化粧品の薬事

  • ¥0

    無料

既に化粧品会社にお勤めの方だけでなく、化粧品会社に就職したいと思っている方、広告代理店として化粧品の仕事を取りたいと思っている方にも是非読んで頂きたいメールマガジンです。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
化粧品の薬事
発行周期
第1、第3水曜日
最終発行日
2009年12月16日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000269663
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             『 化粧品の薬事 』
              
―「医薬品・化粧品等広告の実際」がマスターできる―

      ★薬事法は誰でも簡単に学べます。★

詳しくはhttp://www.yakujihou.co.jp/a/をご覧下さい

第33号(09/12/16)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□

 既に化粧品会社にお勤めの方だけでなく、

  化粧品会社に就職したいと思っている方、

   広告代理店として化粧品の仕事を取りたいと思っている方

             にも是非読んで頂きたいメールマガジンです。

                    By 薬事博士(業界の情報通)



*******************************************************************
第33号のメニューはコチラです。

 0.化粧品の薬事の考え方

 1.Q&A

 2.化粧品のマーケティング

    石鹸通販(その6)
   
 3.化粧品広告表現の研究

 ■■編集後記
******************************************************************




=================================

0.化粧品の薬事の考え方

=================================

●化粧品の開発や広告を行っていく上で、化粧品の薬事の考え方を

 理解しておくことはとても重要なことです。

●薬事法2条3項は化粧品をこう定義しています。

 この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、

 魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに

 保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で

 使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が

 緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、

 第1項第2号又は第3号に規定する用途に使用されることも併せて

 目的とされている物及び医薬部外品を除く。

○この定義を医薬品・部外品の定義と比較すると次のように言えます。

 1.医薬品→薬理作用があるのが医薬品

 2.部外品→薬理作用が緩和なのが部外品

 3.化粧品→薬理作用がない(物理的作用)のが化粧品


○結局、薬事は化粧品を次のように考えていると言えます。

 表皮と真皮層の間で、潤わせたり、柔らかくしたり、ハリを与えたり、

 キメを整えたり、きれいにしたりするのが化粧品




△▼△▼〈PR〉△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

LLP薬事法有識者会議にご入会を!

当会では化粧品会社の薬事とマーケティングのコンサルティングを

行っております。月会費5万円(税別)でA4-20枚までの

原稿チェックと代替案提案を行います。

化粧品通販売上TOP10社中6社は当会コンサルタントのコンサルを

受けています。年商100億,200億と伸び盛りの企業や年商1億の

立ち上げ早々のベンチャー企業にも幅広くアドバイスさせて頂いております。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△




=================================

1.Q&A

=================================

●ご質問

 皮膚に塗ってよくマッサージすると温かくなるクリームについて、サー

 モグラフィを使って体表温度の上昇を広告で表現しようと考えています

 が、可能でしょうか?


回答はこちら
 >>> http://ameblo.jp/yakujijohou3/entry-10411566143.html



△▼△▼〈PR〉△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

          化粧品の薬事に必携の資格

          コスメ管理者が開講中です!

○コスメ管理者とはどんな資格ですか?

 化粧品の販促に必要な薬事の知識の習得を認定する民間資格です。

○どういうメリットがあるの?

1薬事に強くなります!

 皆さん媒体審査で苦労していませんか?

 でも薬事法に照らし合わせるとおかしな媒体審査も少なくありません。

 たとえば、「美肌」をNGとしたり、「医師が出ていたらダメ」など

 など。。。これらは薬事法をよく知っていると、「それはおかしい」

 と媒体に再考を求めることが出来ます。

2薬事に強いと見られます!

 広告制作会社、広告代理店の方々にとってはこれはとても大切なこと

 です。  ⇒ビジネスチャンスが一気に広がります!

○どうしたら資格が取得できますか?

 受講方法はインターネットを使ったイーラーニング方式です。

 ⇒お好きな時間に受講することが可能です。

 詳細はこちらをご覧下さい。

 >>> http://www.yakujihou.net/license3.html

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△




=================================

2.化粧品のマーケティング

  ◎石鹸通販(その6)◎

=================================

●大ヒットの石鹸通販。そのマーケティング戦略に迫ります。


○石鹸による洗顔の効果として「日やけによるシミ予防」(化粧品の効能

  図表(37))は言えるのでしょうか?

○(37)はUV製品に限るとして、これを否定する議論もあります。

○しかし、効能範囲表はそういう限定をするときは、歯のホワイトニング

 のように、※で限定をしています。

 (37)にはそういう限定は付いていません。

○また、(36)で「日やけを防ぐ」という効能を認めています。これがU

 V製品を念頭においたものに他なりません。

 日やけをしなければ「日やけでシミができる」ことはありえません。

○その他に(37)があるということは、(36)からは導きえないことを(3

 7)で定めたと解釈するのが合理的です。でないと(37)はお粗末な立法

 ということになります。

○「日やけしないからシミはできない」

 これがUVのロジックですが、これは(36)から論理必然的に導きう

 ることです。

 (37)はこれとは別の意味、「日やけはするがシミはできない」とい

 う意味と解釈するのが合理的です。

○そうすると、(37)はUV製品を規定したものだという解釈はおかし

 いことになります。



△▼△▼〈PR〉△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

化粧品通販会社 株式会社アルマダ 代表取締役三浦陽成

当社では新卒セミナーをやるとすぐ百人くらい集まってきます。

化粧品会社って人気ありますね。

でも、実際の仕事となると薬事を知らなければ化粧品の通販では使いも

のになりません。

ですから、当社では就職希望者にまず「コスメ管理者」を取得するよう

に勧めています。

 詳細はこちらをご覧下さい。
 >>> http://www.yakujihou.net/license3.html

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼




=================================

3.化粧品広告表現の研究

=================================

●化粧品の広告には薬事法という壁があります。

 この壁を乗り越えないとオーバーチュアやアドワーズの広告もできま

 せん。

  逆にこの壁を乗り越えられると優位な立場に立てます。

●薬事法の広告規制をさらに細かくしたものとして医薬品等適正広告基準

 があり、医薬品等適正広告基準の公式解説本として「広告の実際」

(じほう社)という本があります。この本はすべての行政官が持って

 おり、ビジネス側も必須の書です。

●しかし、この本はとてもわかりにくいので事例をまじえて

 このコーナーで解説していくことにします。

 以下、基準とは医薬品等適正広告基準のことを指し、引用ページは

 「広告の実際」2006年版のページを指します。

●化粧品の次の広告はどうでしょうか?

 **************************************************************

      厚生労働省に許可された薬用化粧品です


 **************************************************************

解答はこちら
 >>> http://ameblo.jp/yakujijohou3-2/entry-10411569093.html




○もっと詳しく勉強されたい方は・・・

 薬事法.comのメールマガジン
 「薬事法コンプライアンスのノウハウ―薬事の虎―」に

                       ご登録下さい。

 コチラからどうぞ

 >>> http://www.yakujihou.com/mail_magazine.html




△▼△▼〈PR〉△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

   化粧品の販促において薬事の専門家として認識される資格

        『コスメ管理者』が開講致しました!

○期間は、最短で約1ヶ月。

○費用は5万円(税込)。

○これであなたも化粧品の薬事のプロになれます!

○資格保有者の鈴木絢子さんは20代の若さにしてフリーランス、自己

 所有の都心の高層マンションに愛犬2匹と生活するというセレブライ

 フを満喫しておられます。

   ~絢子のセレブログ2 http://ameblo.jp/ayako810/~

●詳細はこちらをご覧下さい。

 >>> http://www.yakujihou.net/license3.html

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼




=================================
■■編集後記
=================================
●いつもご愛読ありがとうございます。

 今号をもちまして、しばらく休刊させていただきます。

 代わりにと言っては何ですが、しばらく休刊していた「3年後に営業利

 益2億円!」をリニューアルして年明けより再開します。

●お問合せ、ご質問はinfo@yakujihou.com へお気軽にどうぞ。

●また、当会のホームページ http://www.yakujihou.com もご覧頂き、

 是非ご入会下さい。きっと売上UPのソリューションが得られます。

●売上アップのための無料個別相談会も行っております。

 当会の事務局にお出で頂ければ1時間から1時間半の無料のコンサルが

 受けられます。

お申し込みはこちらへ

 http://www.yakujihou.com/cgi-bin/mail/index.html


 何かご質問があればメールでお寄せ下さい >>info@yakujihou.com
 





《自分で学べる薬事の知識》

[すべて無料サンプルあります]

 http://www.yakujihou.co.jp/a/


#1.健康食品・化粧品・雑品 代替表現集

   ―NG表現の変え方がわかります―

●配信総数5000超!業界人の誰もが読んでいるメルマガ「薬事の虎」の
 人気コーナーが本になりました。

●広告表現で薬事の壁にぶち当たったときに助けてくれる本です。

●目からウロコと大評判

 [価格]1万円(税込)


#2.3時間で分かる!景表法(不当表示)

   ―消臭サプリ排除命令に学ぶ―

●なぜ消臭サプリが排除命令を受けたのかがわかります。

●合理的根拠の提出要求にどう応えればよいのかがわかります。

●排除命令を受けない広告の作り方がわかります。


 [価格]1万円(税込)


#3.3時間で分かる!医薬部外品

   ―150万本売れる育毛剤の謎―

●なぜ育毛剤が150万本も売れたのかがわかります。

●部外品の戦略的な使い方がわかります。

●部外品の取得方法がわかります。

 [価格]1万円(税込)


#4.健康食品・薬事法コンプライアンスのノウハウ(第11版)

   ―10年に及ぶベストセラー―

●薬事法をはじめとした健康食品を取り巻くあらゆる法規がわかります。

●取締情報がわかります

●ビジネスノウハウがわかります

 [価格]1万円(税込)



◇いずれも詳しくはhttp://www.yakujihou.co.jp/a/をご覧下さい。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メールマガジン]
『化粧品の薬事』

□最新号バックナンバーはこちら
 http://www.mag2.com/m/0000269663.html

[発行元]LLP薬事法有識者会議
[住 所]〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-38-3 ウエスト館2102
[電話番号]03-5465-1375

[公式サイト] http://www.yakujihou.com
[お問合せ] info@yakujihou.com

配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000269663.html

発行システム『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    このメールマガジンの無断転載・無断引用は禁じます
  All Rights Reserved (c)2008 by LLP薬事法有識者会議


      ≪メールマガジン姉妹編刊行のお知らせ≫

当会には余りある知識と情報が蓄積されています。その知識と情報をリ
ソースとしてまぐまぐより姉妹編メールマガジンを刊行しています。

好評刊行中
 『薬事法コンプライアンスのノウハウ -薬事の虎-』
       
 薬事関係者の誰もが読んでる必携メールマガジン。
 当会が取得した最新情報、ライティング例、「セミナー情報」や
 「お得な知識」など、盛りだくさんの内容で配信しております。

 配信をご希望の方はこちらからどうぞ!
 >>> http://www.yakujihou.com/mail_magazine.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ