グルメの心理学

  • ¥0

    無料

3000軒のレストランを食べ歩いた精神科医でグルメ評論家の樺沢紫苑が、三ツ星レストラン、高級寿司店からラーメン、カレーまで。全てを食べ尽くしながら、食文化、そして食と人間、現代日本を徹底考察していくメルマガです。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
グルメの心理学
発行周期
週刊
最終発行日
2009年12月16日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000257512
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > 口コミ情報 > レストラン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

─────────────────────────────────

             グルメの心理学
       
      ●第19号● 2009年12月16日発行 ● 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「ウェンディーズ」バーガー 閉店の衝撃
─────────────────────────────────

 ハンバーガー・チェーン店の「ウェンディーズ」。
 日本国内71店舗全てが12月31日をもって営業終了となります。
 
 とっても残念・・・、というか私にとっては衝撃的なニュースです。
 
●ウェンディーズ
http://www.nihon-wendies.co.jp/

 これは食べ収めに行かなくては・・・と思って、
渋谷の「ウェンディーズ」に足を運んだところ、
ほぼ満席の大入り状態でした。

 おまけに、「チリ」をはじめとして、人気メニューの何品かが
「品切れ」となっていました。

 ファーストフード店で品切れというのは滅多に見ませんが、
私と同じじよう「食べ収め」客が、殺到している
ということなのでしょう。

 
 私は、もともとハンバーガーなんてほとんど食べない人間だったのですが、
アメリカ生活でハンバーガーの魅力に開眼しました。

 アメリカの場合、チェーン店ではなく、独立系というか、
単独店舗の店に、めっちゃおいしい店が何軒かあったのですが、
チェーン店としては「ウェンディーズ」が、一番好きでした。

 どこがおいしいかというと、バンズにしっかりとした歯ごたえがあって、
パテも肉の旨みがしっかりとしている。

 「しっかりと肉を食べた感じがする」ということで、
これがハンバーガーの魅力であり、醍醐味だと思います。

 ハンバーガー大手の「マ●●」にはそれが全くなくて、
カロリー数は異常に高い割に満腹感がない・・・という。


 そんな状況で、日本に帰国して、渋谷に「ウェンディーズ」を
発見したときは、「ヤッター」と大喜びしました。

 それから渋谷の文化村のあたりに行くときは、
必ず食べていたのです・・・。


 アメリカの独立系のハンバーガー・ショップでは、
ほぼ100%の確率でメニューに「チリ」があって、
チリとハンバーガーとは切り離せない存在でありますが、
日本で「チリ」をメニューを入れている
ハンバーガー・ショップというは滅多になくて、
そんな中、日本になじみの薄い「チリ」というメニューを
人々に知らしめるべく、頑固にメニューに入れ続ける当たりは、
「ウェンディーズ」は、アメリカ食文化の伝道師とでも言うべきか・・・。

 そういう「アメリカン・フード」へのこだわりを持った
頑固さが「ウェンディーズ」にはあって、
そういうコンセプト的なものも含めて
「ウェンディーズ」が好きでした。

 千円以下で食べられるハンバーガーとしては、
最も好きなブランドだっただけに、
今回の撤退は、とても残念です。

 全面撤退しなくてもいいんじゃないか・・・というか、
何軒かは残してくれよ・・・というのが心情です。

 まあ、契約の問題で、そういうこともできないのでしょうが・・・。


 もし、「ウェンディーズ」を食べたことがない方は、
是非、閉店前に一度食べてみてください。

 樺沢のお勧めは、「ダヴルウェンディーズ」です。

 アメリカを思い出しますなあ・・・。


 「味」と「思い出」というのは、密接に結びついています。
 
 私にとっての「ウェンディーズ」は、
アメリカ生活を思い出させる「トリガー」のようなもの。

 それを失うというのは、自分の大切な思い出を失うような
気がするのです・・・・・・。


「チリ」を自宅で食べたい人は・・・
   ↓↓↓
メキシコのトマト味のおつまみです。 煮込んだお豆にトマトを入れ、さらに、
煮込んだ料理です。...
http://01.futako.info/b/mexicanchili.html


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
メールマガジン解除:http://www.mag2.com/m/0000257512.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
メール送信者:(株)樺沢心理学研究所 佐々木信幸(樺沢紫苑)
連絡先:  kzion@kabasawa.jp
メール送信者情報の詳細:
http://www.saikyo.bizshin.com/semi1/hyouji_eisei.html
メールマガジン登録/解除:http://www.mag2.com/m/0000257512.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ