月刊!医学と健康~役立つ医学と健康の豆知識集

  • ¥0

    無料

町医者Dr.tossy koyanagiが毎月その季節の話題をお届け。「TOSSYの近況報告」ではアタマに浮かんだ徒然なコラムをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
月刊!医学と健康~役立つ医学と健康の豆知識集
発行周期
ほぼ毎月、近況報告を兼ねてお届け・・・臨時配信もあります。
最終発行日
2017年09月12日
 
発行部数
156部
メルマガID
0000267242
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         【 月 刊 ! 医 学 と 健 康 】

          ~ 役立つ医学と健康の豆知識集 ~

                           (2017.9.12)
◇--------------------------------------------------------------◇

【TOSSYの近況報告】


還暦がちかくなると
旧友や親戚と再会するのが楽しみになるものだ。


中学・高校時代の悪友とは
毎年末の30日に渋谷で忘年会と麻雀大会が恒例となっている。
9月末には箱根旅行を計画していて上京が楽しみだ。


大学時代のサークル仲間とは
年1回飲み会を定例化しようと
メールアドレスを収集中。
みんないい年になり
大学病院や基幹病院の重鎮となっている。


予備校時代の仲間とは
7月に新宿で久しぶりの再会をした。
かつて通っていた代々木の予備校は
いまでは廃業してしまっているが
出身高校がまるきり違っていて
たった1年の間だけれど
自習室で知り合った仲間との交流が
40年たった今でも続いているというのは
とても珍しいと思う。
社会的に不安定で辛い時期を
共に過ごした仲間の意識がそうさせるのだろう。
会社を起業したり、
教員や会社の役職になっていたり
内閣官房に努めていたり・・・
みんなそれぞれの道を歩んでいる。
これから定期的に会おうということになった。


ネットの友達とは昨年末にお会いした。
今年も年末上京する際に
連絡してみようと思う。


そしてこの8月末に
母方のいとこ会を
唯一存命している叔父を交えて
母の生まれ故郷の山形の米沢でひらいた。
いとこが一同に会する機会は
弔事くらいしかなかったが
おくやみの席以外で集まれたのは
とても感慨深いものがあった。
今度は祖父が住んでいた
葛飾の立石で開こうということになった。



やはり健康で長生きできるように
普段の摂生が大切だ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


フレイルという言葉をご存じでしょうか?

加齢にともなって
筋力などの運動機能や
生理的機能が低下した状態を『フレイル』といいます。

多くの高齢者がフレイルを経て要介護状態になるといわれています。



日本人の『平均寿命』は男女ともに世界水準ですが、
自立した日常生活ができる期間としての『健康寿命』は
男性で9年、女性で12年、平均寿命よりも短くなっています。


フレイルは要介護状態の一歩手前の状態ということができ
健康寿命をいかに長くして平均寿命に近づけるかは
フレイルの期間をいかに短くできるかにかかっています。



フレイルは、
加齢にともなう足腰の衰えや
心臓、呼吸器、消化器系の臓器の衰えなど
身体の機能の低下だけでなく、
認知機能やうつ、意欲の低下など
一人暮らしや経済的な困窮によるひきこもり
などの社会的要因によっておこります。



一般的な老化とちがってフレイルは
積極的な介入がないと次第に深刻な状況に陥り
転倒や骨折をきっかけとして
要介護状態になることが少なくありません。



フレイルを早期に発見して適切にケアをすれば
フレイルになる前の状態に戻すことができて
健康寿命を延ばすことができます。



フレイルの判断は・・・

1)ここ半年で2~3kgの体重減少がある
2)以前に比べて歩く速度が遅くなってきた
3)ウォーキングなどの運動を週に1度もしていない
4)5分前のことが思い出せない
5)ここ2週間わけもなく疲れたように感じる

これらの3つ以上あてはまればフレイルの危険性があります。


フレイル対策として重要なのは栄養と運動です。


中年期から壮年期までは、
メタボ対策としてのカロリー制限が中心でしたが、


高齢期では、
適切なカロリーと
高タンパク質、
カルシウム摂取、
高ビタミンD食が重要です。

3食しっかり食べること、
牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を食べること、
さけ、さんま、ぶり、さばなどの
ビタミンDを含む食品を食べることが重要です。








-------------------------------------------------------------------

○「TOSSYの近況報告」のバックナンバー

http://blog.livedoor.jp/igaku_to_kenko/
(写真付きでUPしてあります。)


○「町医者夢想譚」

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=31879

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【注意・免責事項】
●一般の方向けの内容なので、厳密な医学用語は使用していません。
●医学的な専門性から考えた場合に表現の異なる場合もあると思われますが、
 なるべく平易な表現を使用するようにしてあります。
●個別の健康相談を行うものではありません。
●体の状態は個人によって異なっています。現在治療中の方はかかりつけの
 主治医と相談をしてください。
●ご自分の責任の範囲でご利用ください。記載内容を利用し生じた結果につい
 て、当方では責任がとれませんのでご了承ください。
─────────────────────────────────
【 月 刊 ! 医 学 と 健 康 】~役立つ医学と健康の豆知識集~
─────────────────────────────────
当メルマガは「まぐまぐ」を使用しています。
メルマガの解除はコチラから。
http://www.mag2.com/m/0000267242.html

○私のプロフィールはコチラ→
http://tossy-koyanagi.jpn.org

 ■発行者                    tossy Koyanagi

Copyright(C) 2006-2017 tossy Koyanagi, All Rights Reserved.


----------------------------------------------------------------
(裏)
ダイエット目的でプール通いの日々。
1kmを泳ぐのにやっと慣れてきたかなぁ~

















メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ