ココロと上手におつきあい!-悩み解決のホントの近道-

  • ¥0

    無料

感情のコントロールがうまくいかない、原因不明の体調不良、眠れない、対人恐怖など、「心のストレス」によって引き起こされた問題を解決していきます。心の問題の解決方法。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ココロと上手におつきあい!-悩み解決のホントの近道-
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年07月20日
 
発行部数
508部
メルマガID
0000268116
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ココロと上手におつきあい! 
~悩み解決、願望実現のホントの近道~  第 282号 2018/7/20

【感情を感じきることはとっても大事だけれど、長い旅です。もっと大事なこと。】
                 発行人 :金城 利佳

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

こんにちは
オレンジ物語 心理カウンセラー金城りかです。


それでは今日もまいりましょう。

心のご機嫌いかがですか?


―――――――――
■ 心のコラム
―――――――――

先日キネシオロジーのセッションに来てくださったからから感想をいただきました。



その方は、辛い出来事を持ち前の力強さやポジティブさで乗り越えてきたのですが、

その一方で悲しみが残っていて、それを涙と共に感じることができました。

すると、後日、この歌を聞くと必ず泣く という歌を聞いても平気。

涙が出なかったそうです。

自分から聞くことはないけれど、試しに聞いてみたそうです。




また、
(当時の記憶とリンクする)ある景色を見ても、平気。涙が出なくなっていました。

とおっしゃっていました。




また、ある、小さいお子さんを育てているお母さんがキネシを受けに来られたのですが、この方も「子どもにイラっとすること」が「わがまま」とリンクしていることがわかりました。



言いたいことを言うと  わがままと言われる。だから言わなかった。迷惑をかけたくなかった。

甘えたかったけれど 甘えられなかった。わがままできなかった。



そんな自分が小さいころの気持ちを思い出しました。

そして
その悲しみを感じることができました。




すると、後日、子どもへの気持ちが変化したとのことでした。

同じような行動でもそんなに気にならなくなったとのことでした。




このように、日の目をみなかった「過去」の感情は、似たような出来事や状況を通じて「今」サインを送っていることが多いです。


もう一度感じてもらって、ちゃんと「感情」のお役目を果たすことができたら、「感情」はそこにいる必要はないのです。




「感情」のお役目とは

「情(動)」を「感」字てもらうことです。



今、「悲しみ」をかんじているのだとしても

「過去」に感じた悲しみ が浮上していることが多いのです。



だから、

「過去」 「誰に」本当は

なんといってほしかったのか。

何をしてほしかったのか。

何をしないでほしかったのか。



それを表現したり、感じたりすることで、癒しのプロセスが一つ進みます。



なので、この感情を感じることがセラピーではとっても大事です。



が!

それがとてもしんどいことがあります。

あまりに傷ついた出来事だったら、その傷の痛みをもう一度感じるわけですから、

痛くて痛くてしょうがないわけです。

物理的に心臓が痛くなるのです。



できるだけ、そういった痛みがでないように、やわらかにプロセスが進むようにキネシオロジーで調整するのです。



が、それでも痛いときってありますよね。


そういう時は、プロセスをいったん中止してもいいと思うのです。





ほんとうは、感情を感じきった方がいい これが理想。

時々、そんな自分を観察するのもおすすめ これが理想。

でも
やっぱりできるときと できない時があります。




あまりに辛すぎるときは、少し休んでくださいね。

気を紛らわせていいんです。

逃げたっていいんです。



少しずつ、自分への向き合い方や感情の感じ方がわかってくるとやわらかなものになってくるから。




感情を感じることをやめないで。

時々でいいからトライして。

でも逃げていいんです。

優しくしていいんです。

少しずつです。


心理カウンセラー 利佳



↓↓ 次回は1Day開催です!久しぶりの休日開催( *´艸`)

 キネシオロジーナビゲーション1Dayセミナー 

 【9/8(土)10:00~17:00】

 ・リッスンボディー 
 身体の声を聴くセミナーです。


http://www.orange810.com/workshop/000303.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〇メルマガ名: ココロと上手におつきあい!
        ~悩み解決、願望実現のホントの近道~

〇発行者 : 金城 利佳 (心理カウンセラー)

〇公式サイト: http://www.orange810.com

〇ブログ: http://ameblo.jp/orangetheray/

○FB公式ページ :https://www.facebook.com/kinesicounseling

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ