人権ジャーナリストの会

  • ¥0

    無料

国内外の人権情報を出版・報道・新聞などで活動するジャーナリスト、関連論文発表などをする研究者、表現するNGOなどの情報共有のために発行する。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
人権ジャーナリストの会
発行周期
週刊
最終発行日
2009年04月03日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000269496
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > メディア

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://jjahr.ganriki.net/ ※ 移転しました

     人権ジャーナリストの会    週刊 2009年04月03日 13号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎設立趣意

 「人権の世紀」といわれる21世紀は、急速に地球上を覆ったインターネット
を通して国境を越えた膨大な情報がかけめぐる時代です。グローバル化に伴う民族対立、
深刻化する環境破壊、国際間の経済摩擦、開発・援助をめぐる企業活動によって新たな人
権問題が次々と生まれ、それは一国内に留まらず、世界的な課題として広がっています。
 またインターネットを活用した市民メディアが多く生まれ、さまざまな立場の
人々が世界に向けて情報発信している。そのおびただしい情報の海の中で、良質で、的確
な情報を選び出し、社会的に発言しているジャーナリストの責務は、ひときわ重くなって
きています。とりわけ、日本と国際社会の間に横たわっている情報の壁を乗り越え、日本
から世界へ、世界から日本へと国際的なネットワーク、協力関係を構築していくことが求
められています。

 人権の問題に深い関心を抱いている私たちは、日本各地で取り組まれている多
様な動きに目を配り、互いに協力、支援していく関係を築いていきたいと考えています。そ
のために世界各地のジャーナリストたちとの間で正確で良質な人権情報の共有化を図らなけ
ればなりません。日本や世界のジャーナリストたちが互にエンパワーしながら、ジャーナリ
ズムの発展に貢献していきたいと願っています。

           http://jjahr.ganriki.net/
           新装移転しております

 {事務局より}
 デジタルメディアの発達で増大した情報の中で、メディアが発信した人権関連
のトピックスをピックアップして週刊メールマガジンとしてお届けいたします。
 大手メディアのインターネット情報発信とともに、有意義で興味深い全国のジャーナリス
トの情報発信をもインターネット経由でアクセス可能となってまいりました。
 相互のエンパワーメントと情報交換のツールとして人権ジャーナリストの会のメールマガ
ジンがお役に立てればと考えています。多くのジャーナリストの方々からの情報提供を期待
いたします。
 HPの充実更新もしてゆきます。
 ご感想・情報提供など今後ともよろしくお願い申し上げます。
 毎週土曜日の発行ですので下記までメールでお寄せ下さい。
    事務局メールアドレス jjahr.info@gmail.com 



※   ※   ※   ※

 事務局の体制整備とHPの改編など、新年度からの再開準備のため、
 長期間の配信停止となってしまい、本当にすみませんでした。
 改装中、途上ではございますが
 下記にホームページアドレスが変更となりました。

        http://jjahr.ganriki.net/


 新たな出発でございます。
 ご心配をおかけして誠に申し訳ございませんでした。
 新年度のスタートとともに、間もなくお手元に!

 鋭意、情報発信を再開でございます。


   深謝

      
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ