こんなダイエット方法ご存知ですか?

  • ¥0

    無料

あなたのダイエット方法はあなたに合っていますか?こんなダイエット方法もあるんです。ダイエット方法やダイエットの豆知識、レシピなどを紹介します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
こんなダイエット方法ご存知ですか?
発行周期
不定期
最終発行日
2013年10月17日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000264937
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ファッション・美容 > ダイエット > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

グリーンスムージーダイエットは、生の葉野菜とフルーツに水分を加えて、ミキサー(ブレンダー)で混ぜ合わせたグリーンスムージーを飲むだけのダイエット方法です。


酵素や水溶性のビタミンは加熱すると大幅に栄養価が減ってしまうので、これなら不足している葉野菜を効率よく摂取できちゃいます。

生の野菜や果物には、代謝をアップさせる酵素が豊富に含まれていて、グリーンスムージーを飲んでから朝食を食べると血糖値が上がりづらくなるので太りにくくなります。

もちろん、置換えダイエットと併用すると効果は倍増!!
置換えダイエットする場合は、グリーンスムージーを朝食にして、昼食と夕食はタンパク質、脂質、炭水化物などをバランス良く摂ることが重要です。

葉野菜の葉の部分には、美容効果の高いビタミンA、C、D、E、B群やミネラル、食物繊維がとても豊富で、タンパク質を生成する時に必要なアミノ酸も含まれていますので、体にも優しいのです。

グリーンスムージーダイエットは、グリーンスムージーを1日1リットル飲むと効果が実感しやすいと言われています。
でも、酸化が早いので、作り置きはせずに出来るだけ飲む時に作るようにすると良いでしょう。

ダイエットのためには、朝、他の食べ物を口にする前に飲むのが効果的です。
他の食べ物と一緒ではなく、グリーンスムージーだけをゆっくり時間をかけて飲むことがポイント。
グリーンスムージーを飲んでから40分以上は、他の食事をしないように心がけると効果的です。

グリーンスムージーは、消化しやすいことが特徴です。
ミキサー(ブレンダー)でしっかりと混ぜるので、栄養素を包む細胞壁が破壊されて消化しやすい状態になるんですね。
また、普通のジュースよりも、食物繊維が多く含まれているので、腸内環境の改善につながり、便秘解消の効果も得られます。

グリーンスムージーは、ミキサ(ブレンダー)で簡単に作れます。
簡単なので続けやすそうですね。
毎日継続することがダイエット成功の秘訣です。

果物6:野菜4が美味しく作る秘訣です!!
自分の好みのスムージーを見つけましょう。

★グリーンスムージーに適した野菜・フルーツ
色の薄い葉野菜はダメ。色の濃い葉野菜を使用しましょう。
例えば、
小松菜(カルシュウムが豊富)
ほうれん草(カリウムやビタミンBが豊富)
大葉(マグネシウムやビタミンKが豊富で、美肌効果のあるクロロフィルも豊富)
春菊(ミネラル、ビタミン、ベータカロテンなど免疫力を高める栄養素が豊富)
モロヘイヤ(抗酸化作用の高いビタミン群が豊富)
などはOKですが、
人参、ブロッコリー(葉はOK)、ズッキーニ、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、なす、カボチャ、オクラ、さやえんどう、トウモロコシ、緑豆やでんぷん質の野菜はダメです。
根菜は地中で栄養を蓄えるので、デンプン質を豊富に含んでいます。
その他デンプン質の野菜も同じですが、フルーツと食べ合わせが悪いので、腸内でガスが発生しやすくなります。
フルーツは、基本的に何でもOK。
お好きなものでどうぞ!!
果物は果皮と実の間に栄養素がたくさん含まれていますので、皮をむかずに入れた方が栄養価が高くなります。
甘みの多い果物;バナナ、リンゴ、梨、洋梨、メロン、マンゴーなど
酸味の多い果物;オレンジ、キウイ、グレープフルーツ、ラズベリー、レモンなど

また、酵素の働きは、常温の方が良くなるので、常温で飲んだ方が効果的。
胃腸も冷やさないのでおススメです。




毎朝作る時間がない… (><)
1日1リットルは無理… (><)
…という方にはこちらがおススメ

優香7kg減で話題!!グリーンスムージーの新作★
 ⇒ http://smart-c.jp/c?i=2qombs0FxoKc00S0t&guid=ON
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ