蕭何の瓦版

  • ¥0

    無料

名言、珍言の勝手な解釈。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
蕭何の瓦版
発行周期
不定期
最終発行日
2018年07月15日
 
発行部数
28部
メルマガID
0000265105
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 読書

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

名言、珍言。


「思い立ったが吉日
(おもいたったがきちじつ)」


【意味】
思い立ったが吉日とは、何かをしようと決意したら、
そう思った日を吉日としてすぐに取りかかるのが良いということ。


【思い立ったが吉日の解説】
【注釈】
何か物事を始めようと思ったら、
日を選ばずにただにち着手するのが良いという教え。
「吉日」とは、暦によって知る縁起の良い日のことだが、
このことわざでは物事をするのに良い日のこと。
「きちにち」とも読むが、現在では「きちじつ」と読むのが一般的。
「思い立ったら吉日」「思い立つ日が吉日」ともいう。


勝手な解釈
予感、預言、思ったとき、行いことが、必要。
天は、神は、指示しているのだ。
今する、しないで、生死の試験している。
人は、第六感の信じることだろう。
胸騒ぎ、よくよく、自分で、どうするということ。

予感。

==========

名言、珍言。

「どんなに時間がかかっても、そんなの問題じゃない。
大切なのは目標をもつこと。」


             
  (ユードラ・ウェルティ アメリカの作家)


勝手な解釈
敗北、成功ではない。
生きていることが、価値。
価値は、目標があるから、生きている。
何を得るより、何を目的で、生きていく。
人生は、死ぬまで、何かの目的である。

生きるは、希望がそれても、目的があるから、生きている。
生かされているは、神は、目的があるから、生かされているものだ。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ