理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方

  • ¥0

    無料

英語塾の代表であり、予備校講師でもある筆者がお届けします。大学受験の英文法、語法/TOEICのPartV、 PartVI/TOEFLのWriting/英検各級の1、2に, あらゆるreadingに効果大!さらに語彙力(英単語、英熟語)を増強したい人、より深い英語の理解を求める人へ、このマガジンを!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方
発行周期
週刊
最終発行日
2009年01月24日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000261887
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > TOEIC/TOEFL

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  第16回  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは(こんばんは)!

中山 航です。前回の問題をやってみましたか?

今回は、しっかり問題を解くということをさらに実践してみましょう!

文章と問題をもう一度載せます。

The Titus-Bode Law predicted that there would be a fifth planet
between Mars and Jupiter. In l800, a group of astronomers nicknamed
the “celestial police” was organized to search for the missing planet.
Before the plan could be put in effect, another astronomer, G. Piazzi,
discovered l Ceres, the largest asteroid, in this position in space on
New Year's Day, l80l. While trying to locate Ceres again, the astronomer
H. Olbers discovered 2 Pallas in l802. J. Harding discovered 3 Juno
in l804. H. Olbers also discovered 4 Vesta, the brightest asteroid,
inl807. It was not until l836 that a fifth asteroid, 5 Astrea, was added
to the list. At first, many nineteenth-century astronomers did not find
asteroids of much interest. One even called them “the vermin of the sky.”
In l89l, Max Wolf pioneered the use of astrophotography to detect asteroids.
Then Wolf went on to discover 248 asteroids, beginning with 323 Bruscia.
At present, around 150,000 asteroids have been discovered. Most are spotted
today by automated systems that pair telescopes with computers.

1 It can be inferred from the information in paragraph 1 that the Titus-Bode
Law deals with which of the following?

A The size of planets
B The position of planets around the Sun
C The spread of bodies in space
D The existence of asteroids

2 What does the author imply about G. Piazzi in paragraph1?

A He was not trained as an astronomer.
B He worked closely with H. Olbers.
C He was not a member of the “celestial police.”
D He discovered the four largest asteroids.

3 It can be inferred from the information in paragraph 1 that H. Olbers

A was not looking for 2 Pallas when he found it
B discovered the largest asteroid
C discovered many asteroids a few years after finding 4 Vesta
D worked closely with J. Harding

4 The author implies that the nineteenth-century astronomers mentioned in
paragraph 1 believed that

A astronomers should work on projects other than asteroids
B astrophotography was a valuable tool
C more time should be spent searching for asteroids
D asteroids were dangerous because they might strike Earth

(THOMSONという出版社から出ているThe Complete Guide to the TOEFL® TEST の
Exercise 3.2 Passage 2 の1段落とそれに対応する問題のみ載せています。)

================================================================
 
☆さっそく2番の問題に行ってみましょう。

2 What does the author imply about G. Piazzi in paragraph1? 
(1段落で著者は G Piazziについて何をほのめかしていますか/暗に示していますか。)

A He was not trained as an astronomer.
B He worked closely with H. Olbers.
C He was not a member of the “celestial police.”
D He discovered the four largest asteroids.

この問いも“imply”ということで「直接」ではなく『暗に示している』ので気を
つけましょうね。

G Piazziが出てくるのは、3文目

<Before the plan could be put in effect>, another astronomer, G. Piazzi,
discovered l Ceres, the largest asteroid, in this position in space on New
Year's Day, l80l.

です。
--------------------------------------------------------------------------
ここでは、『同格』がまずポイントですね。another astronomer のあとの
, (カンマ)を見てください。その後ろにG piazza 出てきます。

『同じ形をカンマの前後で繰り返す=同格』

(→A, B Aつまり/すなわちB, BであるA AであるB と日本語では表せます)

ということは、astronomer = G Piazzi になるので

A He was not trained as an astronomer.
 「彼はan astronomer(天文学者)として鍛えられていなかった」

 は、『矛盾、×』ですね。notがあることで、=(イコール)関係が崩れています。
-------------------------------------------------------------------------
第2のポイントは、another ですね。

  another をつけるということは『他の、別の』、つまり『何か前に出てきたものを
 除外する』ということなので、
  
ここでは、

a group of astronomers nicknamed the “celestial police”
「“celestial police”というニックネームの天文学者の集団」

意外の/を除いた天文学者=G Piazziということになりますので、

C He was not a member of the “celestial police.”
「彼は“celestial police.”の一員ではない」

が正解となります。notがあることで、=(イコール)関係を崩しています。
-----------------------------------------------------------------------
◎残りの選択肢も見てみましょう。

B He worked closely with H. Olbers.

G Piazzi とH. Olbers の関係は特に書かれていませんから 『分からない、?』

ということになります。

D He discovered the four largest asteroids.

6文目 H. Olbers also discovered 4 Vesta, the brightest asteroid, inl807.

というところから、

the four largest asteroids は4 Vestaの言い換え(パラフレーズ)ですが、

それを発見した(discovered)のはH. Olbers であり, G Piazzi ではありませんね。

ということで『矛盾、×』です

=================================================================

☆次に3番に行ってみましょう。

3 It can be inferred from the information in paragraph 1 that H. Olbers

A was not looking for 2 Pallas when he found it
B discovered the largest asteroid
C discovered many asteroids a few years after finding 4 Vesta
D worked closely with J. Harding

------------------------------------------------------------------------
まず A was not looking for 2 Pallas when he found it を検証しましょう。

4文目<While trying to locate Ceres again>,
「Ceres を再び発見しようとしていて」

the astronomer H. Olbers discovered 2 Pallas in l802.
「天文学者H. Olbers は2 Pallas を発見した」

から、

While trying to locate Ceres again = was not looking for 2 Pallas
「2Pallas を探していたのではなかった」

(trying to locate→looking for)

the astronomer H. Olbers discovered 2 Pallas in l802.

= when he found it 「それ=2Pallasを発見したとき」
               

(discovered →found)

---------------------------------------------------------------------------
B discovered the largest asteroid

3文目のG. Piazzi, discovered l Ceres, the largest asteroid, という箇所から

l Ceres=the largest asteroid と分かります(カンマの同格ですよ!)
      
その発見者はG Piazziですから、『矛盾、×』です
---------------------------------------------------------------------------

C discovered many asteroids a few years after finding 4 Vesta

先ほども検証した5文目 

H. Olbers also discovered 4 Vesta, the brightest asteroid, in l807.

以降 H. Olbers は登場しません、すなわち書かれていないので『分からない、?』

です。

その後出てくる年代も1836, 1891年となり、

a few years after finding 4 Vesta 「4 Vestaを発見した2,3年後」

に合いませんから、考えなくていいですね。

---------------------------------------------------------------------
D worked closely with J. Harding

H. Olbers とJ. Harding の関係は書かれていませんので『分からない、?』ですね。

===============================================================

☆4番に行ってみましょう。

4 The author implies that the nineteenth-century astronomers mentioned
in paragraph 1 believed that

A astronomers should work on projects other than asteroids
B astrophotography was a valuable tool
C more time should be spent searching for asteroids
D asteroids were dangerous because they might strike Earth

◎まず名詞を中心に探す(the nineteenth-century astronomers)と

8文目のAt first, many nineteenth-century astronomers did not find asteroids
of much interest.
「始めは、多くの19世紀の天文学者たちはasteroids(小惑星)にあまり関心がなかった」

に出会いますね。

そして2文目の
In l800, a group of astronomers nicknamed the “celestial police” was
organized to search for the missing planet.

から、探していたのは、asteroids ではなく planet(惑星)でしたので
(1800年はまだ18世紀ですが、すぐ1801年から19世紀ですよね)、

A astronomers should work on projects other than asteroids.
「天文学者はasteroids以外のプロジェクト(=searching for the missing planet)
に取り組むべきだ」

が正解となります。

逆に
C more time should be spent searching for asteroids

では、「asteroids を探すのにもっと時間を費やすべき」ということで、
『矛盾、×』ということになります。

-----------------------------------------------------------------------
B astrophotography was a valuable tool

たしかにastrophotographyは

10文目 In l89l, Max Wolf pioneered the use of astrophotography to detect
asteroids.

に出てきますが、
1891年ということで19世紀ももう終わりですから、19世紀の天文学者全体には
当てはまりませんね。

----------------------------------------------------------------------
D asteroids were dangerous because they might strike Earth

この選択肢は、書かれていないので『分からない、?』ですね。

以上です!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ お知らせ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Language School 航  では、大学受験向けの直前講習として、通常授業+勉強会
を行っています。これは、何回授業、勉強会に参加しても、一律、月謝は変わりません!
お得にご利用下さい!

詳しくは http://www.lswataru.com (TOEIC, TOEFL, 英検を受験する方もご覧下さい)
時間割は http://www.lswataru.com/time.html

合格、目標スコア目指して一緒にがんばりましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  次回  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さらに、他の問題を利用して、問題の作り方、解き方を確認してみましょう。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ