毎日1分!中文新聞

  • ¥0

    無料

カリスマ中国語教師と台湾駐在経験者が発信する中国語を覚えたい人のためのメールマガジン!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
毎日1分!中文新聞
発行周期
週刊
最終発行日
2008年12月12日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000260270
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > その他の外国語 > 中国語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■---------------------------------------------------□■
【毎日1分!中文新聞 # 6 号】       2008_12_12
     
□■---------------------------------------------------□■
カリスマ中国語教師と台湾駐在経験者がお届けする、手軽に中国語を
覚えたい人のためのメールマガジンを配信していきます。
どうぞご購読ください。

今回は、中華航空機の事故に関する文章です。航空会社を問わず空の事故が
増えています。航空運賃も価格競争が熾烈になっていますが、まずは何より
安全を確保しなければならないという自覚を、各社にしっかりと持って
いただきたいものです。


【本文】
調査稱台灣華航包機裂痕確在空中發生

台灣飛行安全部門昨天公布華航包機“機腹裂痕”初歩調査報告,
確定蒙皮七十七厘米裂痕是在一萬英尺以上飛行時發生,
排除原先被認為的地面事件,官員表示:“華航很幸運,
該事件未釀成更大災害。”
續八月二十日華航120航班在日本那霸機場突然著火之後,九月二十一日
該公司別一架波音737-800客機在降落日本佐賀機場後被發現翼底部
有一條長約七十七厘米的裂痕。
事發後,台灣技師匆忙赴日本對飛機進行了維修。

【単語チェック】
稱【称】  言う
華航  中華航空
包機  チャーター機
裂痕  ひび
昨天  昨日 ※ちなみに今日は「今天」、明日は「明天」
蒙皮  (航空用語)気嚢 ※この事故では胴体底部(後部ドア付近)に
あたるようです
厘米  センチメートル ※ちなみにミリメートルは「毫米」
英尺  フィート
原先  最初は、元は
認為  〜と考える、思う
事件  事件、できごと
官員  役人
很  とても
釀成  引き起こす
續【続】〜之後  〜の後に続いて
航班  フライト
著火【着火】  
別  別の
架  飛行機を数えるときの量詞
波音  ボーイング(外来語の音訳です)
降落  降下する
發現【発現】  発見する、気づく
匆忙  慌しい
維修  補修(する)

【対訳】
台湾中華航空チャーター機の亀裂は空中で生じたものだということが調査で明ら
かに

台湾飛行安全部門は昨日中華航空のチャーター機における“胴体の亀裂”に
関する初期調査報告を発表した。胴体底部の77センチの亀裂は1万フィート
以上の上空を飛行時に発生したことが明らかになり、当初考えられていた
地上での事故という説が排除された。担当者は、「この件で更に大きな災害が
引き起こされずに済み、中華航空は本当に運が良かった。」と述べた。
8月20日に中華航空120便が日本の那覇空港で突然炎上したのに続き、
9月21日に同社の別のボーイング737-800型旅客機が日本の佐賀空港に降りた後、
胴体下部に長さ約77センチの亀裂が見つかった。事故発生後、台湾のエンジニア
は急遽日本へ赴き飛行機の補修を行った。

【訳出しのポイント】
排除原先被認為的地面事件: 直訳すると、「もともと考えられていた地上での
できごとを排除した」。なお、中国語の「事件」は日本語とは異なり
「大きなできごと」全般に対して使います。悪いことに限らず、
良い「できごと」を指す場合にも使えます。

對飛機進行了維修: 「進行」は動詞を目的語にとれるので「進行維修」=
「補修を行う」という言い方ができます。但し、その目的語はさらに目的語を
取ることができないので、「飛行機の補修を行う」という場合には
「進行維修飛機」と言うことはできません。このような場合は介詞“對”を用い

その目的語を“進行”の前に出します。

-------------------------------------------------------------
★東京と上海をリアルタイムで結ぶ:http://www.juelins.com/
※本メルマガの著作権は、広田 弘及び山崎 こずえに属します。無断転載はお
断りします。
■毎日1分!中文新聞
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000260270.html
★発行者 広田 弘  記事提供 山崎 こずえ
---------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ