情報ツウ~ここだけの話

  • ¥0

    無料

幸せなビジネスライフスタイルを得るため、読者の方だけにまとまった情報をお届けします。勉強、ビジネス、ダイエット等、情報のみでなく、プログラム化になってます。本プログラムを習得してください。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
情報ツウ~ここだけの話
発行周期
不定期
最終発行日
2008年04月09日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000259316
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > その他
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

はじめまして、壱岐です。

今回初めてメルマガを発行します。

-------------------------------------------------
突然ですが、これまで良いメルマガに出会えましたか?
-------------------------------------------------

個人的には

『広告だらけで訳がわからん!』

『リンクだらけじゃないか!』

--------------------------------------------
そしてすぐ閉じてしまう。拒否メールに登録する
--------------------------------------------

こんな感じです。全く興味有りませんでした。

ところが、運良く良いメルマガに出会い、本当のメルマガの素晴らしさを実感したのです。

たま〜に、セールスページへのリンクが一つ貼ってありますが、それでさえクリックしてしまうくらい中身があるのです。

違いは、

------------------------------
本当に有益な情報があるかどうか
------------------------------

これだけです。

情報は今溢れていて、本当に必要な、ためになるものは陰に隠れてます。

--------------------------------
良い情報は簡単には手に入りません
--------------------------------

本当にそうです。
苦労した人脈から。
いつも助けてる友人から。
本当に困ってどうしようもない時に相談した相手から。
お金をだして得たもの。

こういうところにしかないのです。
たまに、運良く良い情報に当たることもありますが・・・

--------------------------------
分かったけど、どうすればいいのか
--------------------------------

私のこれまでの大量の読書、経験に基づいた、知識や知恵をこの場でまとめて提供します。

なぜなら、私が本当に困った時に助けてくれたのは、まさに、情報だからです。

家族や友人から癒されることはあっても、問題解決にはならないのです。

---------------------------
『どうせ口だけじゃないの?』
---------------------------

読者になるのはタダですから、読んでみてください。
職場やブログ、そしてミクシィ投稿等で多くの反応がありました。

----------------------------------
正直、情報を与えすぎかと思いました
----------------------------------

ですが、勉強の話題なら受験生から、人間関係の悩みは相談者から、仕事上の話題はその職場から、すごく感謝され、
私の評価も上がり、良い方へ良い方へと流れてきました。

----------------
見て喜んでくれる
----------------

これが、一番じゃないですか。

そして、これまで助けてくれた人達。
大金をはたいて購入してきた多くの書籍。
なによりきっかけを与えてくれた、某メルマガ。

------------
恩返しのため
------------

私は、本当にあなたの悩みを解決し、喜んでいただきたい。
この一心で、これまで嫌ってきたメルマガを、書こうと思ったのです。

-----------------------------
『こんなメルマガもあるんだ〜』
-----------------------------

と思ってもらえたら、私は感動します。しびれます。
そしてもっと良いものを書きます。

ですが、このメルマガを読むかどうかはご自身で判断してください。
ただ、ひとつ言えること

--------------------------------
知っていて損することはありません
--------------------------------

日常のささいな情報でもすごく救われるのです。

『手が荒れて切れてますね、●●のクリームを付けると直るみたいですよ』

たった、この一言で

----------------------
人生が明るくなるんです
----------------------

あなたには情報の本当の価値を分かっていただけると信じています。

長くなりましたが、私の理念です。


さて、最初のテーマは有名なものです。

■■■■■■■■■■■■
エビングハウスの忘却曲線
■■■■■■■■■■■■


知らない人は居ない、逆にいたら貴重なくらい有名なグラフですね。

これって、あまりにも見すぎて『またかよ』みたいな感じになってませんか。

ご存知のとおり偉い学者が100年以上前に発見したものすごいことなんです。

何がすごいって、これは

------------------------------------
ほぼみんなが当てはまるところなんです
------------------------------------

意識レベルで多少誤差があるものの、頭の善し悪し、学歴関係は関係ないのです。

これって、ものすごく科学的根拠があって、これを無視する勉強をするのはもったいなくて、考えられないです。

これによると

●1時間で44%を覚えている。

●1日で26%を覚えている。

●それ以降は20%程度を覚えている。

これを活用せずに『覚えられない』、『すぐ忘れる』なんていう人は、利用してください。徹底的に利用してください。

------------------------------
おさらいはほんの数分で済みます
------------------------------

東大卒の主婦で日英同時翻訳家になられた枝廣 淳子さんも著書の「朝2時起きで、なんでもできる!」で書いておられます。

この曲線を利用して、忘れる頃に見るようにした。それが2万語の単語を暗記できたコツだと。

最近出版された徳田和嘉子さんの「東大生が教える暗記術」の中でも同じようなことを触れています。

何が言いたいかというと、

------------------------------
ものすごく『合理的』なんですね
------------------------------

理にかなっている。

感情、調子、その日の気分に流されない普遍的なもの。

是非この曲線を利用して、このタイミングで復習すれば良いということを取り入れてみてください。

僕の場合は、敢えて忘れる時間をつくり(寝かせて)、再度思いだしています。

覚えるのに1時間かかったら、思い出すのは5分程度。

------------
さくさくです
------------

『学校で習って知ってるけど、自分に使うことはなかったです』

こういう意見が多くありました。

実際に使ってみてください。

夜寝る前、ほんの少しでいいです。

長くなってしまったので、この辺でおわりにします。

1回では気づきにくいので、2回、3回と読み返してください。

--------------------------------
今回の情報はすごく重要なものです
--------------------------------

是非それに気づいて実行してみてください。

(追伸1)
勉強のことに関しても、まだまだたくさんあります。
いっぺんにはなかなか吸収できないと思いますので、
次回は、ドーパミンいわゆる快楽ホルモンなんかを交えた情報を伝えるつもりです。

(追伸2)
今回はあくまで序章です。
勉強なら、コツみたいなものがたくさん、10個〜20個以上あるのですが、次回は2つ程紹介できたらな〜と思います。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ