おススメ漫画道場の今日の一本!

  • ¥0

    無料

こんにちは皆さん初めまして。私、「人生にもっと漫画を」のフレーズでお馴染みの日本漫画普及推進委員会の下っ端Kと申します。日々自分が読んでこれは!と思ったものを順にご紹介できればと思っておりますのでどうか末永くお付き合いくださいませ。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
おススメ漫画道場の今日の一本!
発行周期
不定期
最終発行日
2018年05月01日
 
発行部数
621部
メルマガID
0000256481
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > まんが・アニメ > まんが

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 人生に「もっと」漫画を

   おススメ漫画道場の今日の一本!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


















突然ですが、毎日朝から晩まで汗水たらして必死に働かなくても
毎朝たったの「3分」の作業で年収「1000万円」が稼げる夢のような仕事があったらどうですか?
「ウソだ」「詐欺でしょ」「難しいスキルがいるんじゃないの?」
いえいえ、やることは超簡単、そしてまったくの初心者でも大丈夫。
超一流のAI技術者が開発した特別なツールに、難しいことは全部お任せでOKなんです。
あなたは毎朝3分、決まったルーティンでチェックを行っていくだけ。
求められるのは高度なスキルでも、膨大な時間や努力でもありません。
今、このチャンスを逃さずに乗れるかどうかの決断力、これだけなんです。
あなたを苦しめる毎月の返済も、面倒な職場の人間関係も、これ1つですべて解決!
さぁ、あなたもすべての悩みから解放される夢のツールを手に入れたくはありませんか?
もっと詳しく知りたい方はこちらの特設サイトまで。あなたのご参加、お待ちしています!

⇒ http://www.1mgkk.com/m/402349/osusume_-1.html











今日おススメする一本!は

  島本和彦の「燃えるV」です。












炎の転校生の後に少年サンデーで連載されたテニス漫画です。
前作では主人公が決闘と称して、バレーやボクシング、
水泳、サッカー、騎馬戦などなど色んなスポーツに
挑戦していましたが、今回は的をテニス一本に絞っての一作。
ですがそこは島本作品。そんじょそこらのとは違いますぜ。


主人公は勝利に異常にこだわる流れ者、狭間武偉(はざまぶい)。
またの名を、ビクトリー狭間(自称)。
彼はひょんなことから軽井沢テニススクールの生徒である
ヒロインから「サイフ5つ」の条件でライバルスクールとの
テニス勝負に助っ人として雇われるのですが、


「テニスなんてお嬢様とかナンパ野郎のタマ遊びだろ!」と
貧乏・モテない若者男子の心の叫びをまるで代弁するかのように
汗臭く、熱血格闘路線のケンカテニスを展開させるのでした。


優雅に華麗になどとは無縁な、狭間のラフファイトが炸裂!
「なんだよ、、相手を狙ってタマを打っても反則じゃないなんて
 知らなかったぜ。なんて俺にピッタリのスポーツなんだ!」
テニスの詳しいルールを知った狭間はそれからというもの
このルールを悪用し、相手のコートではなく、顔面を狙っての
一撃必殺ケンカスタイルで次々と勝ちを進めていくのでした。


このスタイルを確立してからは
もう作者お得意のトンでも必殺技の応酬合戦で
おおよそテニスとは呼べないようなバトル路線で
突っ走りますので、皆さんその辺は覚悟して
いやさ期待してお読みください。












メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ