルマガで取り上げるトピックス
  ●男性の発達障害者の声
  ●男性の発達障害者の声に対する私の感想・意見
  ●編集後記
─────────────────────────────────

■最初に■
─────────────────────────────────
とっしーです。
毎度のことながら長い間発行できなくて申し訳ありません。
もう、このメルマガを見放した読者さんも多いと思います。
私自身もなかなか発行する気になれなくて
(就職活動や仕事やそれに伴う2次障害について)私自身も半分
あきらめていたのですが皆さんの「声(投稿)」を無駄に
するわけにはいきませんし、未だ自助活動において参加者に
女性が多い状況をみて男性の発達障害の場を確保しておくことは
絶対に必要だと思い今日やっと発行する気になりました。
こんなダメなメルマガですが「声(投稿)」を待っています。
「声(投稿)」を絶対無駄にはしません。よろしくお願いします。
─────────────────────────────────

■このメルマガで取り上げるトピックス■
─────────────────────────────────

 ・男性(特に成人)の発達障害者の声
 ・男性の発達障害者の親の声
 ・男性の発達障害を診断している精神科医の意見
 ・男性の発達障害者を療育している教育・福祉関係者の意見
 ・男性の発達障害者を雇用している作業所等の福祉的就労機関の関係者の意見

☆特に重視したいのは男性(特に成人)の発達障害者の声です。
 投稿は受付メールアドレスにお願いします。

 ☆受付メールアドレス
  mag.n.exclusive@gmail.com

★今まで男性の発達障害者と関わりがなくて、
 今後そういう人達の療育等に興味を持っている関係者の投稿も大歓迎です!

皆さんの投稿がなければこのメルマガは成り立ちません。
よろしくお願いします。
─────────────────────────────────

■男性の発達障害者の声■
─────────────────────────────────
●ふむふむさんの声

お久しぶりです。
メルマガも久しぶりに出ましたね。
些細なことでも良いとのお言葉に甘えまして、
先日ハローワークの障害者職業相談員との面談について書かせていただきます。
仕事始めの週(1月5日~9日)の半ば頃に、
人事の担当者が私のデスクのところに来ました。
「ハローワークを通しての入社ということで、
ハローワークの担当者が定着ぶりを見るために面談したとのことです」と言われました。
面談は15:15分頃に設定されました。
当日は、私の面談の前に、所属の部署の課長と
人事担当者が障害者職業相談員と面談をしていました。
どのようなことを話していたかはわかりませんが、普段の仕事ぶりや勤怠、
今後の仕事割り振り方などについて話していたと思います。
私の面談の時間が来て、会社の別フロアの応接室に入ったところ、
見たこともない女性がいました。私はてっきり自分の住所地管轄の
ハローワークの担当者、もっと言えば、地元の障害者職業センターの担当者に
引き合わされたハローワークの担当者が来るものとばかり思っていましたから、
勝手が違うように感じ戸惑いました。名刺を渡されて見ると、
都内のハローワークの名称があり、肩書きが「障害者職業相談員」とありました。
聞かれたことは、1)仕事の内容、2)その仕事が自分にあっているか、
3)毎日きちんと行けているか、といったことでした。
1)に対しては庶務的な仕事が主ですと答え、2)には今のところあっていると
答え、3)には1日だけ風邪で休んだくらいで、あとは用事で有給を取った
ぐらいと答えておきました。こちらからは「一時期、自分がこのような
高度な仕事(金融)についてゆけるだろうかと仕事に行くのが怖く
なったことがあります」と言いました。「そのときにどう対処されたの
ですか?」と聞かれ、「隣の席の人に相談したところ、
そんなに完璧にやらなくてもいいよ。みんなだってそんなに完璧じゃない
から大丈夫だよ。そう言われて気が楽になりました」と答えました。
障害者職業相談員の女性が言うには、「障害者が職場に定着するのは難しい」
とのことです。私は今ところは合っているかなと思っていますが、
今後の仕事の割り振りによってはわからないです。最後にアンケートに答えました。
今の職場・仕事に満足しているかという問いや、職場に相談する人がいますか
という問いもありました。最後の問いには、この職場で働き続けたいですか、
とありました。今のところは今の職場で働き続けたいので、「これからも働き続けたい」と
いうところに丸をしておきました。私の面談が終わった後、
再度所属部署の課長と人事担当者との面談をしていました。その内容はわかりませんが、
私との面談での印象などから会社への要望などを出したのかなと思っています。
何かあったら相談して下さいと障害者職業相談員の女性に言われたのですが、
正直なところ、相談できるのかしらと思っています。
何やら忙しそうな人という印象を受けましたからね。こんな感じで
ハローワークの障害者職業相談員との面談が終わりました。
ハローワークを通しての入社ですと、それなりにフォローはしてくれるんだなと思いました。


●九州在住29歳男性当事者さんの声

面接で聞かれた事についてはあまりよく覚えていないし、どう書けばいいか
よくわかりませんがとりあえず送ります。

アスペルガーと診断されている29歳男性です。この前採用試験の面接を
受けたのでそれについて少し書きたいと思います。面接での質問ですが、
やはり漠然とした事を聞かれるとどう答えていいか分からず困ってしまいます。
具体的にはこの前、「この会社に入ってどんな仕事をしていきたいですか?」と
聞かれて困りました。その会社はシステムの開発をする会社だったんですが、どんな
仕事も何も、実際入ってみないとどんな事するのかさっぱり分かりませんし、
仮に採用されたとしても私みたいな下っ端は上からの指示通りに仕事をこなしていく事
ぐらいしかする事もないと思うので、なんというか答えようがなかったです。そもそも
何故そういう質問をするのか不可解でした。しかしそう答えるわけにもいきませんし、
それで1分ほど考え込んでしまったのがおそらく不採用の決定打になったのではないかと思います。
他に聞かれた事に関してはあまりよく覚えてないので、
とりあえずこんな感じだったという事で報告したいと思います。

それでは失礼します。
─────────────────────────────────

■男性の発達障害者の声に対する私の感想・意見■
─────────────────────────────────
●ふむふむさんの声について

ふむふむさん、投稿本当にありがとうございます。
いつもながら詳細な投稿本当にありがとうございます。
この方の「声(投稿)」は前回のメルマガの発行の直後だったのですが
メルマガの発行が遅れて大変申し訳ありません。
ふむふむさんはアスペルガー症候群の診断を受けていらっしゃいますが
対人関係を築く能力に大変優れている方だと思っています。
だから職場で長い間定着できているのだと思っています。
ハローワークの対応ですが人それぞれな気がしますが
東京はやはり取り組みが先進的なんだと思います。
地方だと求人が少ないし少ないから障害者の対応が後手に回るのだと
思います。ちなみに私もハローワークの紹介で今の仕事に
就きましたが私の事をみて「長い間仕事を続けられるか大変心配だ。」との
意見を聞きました。さすがよく見ているなぁという感じです。
あと、ちょっと歪んだ見方をすればふむふむさんの場合は成功例だから
フォローがあったのかもしれません。辞めてしまったあるいは
辞めてしまう位苦しんでいる失敗例の方だとフォローしてくれないじゃないかと
思います。(ハローワークも成功の実績を作らないといけないから)
この辺が難しいところなんですね。本当は苦しんでいる方に
フォローが入らないといけないんですが。
ともかく、ふむふむさんは職場でご活躍されているとの事!
今後もご活躍されることをお祈りしています。


●九州在住29歳男性当事者さんの声について

こちらから「声(投稿)」の依頼を出して投稿してくださって
本当にありがとうございます。にも関わらずメルマガの発行が大変
遅れて本当に申し訳ありませんでした。
面接というのは発達障害者にとって本当に難しいものです。
とっさに何かをするというのが本当に難しいものですから。
「どんな仕事をしたいのですか」という質問も確かに漠然としています。
でも、健常者の面接の上手い方だとそれなりに答えてしまうのだと
思います。この場合はどんな仕事がしたいかとのことですが
「御社の事業内容上やれる仕事に制約があると思いますが
そのなかでもこれこれこういう仕事が出来たら良いと思います。」
など、瞬時に答えてしまうのだと思います。何度も言いますが
本当に面接は難しいと思います。でも、この方は素晴らしいポテンシャルの
ある方なので何か専門的なことで合った仕事につければ
凄い成果を出せると思います。頑張ってくださいね。
あと、一つアドバイスすることがあるとすれば
面接であまり変な勘ぐりは持たないほうがいい結果が
出るような気がします。圧迫面接をしてその時の応対をみて
採用を決める場合もありますから。変な質問をされても
常に前向きな思考でいったほうがいいと思います。
─────────────────────────────────

■編集後記■
─────────────────────────────────
本当にいつも迷惑をおかけして申し訳ありません。
ブログもメルマガもほったらかしの状況でした。
次回もいつ発行できるかわかりませんが
このメルマガは皆さんの投稿がなければ成り立ちません。
本当にささいなこと(数行程度)でいいので皆さんの投稿を
心よりお待ちしています。第9号が発行できますように!!
                      (とっしー)
─────────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジン:「男性の発達障害者について」
■問い合わせ
 (受付メールアドレス):mag.n.exclusive@gmail.com
     ↑
 ☆当事者や関係者の方々のメールを本当に待っています☆
■登録・解除はこちら:
http://www.mag2.com/m/0000255381.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ