まちづくり戦略考 八王子商工会議所のチャレンジ

  • ¥0

    無料

人がふれあい、まちがにぎあう!魅力なまちに、ひとが集まる!八王子商工会議所のまちづくりへのチャレンジ情報を発信し、皆さんとともに、まちづくりの原理原則を考えていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
まちづくり戦略考 八王子商工会議所のチャレンジ
発行周期
週刊
最終発行日
2017年07月31日
 
発行部数
153部
メルマガID
0000259364
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > 団体全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆☆2017年7月31日号☆
┏┏┏┏┏━━ まちづくり戦略考 ━━━━━━━┏┏┏┏   
┏┏┏  八王子商工会議所のチャレンジ
      まちづくり戦略の原理原則  
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 いつもお読みいただき有難うございます。

八王子商工会議所は、経済人の立場と市民の視点から
八王子のまちづくりにチャレンジしています。


┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ MY GOAL 「真の官民協働を」  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┛┛┛┛

皆さんこんにちは、
八王子商工会議所会頭の田辺隆一郎です。

 夏の猛暑を覚悟させるような暑い7月でした。
そんな暑い日が続く中、恒例の「八王子夏の風物市(あさがお市)」が
7月8日(土)・9日(日)の2日間にわたり開催されました。

今年もお蔭様で、天候にも恵まれ大変な賑わいとなりました。
8日には用意した「鉢植えあさがお」は全て売り切れ、
9日分を急遽並べるという盛況ぶりでした。

地元商店街の「浴衣で楽しむ七夕祭り」をはじめ、
八王子の伝統文化が楽しめるイベントに進化し、
夏の行事になくてはならないものとなりました。

 また、市制100周年を彩る花火大会は例年より一週間早く、
7月22日(土)に行われました。

各企業をはじめ多くの皆様のご協賛により、
例年と比べおよそ1,000発多い花火が、
心地よい風が吹く夜の空を見事に飾り、
市民をはじめ見物に来た人達を酔わせてくれました。

 例年通りの日程ですと、
立川昭和記念公園、隅田川の花火大会等と重なりますが、
今年は市外から来られる方も多く、まちの中は車の整理が大変で、
大勢の警察官が汗を流して、これにあたっていただきました。

市制100周年にふさわしい花火大会であったと思います。
これからいよいよ本番の「八王子まつり」も
見事に繰り広げられるものと期待しています。

 例年7月には、日本商工会議所の夏季政策懇談会が開催され、
今年は7月19日に都内ホテルで行われました。

今年のテーマは、人手不足、事業承継、地方創生の3つで、
これに対し商工会議所として、
何を考え、どう対応し、どのように関わっていくことが、
より大きな成果を上げることが出来るかを議論し、
活発な懇談会となりました。

 私は現在、
日本商工会議所まちづくり農林水産資源活用専門委員会の
委員長という立場にありますので、
主に、地方創生のところで、
議論のきっかけとなる問題提起をいたしました。

この三つのテーマは申し上げるまでもなく、
これからの日本が取り組む大きな課題でありますので、
議論は尽きないところでありました。

いずれにしても、人手不足は人口減少社会の縮図というべき
現象であります。
これを克服するため、国の施策の浸透、企業の努力は
並み大抵なものではないと思いますが、
避けては通ることは出来ません。

 国の政策としては、「働き方改革」を掲げており、
これは大変重要施策であると考えております。

また、事業承継は地味な課題にみえますが、
日本の産業構造の中核をなす、
中小・小規模事業者の将来を考えると、
ここにしっかり対応していくことは極めて重要であると思います。

それには、第三者による気付きが大切であり、
なかでも商工会議所は最も重要な立場にいると思います。
商工会議所として、よりアンテナを高くしなくてはなりません。

 また、地方創生は大都市と地方の極端な格差を解消するために、
「まち・ひと・しごと」をどのように創りだしていくのかを、
それぞれの自治体が中心となって地域の総力をあげて取り組むという
国の施策であります。

これは地域を活性化させ、そこに所在する中小・小規模事業者を
元気にする有力な経済政策でもあると私は思っております。

地域の特性を生かし、地域資源を活用する重要な試みでありますが、
現在のところ、全体としてあまり熱心でないというのが率直な感想です。

 恐らく、こういったミッションを展開する主体者の自治体が
不得意であることが要因であると考えられます。

 従って、自治体はもっと民間の知恵を活用し、
そして、民間の代表格である各地商工会議所は、
より積極的にこれに関わっていく姿勢が必要であると強く感じています。

 いずれにしても時代が大きく変わる現在、
官・民の真の協働が求められています。


┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「新真・ウエストサイドストーリー」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┛┛┛┛

 前号で「八王子医療刑務所移転後用地活用計画」の
将来イメージを報告しました。

 現在,
「新たな集いの拠点整備に向けた基本計画の検討に係る懇談会」
では、上記活用計画に基づき、
導入施設の整備・運営及び実現化手法の考え方等を示す、
「(仮称)新たな集いの拠点施設の整備に向けた基本計画」の
策定に向けて、市が行う検討・調査について、
様々な観点から意見交換を行っています。

全体会議の他に、5人の学識経験者と
地元経済団体等の代表者として八王子商工会議所から1人の
計6人のワーキンググループ(WG)を立ち上げました。

WGでは、全体会議の論点を整理するとともに、
施設コンセプトや導入施設のあり方・機能を
実現するための手法を検討しています。

前回のWGでの主な意見概要は下記の通りです。

<利用者について>

・計画段階でターゲットを想定するのは非常によい。
・定住志向の高まり、アイデンティティの形成という点から、
 若年層に着目するのも有効である。
若年層に施設に親しんでもらえれば、
 リピーターとして長期にわたり継続的な利用が期待できる。
 また、博物館の潜在的利用者である若年層の拡大は大きな要素であり、
 その点からも有効である。
・学生をターゲットに絞るということは特徴的でチャレンジングだが、
 学生の動向は読めない。
・高齢社会が進むなか、シニアを対象とし、
 シニアが参加できることが重要。
・人口構成の安定化のためには世代交代が必要で、
 子育て世代はターゲットになる。
・子どもが活動しているのが見えることが重要である。
・若者の視点から検討していき高齢者も使いやすい、という順番が重要。
 子育て層を対象とすれば、若年層・シニアにも
 良い場所として認識してもらえる。


<施設配置と規模について>

(活用区域)
・市が直接取得・活用するかは別として、
 広めの活用区域を想定し、実現手法も検討すべき。
・周辺用地の取得・活用を含め、国道16号と接続することが重要である。
・周辺のまちづくり、住民も含めた提案ができると良い。

(施設配置)
・南口のランドマークとなるようなデザインが良い。
・利用促進の観点から駐車場は重要。
 プロムナード化や移動販売者の導入等の多目的利用も含め、新しい使い方をすべき。
・活用区域や施設へのアプローチ等、土地活用の視点で議論する段階では、
 配置検討の段階ではないのではないか。
 災害時の臨時ヘリポート等の防災機能、駐車場の配置等の
 条件を整理することは必要。

(施設規模)
・ミュージアムは収蔵も役割なので十分考慮すること。
 一方、膨大な資料を本用地だけで保存することは現実的ではない。
 リスク分散を図るべき。
・ボランティアの育成や活動の場が必要。
・開館後も利用者を確保するには、
 特別展や学校利用を受け入れるためのスペースが重要。
・ライブラリーは、電子書籍の増加等を見据え、
 今後も書籍を配置するのか、図書を読む場とするのか、
 情報を使って創造する場とするのかで規模が変わってくる。
 
 委員の考え方は多岐にわたるため、
発言内容をどのようにまとめ、方向づけしていくのかが
気になるところです。


 次回のWGでの意見交換の視点は、

<拠点施設のサービスについて>は、
視点1:多様なニーズに応えるための施設運営等の
    ソフト面の工夫やその検討上の留意点
視点2:気軽に利用でき、居心地良い(滞在しやすい)
    施設とするためのソフト
視点3:社会情勢の変化に対応、時間とともに高まる魅力
   (予想される将来像と留意点)

<利用者について>は、
新たな集いの拠点とするための施設や
サービスの検討・決定の判断基準とすることをねらいとして、
次のような視点から意見交換をしていきます。

・利用者を定めることの必要性・有効性
・利用者を定める場合のコンセプトへの反映や公表の留意点
・市内市外、年代以外の切り口
・利用者数を定めることの必要性・有効性・効果測定指標等



┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆TOPICS1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┛┛┛┛

 日経MJ恒例の「2017年上期ヒット商品番付」が
6月7日に発表されました。

この「ヒット商品番付」は、下記に基づき作成されています。

『日経MJが消費動向や世相を踏まえ、
売れ行き、開発の着眼点、産業構造や生活心理に与えた影響などを
総合的に判断して作成した。
「東・西」は大相撲の番付表にならい東方が西方より
格上であることを示す。』(日経MJより引用)


■東の番付                 
【横綱】稀勢の里
【大関】ヤマト値上げ
【関脇】トヨタ「C-HR」
【小結】藤井聡太
【前頭】騎士団長殺し
【同】 トランプ米大統領
【同】 マクドナル「グラン」シリーズ
【同】 ポーラ「リンクルショットメディカルセラム」
【同】 セブン値下げ
【同】 オリンパス「ミラーレス一眼OM-D E-M1Mark2」
【同】 けものフレンズ
【同】 料理動画
【同】 サントリー天然水「プレミアムモーニングティーレモン」
【同】 豪華寝台列車
【同】 WBC
【同】 コクヨ「スマートキャンパス」
【同】 昼ドラ「やすらぎの郷」
【同】 ブルゾンちえみ

■西の番付
【横綱】ニンテンドースイッチ
【大関】GINZA SIX
【関脇】タクシー初乗り410円
【小結】平野美宇
【前頭】うんこ漢字ドリル
【同】 美女と野獣
【同】 ポテチショック
【同】 家事代行
【同】 ローソン「でか焼鳥」
【同】 ヘルシオグリエ
【同】 応仁の乱
【同】 DAZN(ダ・ゾーン)
【同】 無加糖甘酒
【同】 どこかにマイル
【同】 捜査1課ドラマ
【同】 キュキュットクリア泡スプレー
【同】 白石麻衣写真集「パスポート」
【同】 サンシャイン池崎

■その他の賞
【殊勲賞】サッカーW久保
【敢闘賞】浅田真央&宮里藍
【技能賞】アキラ100%
【流行語】忖度(そんたく)
【残念賞】レゴランド・ジャパン

いかがでしたでしょうか?
それぞれの商品の中身を知りたい方は下記リンクへどうぞ。
http://west-magazine.com/nikkeimj-2017kamiki-6380

今年の12月に発表される今年1年を対象とした
「2017年ヒット商品番付」にはどんな商品が登場するのか楽しみです。



┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆TOPICS2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┛┛┛┛

---------------------------------------------

■クチコミ集客の方程式

-----------------------------------------------------------------

「クチコミ」は、お客様が自ら御社の商品やサービスを広めてくれるお金
のかからない販売促進の方法ですが、クチコミは、お客様の気まぐれなの
でしょうか。違います。お客様がクチコミをするにはちゃんと理由がある
のです。口コミを誘発する、ある仕掛けを提供することで、お客様自らが
自然に人に伝えたくなる状況を作ることができます。
当セミナーでは、その秘訣をご披露いたします。この機会に是非ご参加下
さい。

イ.日 程
  平成29年8月2日(水)14時~16時

ロ.会 場
  八王子商工会議所4階ホール

ハ.講 師
  (株)はぴっく「しかける販促マン」
  代表取締役 真喜屋 実行 氏

ニ.定 員
  60名(先着順)

ホ.お問い合わせ、お申込み先
  八王子商工会議所 中小企業相談所(高橋)
TEL 042-623-6311 FAX 042-626-8138
http://www.hachioji.or.jp/Seminar/index.shtml#s20170802


-----------------------------------------------------------------

■IoTの身近な活用事例

-----------------------------------------------------------------

モノのインターネット(Internet of Things)は、様々
な「モノ」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に
制御する仕組みです。そして、「モノ」に対して各種センサーを付けてイン
ターネットを介しその状態をモニターしたり、コントロールしたりするこ
とによって、日々の業務や製品・サービスに、且つ日々の生活に大きな影
響を与えることが予想されています。本セミナーでは、今後のIoTがも
たらす影響を先取りする形でご案内致します。消費増税に向けたIT戦略
の最初の一歩としてご参加ください。

イ.日 程
  平成29年8月30日(水)14時~16時30分

ロ.会 場
  八王子商工会議所4階ホール

ハ.講 師
  イーンスパイア株式会社
  代表取締役 横田 秀珠氏
ニ.定 員
  60名(先着順)

ホ.お問い合わせ、お申込み先
  八王子商工会議所 中小企業相談所(清住)
TEL 042-623-6311 FAX 042-626-8138
http://www.hachioji.or.jp/Seminar/index.shtml#s20170830

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

■身の丈にあった"シンプル"手法で、企業を発展させる
 「中小企業」のための経営術

-----------------------------------------------------------------

「企業を経営する」とはどういうことでしょうか? 社会的使命を果たす、
顧客に満足いただき対価を得る、従業員やその家族を養う…。企業が存在
する目的には様々な理由がありますが、企業を経営し存続させる為には、
個々の企業にあった経営術、経営手法が必要です。ご承知の通り、我が国
の企業のうち、99%以上が中小企業ですが、世の中でよく目にする経営
手法は、そのほとんどが大企業を対象にしたものです。中小企業がそのま
ま取り入れると、かえって混乱を招きかねません。中小企業には中小企業
にあったシンプルな仕組みが必要です。
 そこで、当セミナーでは、「中小企業経営」というものを改めて認識いた
だき、企業経営に対する考え方、特に「人」にスポットを当てた「経営術」
と運用方法についてご紹介いたします。

イ.日 程
  平成29年9月6日(水)14時~16時

ロ.会 場
  八王子商工会議所4階ホール

ハ.講 師
  ストリーム経営コンサルティング株式会社
  代表取締役 経営・組織コンサルタント
  小川 貴司 氏

ニ.定 員
  60名(先着順)

ホ.お問い合わせ、お申込み先
  八王子商工会議所 中小企業相談所(高橋)
TEL 042-623-6311 FAX 042-626-8138
http://www.hachioji.or.jp/Seminar/index.shtml#s20170906


-----------------------------------------------------------------

■「売上を上げる売り方・見せ方・伝え方」教えます!
  POPの書き方セミナー

-----------------------------------------------------------------

売上を左右するPOPの作成セミナーを開催します。売上を上げたい方、
POPに興味がある方、POPに感情を出したい方、コトPOPマーケ
ティングの第一人者山口茂先生がやさしくお教えいたします。
POPが苦手と思われている方にこそ、是非ご参加頂きたいセミナーです。

イ.日 程
  平成29年9月13日(水)14時~16時30分

ロ.会 場
  八王子商工会議所4階ホール

ハ.講 師
  株式会社山口茂デザイン事務所
  代表取締役 山口 茂 氏

ニ.定 員
  50名(先着順)

ホ.お問い合わせ、お申込み先
  八王子商工会議所 中小企業相談所(清住)
TEL 042-623-6311 FAX 042-626-8138
http://www.hachioji.or.jp/Seminar/index.shtml#s20170913


┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┛┛┛┛

「ツイッター」から「マストドン」に移っている人が増えています。

SNS(交流サイト)の「ツイッター」ユーザーは
3億人強だと言われていますが、
「ツイッター疲れ」のユーザーも増えてきているようです。

一方、2016年10月に公開された「マストドン」は
今年の4月上旬時点で10万人だったユーザーは、
5月下旬には約66万人まで膨らんできたとのこと。
「ツイッター疲れ」のユーザーが「マストドン」に移住していることも
増加の原因になっているようです。

さて、その「マストドン」とは・・・!?

1万年ほど前に絶滅したゾウの祖先と同名のこのSNS(交流サイト)は、
個人の趣味や興味など特定のテーマについて、深く情報交換できるSNSで、
投稿は、トウート(鳴く)と呼ばれ、
投稿可能文字数は500文字(ツイッターではツイート:140文字)。

多くのSNSが単一企業が運営しているのに比べ、
「マストドン」は無償で仕様が公開されている
「オープンソース」のSNSなので、
ITの知識があれば、自分の趣味をテーマにしたSNSを
立ち上げ運営することができます。

「マストドン」は、特定テーマを語り合う
“専門的ツイッター”の集合体といえます。

自分の趣味や興味あるテーマで参加してみる価値はありそうですね。


☆━━━━━━━━━━━■   発行人  ■━☆
★ 八王子商工会議所 
〒192-0062 東京都八王子市大横町11-1
TEL.042-623-6311  FAX.042-626-8138
URL http://www.hachioji.or.jp
E-MAIL.  link@hachioji.or.jp

★ 協力 特定非営利活動法人 生活デザインセンター
☆ このメルマガの責任と権利は、発行人にあります。

ご意見、ご要望、ご感想は、上記E-MAILにてお寄せ下さい。
個別のご返事は出来ませんが必ず目を通しています。

内容によっては、お断りしないで、お名前を伏せて、
このメルマガでご紹介することもありますのでご了解下さい。

記事等の無断使用はご遠慮下さい。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
■まぐまぐメルマガの登録・解除は下記まで。
http://www.mag2.com/m/0000259364.html

■当会議所からのメール配信先アドレス変更・追加、
また配信停止をご希望の方は、お手数ですが下記担当
宛てにご連絡ください。
E-mail: asajima@hachioji.or.jp
【担当:麻嶋】

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ