マインドマップ実践法~紙と筆記具でできる脳トレ講座

  • ¥0

    無料

「マインドマップ資格試験勉強法」の著者、近藤哲生が就職・転職・仕事で夢を叶える発想法や記憶力強化、資格試験勉強法などをお届けします。NLPとマインドマップ、その双方の視点からあなたも脳力開発ができるメルマガ講座です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
マインドマップ実践法~紙と筆記具でできる脳トレ講座
発行周期
ほぼ 週末刊
最終発行日
2017年10月18日
 
発行部数
492部
メルマガID
0000266615
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

               ・
               ・
   (この下から本文【マインドマップ実践法】が始まります)
               ・
               ・
┏━━469号【1枚の紙とぺん1本でできる冬期鬱の回避法とは】
◆●◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□▼□【マインドマップ実践法】紙と筆記具とでできる脳トレ講座
◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 こんにちは。
 公認マインドマップインストラクターの近藤です。
 
 先週後半から、
 当地も秋雨らしい空模様が続いています。
 曇天と小雨が交互にやって来て冷たく湿った風が吹いています。
 
 
 そうした空模様をどのようにお感じになるでしょうか。
 もちろん、「やっと秋らしくなってきた」とも言える天候です。
 しかし、「何だか鬱陶し天気ね」と呟きそうになるのも事実かも知れません。
 
 そう言えば、この時期から予兆を見せる心の不調が冬期鬱です。
 日射量の減少が気分を左右する脳部位の不調をもたらす。
 その不調が鬱陶しさ気分の落ち込みが繋がるのです。
 
 
 一方、気分が不調でも毎日の生活は待ったなし。
 布団に潜り込んでやり過ごすのは仕事や家事が許さない。
 何とかして、気分の落ち込みを解消したいのが人情でしょう。
 
 仮にそうならば、気分の落ち込みをどう解消するか。
 その方法をこれからご案内してみましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1枚の紙とぺん1本でできる冬期鬱の回避法とは】
------------------------------------------------------------------------
 
 冬の気配と共に忍び寄る心の不調が冬期鬱です。
 
 その原因は日照量の減少がもたらす脳内の不調です。
 それが落ち着いた幸福感をもたらす脳内のセロトニンを減少させる。
 
 ですから、医療的な対処法として、
 必要な日射量と同じ照明を浴びる光療法が医療機関で施されます。
 とは言え、この療法が万全だとは言えないのが現状です。
 
 症状によっては、薬物投与する治療法も実施されます。
 もちろん、この治療法は鬱の反対、そう状態を招く副作用も懸念される。
 あるいは、認知療法と言った心理療法も存在します。
 が、しかし、心的不調を回復するのにはそれなりの時間が必要。
 
 やれやれ、冬期鬱になってしまったら、それは実に困ったこと。
 だから、冬期鬱の予兆を覚えたらば、何とか解消策を講じるのが賢明。
 では、何をどうするのが、予防策や解消策になるのでしょうか。
 
 
 
 そのヒントは、私たちの日常にあることにお気づきでしょう。
 
 実際、何となく気分が落ち込んできたらば、私たちは散歩に出かける。
 リズミカルに足や手を動かす散歩の動きが、セロトニンの分泌を促します。
 セロトニンの分泌に関わる薬物を摂取しなくても、気分の好転をもたらします。
 
 人によっては、スィーツをパクパク食べます。
 すると、結果的に脳内のセロトニンが増加します。
 気落ちを解消する落ち着いた幸福感を覚えられるからです。
 
 その一方、
 前者は時間や天候によって常時にできる訳ではない。
 後者は肥満や悪くすると糖尿病に陥る危険性が否めない。
 
 そこでご案内できるのが第3の方法です。
 気分の落ち込みに由来する心の悪循環を断ち切る方法です。
 
 
 
 鬱陶し気分にハマってしまう。
 その状態を密かに招くのが心の悪循環です。
 例えば、その悪循環は次のように起こります。
 
 何となく気分の落ち込みを感じる。
  ↓
 「なんでこんな気分なんだろう」と考える。
  ↓
 「そう言えば、昨日職場で失敗したな」と思い出す。
  ↓
 「何でオレ・アタシって失敗ばかりするの、バカだ」と自責する。
  ↓
 更に気分の落ち込み感じる。
  ↓
 以下、失敗の数えあげと続く自責、それによる気分が落ち込む再循環。
 私たちはその様な不幸のメリーゴーランドに乗り続けるのです。
 秋雨の空の下、そうし続けていれば、更に悪循環です。
 
 その悪循環は知らぬ間に脳内物質の分泌にも悪影響を与えます。
 本格的な抑うつ状態をもたらしかねないのです。
 
 ですから、
 ウッカリ乗り続けている不幸のメリーゴーランドから降りるのが賢明。
 
 では、心の悪循環を断ち切る、
 不幸のメリーゴーランドから降りる方法は何か。
 
 
 
 それが、まずは自分を客観視、つまり自分を止まって観ることです。

 と言っても、沈思黙考をして、そうすることができるなら苦労はしない。
 そうするのではなくて、内面でウッカリやっていることを書き出すのが良策。
 
 たった1枚の紙にでも内面の状況を書けば、自分を客観視できます。
 言わば、目の前の紙面が自分の心をつぶさに観る為の鏡になるのです。
 鏡を使って髪型を直すように、紙面を使って心模様を変えられます。
 
 具体的にするのは、心の中の呟きを紙面に書き出すことです。
 特に、クドクドと自分を自責する言葉を全て書きつけます。
 すると、否が応でも自分を止まって観ることができます。
 
 
 
 そうすることができたら、選択です。
 
 気落ちのメリーゴーランドに乗り続けるか。
 気分を切り替えて好調な自分に戻り始めるか。
 
 もちろん、不幸のメリーゴーランドに乗り続ける選択もありです。
 そうしていると、廻りからの同情や哀れみを貰えますからね。
 無論、そうすることは一時しのぎで、本格的な鬱にもなりかねない。
 
 そうならば、好調な自分に戻る始める選択が賢いでしょう。
 気落ちしているのよりも、フラットや元気な自分が建設的では。
 職場や自宅で気落ちの原因を行動的に解消することもしやすいはずです。
 
 仮に後者をご選択ならば、次のアクションはこうです。
 
 初級の方法ならば、
 紙に書きつけた自責のそれぞれを止まって観て、
 「もう沢山」、「うるさい」などと言いながらそれに取り消し線を引く。
 それが全て済んだら、紙をビリビリ細かくちぎって屑籠にバッと捨てましょう。
 
 上級の方法ならば、
 紙に書きつけた自責の数々に対して、
 見方を変えた言葉を書き添えていきます。
 
 例えば、次のような視点を変えた言葉を書き添えます。
 「また失敗した → また学べた」
 「なんて優柔不断なの → なんて思慮深いの」
 「どうしておっちょこちょいなんだ → 素早く行動できて凄い」
 
 もちろん、そうした言い換えは屁理屈のようにも思えます。
 しかし、たとえ屁理屈だとしても、やってみるだけの価値はあります。
 自分の見方を変えた言葉を書きつければ、確実に気分は好転するはずです。
 
 以上の方法は論より証拠、
 たった1枚の紙でできるのですからお勧めしておきますね。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 秋の実りはカラフルです。
 田圃の稲穂、栗や柿などが見た目にも美味しそう。
 
 過日、ご近所から銀杏の実を頂きました。
 銀杏の実は、筑前煮や茶碗蒸しに大活躍です。
 また、少し煎ると、お酒のあてとして実に美味。
 
 
 とは言え、
 銀杏の実を割るのがひと仕事です。
 ペンチで挟み付けたり、木槌で叩いたりしてもう大変。
 
 それらの方法は力加減を間違えると、
 固い殻が割れないか、割れたとしても割れた殻が飛び散る。
 最悪の場合、殻が割れるだけでなくて中の身までが粉々になってします。
 
 本当に銀杏の実を割るのは面倒です。
 そこで、何か旨い方法がないかと台所を探求開始。
 
 
 すると、その答えが目前の調理台にありました。
 ベンチ型のニンニク潰し器の転用を思いついたのです。
 
 つぶすニンニクを入れる下面が網状になっている器に銀杏の実を入れる。
 次に、ベンチ型の潰し器の握り手に少しずつ力をいれる。
 すると、パチッと音がして簡単に殻が割れます。
 
 銀杏の殻が割れた時、
 飛び散る殻の粉も身実を入れた器が受けてくれます。
 これまで苦労していた銀杏割りが綺麗に簡単にできるのです。
 
 それは、気がついてしまえば実に簡単なことでした。
 見方や視点を変えれば、一つの道具が別の道具になる。
 道具にもリフレーミングができると実感した一件でした。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆発行人:近藤哲生
     資格試験勉強法NLPコーチ
     
     
     公認マインドマップインストラクター(TLI)
     米国協会NLP(神経言語プログラミング)トレーナー

※近藤哲生のサイト :http://www.kondotetsuo.com/
※問合せ      :http://www.kondotetsuo.com/prof/inquiryform.html
※筆者プロフィール :http://kondotetsuo.com/prof/profile.html
※バックナンバー  :http://www.kondotetsuo.com/mailmag/index.html
※E-Mail     :info@kondotetsuo.com
※Facebook     :http://www.facebook.com/kondotetsuo
※Blog       :http://blog.kondotetsuo.com/mt/

※社内・取引先・ご友人などへの転送や引用はご自由にどうぞ。
 その際、出所を明記してくださる方に感謝を申し上げます。
 
★著書:「マインドマップ資格試験勉強法」ディスカヴァー・トゥエンティワン
    「型にハマればうまくいく。」株式会社KADOKAWA
------------------------------------------------------------------------
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから可能です。
 まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000266615.htm
 まくまぐID 0000266615
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ・
               ・
     (以下は、まぐまぐさんからのお知らせです)
               ・
               ・
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ