信州なずなの会だより

  • ¥0

    無料

信州なずなの会からのお知らせです。イベント情報、会員通信、大分なずなの様子などを、定期的に発行します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
信州なずなの会だより
発行周期
週刊
最終発行日
2015年12月04日
 
発行部数
247部
メルマガID
0000260006
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 甲信越

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

えみぃです。

ご無沙汰しております。
またまた長期休刊してしまい、申し訳ありません。
またぼつぼつと続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。


□なずなの会 イベント予定-------------------------

★味噌作りWSのお知らせ
今年、お米と大豆がたくさんできたので、循環農法の大豆とお米を使って、味噌作りの
ワークショップをやってみようと思っています。
作業場所は、今年オープンした森尻のかふぇです。
12月中に大豆を収穫し、来年2月に米麹作り、味噌仕込みの予定です。
原料は循環農法産の大豆(なかせんなり)と米(イセヒカリ)を使い、お一人様につき
出来上がり10kg分程度の仕込みをと思っています。参加費は全体を通じて5,000円です。
参加条件は、打ち合わせにご来店いただける方、大豆の収穫においでいただける方で、
先着10名様まで承ります。

ワークショップの内容やスケジュールにつきましては、ご来店の際にご相談とさせて
いただきます。
皆様のご参加、お待ちしております。

かふぇどうや
長野県東御市祢津1295 
電話 090-4390-6466(森尻)
http://www.douya.jp



 
□物販-----------------------------------

◆書籍
「百姓赤峰勝人の野菜ごはん」など、在庫あります。
(循環農法はありません)
送料360円で発送します。

週末は東御市祢津のかふぇどうやにて販売もしています。
お気軽にお問い合わせください。


□循環だより-------------------------------

今年の夏は、田んぼの草取りがスムーズに終わり、例年遅れ気味だった秋野菜、
冬野菜の種まきが順調にできました。
お蔭でたくさんの収穫をいただき、今は毎日漬物の仕込みに追われています。

お米も今年はたくさん採れました。
循環農法で耕し始めて8年目。初年度は反8俵でした(たぶん、前作の化成肥料が
効いていたと思います)。翌年反6俵になり、そこからは横ばい。何年か下肥を
入れましたが、ここ数年は下肥を入れることもなく藁全量とそこに生える草を
入れていただけですが、今年急に収量が増えて反8俵採れました。
草、虫、菌がする土づくりをじゃましなければ、自然に土が肥えるんだと実感
した一年でした。

11月13日~15日まで、大分なずなの百姓塾に参加してきました。
あいにくのお天気で、畑での実習はできませんでしたが、赤峰農場の土に触れ
作物を見て、あらためて赤峰さんの凄さを感じました。
毎月行事や講演をこなしながら、広大な畑の隅々にまで目を光らせて、たくさん
の作物を作り続けている。本当にすごいことだと思います。3反の畑だけでも
ひーひーな自分はまだまだですが、一歩ずつ前進していつかは赤峰農場に負け
ない畑を作りたいです。

来年1月から、信州なずなの会で定例の百姓塾を始めようと思います。
次の号で詳細をお知らせしますので、お楽しみに!


□おいしいレシピ----------------------------

甘酒を使ったべったら漬け

ひょんなことから甘酒作りにはまってしまい、いろいろな漬物の甘味に使ってい
ましたが、甘酒をメインにしてべったら漬けにチャレンジしました。
実は味見はまだですが、みなさんもトライしてみてください。

★甘酒作り
玄米もち米 3号
米麹 400g

玄米は一昼夜水に浸し、水を吸わせておく。
お湯を1リットル煮たたせ、水を切った玄米を入れて5分ほど強火で炊く。
火を落として1時間煮る(途中水がなくなったら足す)。
お粥になったら、水を300ccほど入れて60度まで温度を下げ、米麹を混ぜる。
こたつなどで6時間以上保温する。

★べったら漬け
大根・・・皮をむいて2kg
塩・・・大さじ2
甘酒・・・1リットル

皮をむいた大根に分量外の塩を振って一晩置く。
翌朝から4日ほど、天日に干して水分を抜く。
大根の準備ができたら、甘酒と塩をよく混ぜ、大根とともに漬けこむ。
一週間ぐらいからいただけます。

□お問い合わせ----------------------------

信州なずなの会 事務局
e-mail:info@snazuna.jp
tel:090-8329-5163
URL:http://www.snazuna.jp <http://www.snazuna.jp>
ブログ:http://sakamin.jugem.jp/


□あとがき------------------------------

着物リメイクとリサイクルのお店「かふぇどうや」営業を始めました。
(土日祝日の午後1時~5時まで)
ご来店のお客様には、無料でお茶とお茶請けを振る舞っています。
今年はもち米がたくさん採れたので、営業日には玄米もちをつき、おしるこや
お雑煮で味わってもらおうと思います。お土産をご希望の方には、販売もします。
ぜひご来店ください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ