現役予備校職員が語る!'14~こんな生徒が合格してきた

  • ¥0

    無料

著者サイト

カリスマ講師や東大生(卒)直伝だけが全てじゃない! 日々受験生を指導する某予備校の現役教務職員が、大学受験に合格した生徒の勉強への取り組みや、予備校の活用法などにみられる傾向を、勤務先での具体例と共に紹介するメルマガです。

   

メールマガジン最新号

◆●◆●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◆●
◆●    「現役予備校職員が語る!'14」
●     ~こんな生徒が合格してきた~

┃       【14年度第93回】
┃  「こんな生徒が」一挙公開と全体総括
┃    
┃     2015/1/26発行(通算612回)
┃      <毎週月・木曜日発行>
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カリスマ講師や東大生(卒)直伝だけが全てじゃない!
日々受験生を指導する某予備校の現役教務職員が、大学受験に合格した生徒の勉強への取り組
みや、予備校の活用法などにみられる傾向を勤務先での具体例と共に紹介するメルマガです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。

「現役予備校職員が語る!'14 ~こんな生徒が合格してきた~ 」
 
のやすと申します。タイトルの通り、現在某予備校に勤めております。普段はなかなか聞けな
い(私からすると、なかなか言えない)、現職だからこそ言える本音の部分を、正直にできる
限りお話しようと思っています。

これから予備校を選んだり、大学受験への準備をしたりする上で、参考になれば幸いです。
本日もよろしくお願いいたします。

●◆●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆●       【目次】

●(1)こんな生徒が合格してきた
   最終回スペシャル:一挙公開と全体総括

◆(2)大学受験情報 ~やすのHPから~

●(3)編集後記

◆(付)メルマガポリシー


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、「こんな生徒が合格してきた」の最終回スペシャルとして、この1年取り上げてきた
項目を一気にご紹介するとともに、それらを通じて見えてくることについてお話いたします。
私大の一般入試を直前に控え、何が重要かを改めてご紹介することで、少しでも皆さんのお力
添えになれば幸いです。また私のHPから、このタイミングでぜひみていただきたい大学受験情
報がUPされているページや更新情報についても、併せてご紹介いたします。

●◆●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆● こんな生徒が合格してきた 14年度第93回

  最終回スペシャル: 一挙公開と全体総括
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


私は今まで、予備校教務職員という立場から、いろいろな生徒を見てきました。日々の努力が
報われ、見事に第一志望校に合格した生徒もいれば、残念ながら希望がかなわなかった生徒も
います。また、合格すべくして合格した生徒もいれば、努力が続かなかったり、勉強のやり方
などに問題があったりして、合格はしたものの、第一志望校ではなかった生徒もいます。

そして、接するたびに歯がゆく無念ではありましたが、授業に出ず、勉強もほとんどせず、こ
ちらからの再三の注意にもかかわらず、明らかに合格から遠のくような、とうてい受験生とは
思えないような言動があったために、全滅したり、入学当初からは考えられないレベルの滑り
止め校しか合格しなかったりした生徒がいたのも事実です。

こうした状況をふまえ、私は今まで何気なく、「やっぱりこういう生徒は合格しているな」
「こういう生徒は、このままではまずいので要注意だな」「こういう生徒は、やっぱり結果が
ついてこなかったな」と感じていたことについて、1つ1つ洗い出し、良くも悪くもなぜそうい
う結果につながるのかを私なりに分析し、文章化しました。そして、より多くの受験生やその
「予備軍」の皆さんに、合格の秘訣や不合格への危険信号についてお伝えすることで、志望校
合格の喜びを味わってもらうきっかけになればと思い、僭越ながら、この場を借りてこれらを
公表させていただきました。

このメルマガでは、一部2週以上にまたがったこともありましたが、原則として内容を前編・
後編の2部構成とし、前編で分析した結果をもとに、いわば持論をお話し、後編で実際の生徒
の具体例をお話するという形式をとりました。これは、実際の生徒を見てきた上での内容であ
り、私の個人的な感情に基づいた内容でも結果論でもない、ということを明確にお伝えしたか
ったからです。何より、具体的な方がわかりやすかったと思います。

実際、新たに読んだ受験本などに、これらと似たような内容のことが書かれているのを見ると
「よかった、私と同じことを考えている講師や著者が世の中にはいるんだ。ということは、ま
んざら間違いではないんだな」などと安心したりもしました(笑)。

また、より多くの方の参考になればと思い、東大や早慶などの難関大に合格した生徒だけでな
く、志望校に合格さえしていればレベルに関係なく、それぞれの項目の例として最もふさわし
いと感じた生徒について取り上げることにしました。こうして生まれたのが、メルマガ後編の
「例えば、こんな生徒が合格!」であり、夏に特集いたしました、番外編「こんな生徒は要注
意!」の後編です。

ただ、現時点までお読みいただいた方は、そういうものだと思っていただけたとは思いますが
年間を通じ、「合格してきた人は、英語をこう克服した」「日本史のココがよく出る!」とい
った科目的な内容にしなかったので、中には期待はずれだった方がいらっしゃるかもしれませ
ん。でもこれは、私が英語の講師でも日本史の専門家でもないからです。ただ、「メルマガポ
リシー」を通じ、そういう趣旨のメルマガであることは、毎回ご説明してきたつもりです。

私は、言うなれば「かかりつけ医」のような存在で、世の中のありとあらゆる勉強法のうち、
どの生徒にはどのやり方が合うのかを吟味して提案し、各科目のより具体的な相談については
各科目の講師という、いわば「専門医」に相談するよう促し、最終的には滑り止め校を提案し
た上で、志望校合格のために、その人その人にとっての理想的な受験校を決めてあげることが
仕事だと思っています。それに、予備校講師の数だけ「○○式▲▲勉強法」のようなものが存
在しますので、ただでさえ、どれが一番適しているのかが生徒自身だけでは判断しづらい上、
こうした立場の私まで、「やす式勉強法」を提案するのは本当にいいのか? 不十分な上、か
えって混乱させるのでは? と思ったのです。

そんな立場の私が、科目面以外で合格へと導くために、合格してきた生徒の傾向を、具体例と
ともにお伝えしてきましたが、お役に立てていれば何よりです。その代わりに、「勉強法はい
ろいろあれど、ほとんどの講師(あるいは受験本の著者)が口をそろえてすすめている内容を
ふまえ、そのいわば「最大公約数」的な勉強法をご提案した方がむしろいいのではないか?」
とも思いましたので、それについては、HP上にUPしました。

さてここで、「こんな生徒が合格してきた」としての内容の最終回を迎えるにあたり、今まで
ご紹介しました内容について、改めて一覧でご紹介いたします。本番直前の今からでも使える
ものもありますので、改めて確認をした上で、生かせるものはぜひ生かしていただきたいと思
います。


1.受験勉強のスタートが早い。

2.毎日のように予備校に通っている。

3.決断がはやく、決めたら迷わない。

4.目標がはっきりしている。

5.勉強中は携帯電話の電源を切る。

6.友人との付き合い方をわきまえている(つるまない)。

7.長い目で勉強する。

8.早寝早起きで、自分なりの眠気対策がある。

9.悩んでいても手は止めない。

10.まとまった休みのすごし方がうまい。

11.1日の重みを知っている。

12.お金やノートをけちらない。

13.効率よく集中して大量に勉強する。

14.その日の疑問はその日のうちに解決する。

15.「だいたいできた(わかった)」で終わりにしない。

16.謙虚でかつ素直。

17.自分に有利な土俵で勝負する。

18.気になったらすぐメモをとる。

19.挨拶をしっかりする。

20.インプット以上にアウトプットを意識して勉強する。

21.楽をしようと思わない。

22.こだわるところと流すところとのメリハリがある。

23.模試の結果表を保護者に毎回見せて報告する。

24.よきライバルがいる。

25.合格への意欲が外見上にも現れる。

26.時間配分についての意識が高い。

27.「入試は結果が全て」という自覚がある。

28.最後まで気を抜かない。

29.「ここぞ」という時につまらないミスをしない。

30.自分を信じ、合格するまであきらめない。


<番外編 こんな生徒は要注意!> 

番外1.1日の中で予備校職員と顔を合わせる機会が多い。

番外2.「作業」にかける時間が長い。

番外3.学習計画を立てない。

番外4.授業についていけないので授業に出ない。

番外5.傷口を舐めあうような恋愛をする。

番外6.カリスマ講師の授業を受けただけでマスターした気分になる。

番外7.問題集が中断するたびに、最初の章からやり直す。

番外8.成績不振を人のせいにする。

番外9.ネガティブな口癖がある。

番外10.プライドが許さず、有名・難関大にこだわる。

番外11.年間を通じて赤本ばかりやり、基礎を軽視する。

番外12.他人からの「うまい話」を鵜呑みにする。


こうして改めて一覧にしてみますと、いろいろわかることがあります。
例えば、

・合格してきた人は、上記30項目のうちの複数が該当し、そうでない人(少なくとも第一志望
校には合格しなかった人-以下同様)は、上記番外の12項目のうちの複数が該当した。つまり
合否の要素は1つではなく、複数の要素の相乗効果によるところが大きい。

・これらは全て、特殊なことではなく、いわば「当たり前」のことであり、合格してきた人は
継続的にやるべきことを当たり前にやり、やるべきでないことを当たり前のようにやらなかっ
た結果で、そのことが合否という大きな差として表れた。

・合格してきた生徒が皆、上記30項目に該当することを、最初の時期からずっと実践していた
わけではない。元々やってきたこともあるが、自己流だけにこだわらず、途中で相談したり、
友人が取り入れていることを参考にしたりするなどして、「これはいい」と思うことは積極的
に採用したりしていた。つまり、いいと思ったことを即座に取り入れることができるだけの、
柔軟な頭の持ち主が合格できる。

・勉強法は10人10色で、人によってさまざまではあるものの、上記30項目にある程度該当し、
上記番外の12項目に該当しなければ、どんなやり方でもある程度成績は上がり、合格に近づけ
る。たとえ効率が悪かったとしても、これらを習慣的に実践していくと、現在の自分のやり方
はベストなのか、ダメならどうすれば効率が上がるのかを自ら追求するようになるため、やっ
ていくうちに自然と学習効率は上がっていく。


などです。はたして皆さんは、それぞれいくつずつ当てはまりましたか?


また、この連載をきっかけに、途中からでも意識して取り入れたりしたことがありますでしょ
うか。もしあれば、本当にありがたいですし、やったかいがあったと思います。そんな方は、
受験が終わってからで結構ですので、取り入れて特に役に立ったことがあれば、ぜひ下記のメ
ールアドレスあてに、その旨を教えていただければうれしいです。また、もし皆さんの中に、
これら以外に「(クラスメートや予備校の知り合いなどを見てきた限り、)こんな生徒が合格
しているような気がする」といった、新たな発見があれば、そちらもぜひ教えてください。後
輩たちのために、ぜひ参考にさせていただきたいと思います。そして、今後とも、私自身も新
たな発見をしていきたいと思っています。


以上をもちまして、14年度の「こんな生徒が合格してきた」を終了させていただきます。ご愛
読本当にありがとうございました。次回は14年度のメルマガ自体の最終回です。



●◆●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆●           m   m
    こちらもいかが (●^∇^●)/
     やすの大学合格へと導くHP

    <大学受験情報 ~やすのHPから~>
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


予備校に携わる私の視点から、大学受験に必要な情報を提供していこうと思います。

今回ご紹介したいのは、「ラストメッセージ」です。


http://yasudaigakujuken.web.fc2.com/lastmessage.html


これは、これから入試本番に臨む受験生に向けて、今まで私のHPにアクセスしていただいたこ
とへの感謝と、第一志望校合格に向けての応援の気持ちを込めて、私からお送りするメッセー
ジをUPしたものです。

どのような結果になっても、この1年の努力は、皆さん1人1人の血となり肉となるはずですの
で、全ての入試結果が出るまでは、目の前の入試のことだけを考え、合否に一喜一憂せず、全
力で臨んでください。応援しています。


次年度も適時更新をしていきます。ぜひ定期的にご覧いただき、参考にしてください。


●◆●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆●       <編集後記>
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人間が準備することですので、仕方がないといえばそれまでですが、今回のセンター試験でも
リスニングの不備や試験会場への誘導ミス、さらには科目によって、複数の選択肢を正解にし
た問題があるなど、いろいろなミスがあったようです。皆さんが該当した場合はさぞあせった
のではないでしょうか。でも考えようによっては、今後の私立一般入試でこれらの経験を生か
すことができると思います。あらゆる事態に動じない姿勢は、受験生としては必須です。ただ
一部の私大のような、昨年のように大雪のため受験会場に行くことができなかった受験生がい
た上、振替入試を行わないといった対応だけはやめてほしいものです。


●◆●━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            m   m
   こちらもいかが (●^∇^●)/
   まぐまぐ公式情報メール 

◎教育のまぐまぐ!
http://www.mag2.com/wmag/education.html

お父さん&お母さん、そして先生方のための教育&子育て情報。あなたの教育力を診断する
『ためそう!親力診断テスト』など、役立つ情報が満載です。

(増刊号あり /HTML形式配信あり)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━


●◆●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆●   【こんな生徒が合格してきた】
       メルマガポリシー
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これはカリスマ講師などがよく発行している「入試によく出る英語」「必ず覚える日本史用
語」などといった、科目指導的な内容のものではありません。私が生徒と日々接してきた中で
わかった、合格する人の受験生活、考え方、勉強への取り組み方などにみられる傾向を、少し
でも多くの受験生の皆さんに紹介し、知っていただくことを目的としたメルマガです。

勤務先で接している生徒だけでなく、全国の受験生の皆さんに、受験勉強を通じて、生きてい
く上で必要な何かをつかんでほしい、そんな願いをこめて私はこのメルマガを発行しました。

予備校職員の立場だから話せる実際の生徒とのエピソード、受験生としての自らの体験など、
なるべく具体例をたくさん紹介いたしていきますので、ぜひお役に立ててください。


<本メルマガはこんな方におすすめです>

・「受験勉強に王道なし」と信じてコツコツやろうという方。

・受験勉強を通じて、生きていくうえで必要な何かを得たいと思う方。
・今まで何をやっても長続きしなかったがので、受験勉強をきっかけに何とかしたいと思っ
ている方。

・既に予備校に通っていたり、通信講座をやっていたりするが、うまく活用しきれていないと
感じる方。


<こんな方にはおすすめしません>

・どちらかというと、あまり人からいろいろ言われるのがいやな方。

・受験勉強は、生きていく上では役に立たないと割り切っている方。

・楽して大学に確実に合格できる裏技やノウハウを知りたい方。

・浪人しても(一浪の人は二浪しても)いいと今から思っている方。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ 「現役予備校職員が語る!'14」
  ~こんな生徒が合格してきた~

は、世界最大級のメルマガポータルサイトの「まぐまぐ」を利用して配信しています。  

●発行責任者:やす(現役予備校職員)

●お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちら:
  gou-kaku@live.jp

●登録・解除: 
  http://www.mag2.com/m/0000281405.html

◆HP: http://yasudaigakujuken.web.fc2.com/
    「現役予備校職員が語る!」
      ~大学受験のすべて~

◆保護者向けメルマガ:
  http://www.mag2.com/m/0000281405.html

    「現役予備校職員が語る!'14」
   ~こんな保護者が合格させてきた~

◆保護者向けブログ:
  http://blog.livedoor.jp/yasu_howtosave/
     「子育ての総仕上げ」
   ~現役予備校職員がすすめる!
     大学資金をつくる貯金術~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
現役予備校職員が語る!'14~こんな生徒が合格してきた
発行周期
毎週月・木曜発行
最終発行日
2015年01月27日
 
発行部数
187部
メルマガID
0000256965
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 受験 > 大学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ