農家のためのインターネットde産直講座

  • ¥0

    無料

農家のためのインターネットde産直講座ではネットを使って農産物を販売したい方、ネット産直をしているが成果に満足できない農家の方に、Webマーケティングを駆使して産直を成功させるためのノウハウや成果につながるホームページの作り方を解説します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
農家のためのインターネットde産直講座
発行周期
不定期
最終発行日
2008年07月25日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000269668
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2008/7/25━━

農家のためのインターネットde産直講座 創刊準備号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページをビジネスに活かしたい方は http://www.kplus-inc.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。

【農家ブログ】の柴田です。

本日から農家がインターネットを活用して産直をするための講座を開き
ます。

インターネットは農家が自分で作った農産物を直接消費者に届けるツー
ルとしては最適です。しかし一方でただ単にホームページを立ち上げて
売りたい物を載せれば売れるという単純なものでもありません。

この講座ではパソコンやマーケティングの初心者で、直接販売をしたこと
のない農家の方でもインターネットで産直するノウハウを身につけられる
ように、いろいろな観点から解説していきます。

どうぞこの講座を利用して、誇りと自信のもてる農家産直を成功させて
ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さてそれでは、今回は創刊準備号としてノウハウなどの解説に先立って、
農家のインターネット産直をとりまく現状、背景についてお話してみよう
と思います。

北海道のミートホープに始まって、秋田の比内地鶏、中国産ウナギの産地
偽装、農薬入り餃子などなど、私たちの食の安全に関わる事件が後を絶ち
ません。

また新興国の発展などもあって、世界的に食料不足が問題となっており、
日本の食料自給率の低さが懸念されています。マグロが捕れなくなるとか、
海外でお米が不足しているとか、こういった問題も連日マスコミで取り上げ
られています。

こういった状況の中で、消費者の関心が明らかに変わってきていることを
皆さんは感じられていますか?

さまざまな規制緩和などで安い外国産農産物や海外からの輸入食品が私た
ちの生活にたくさん入ってきました。
一般庶民の所得が上がらない状況の中で、消費者は食費を抑えたいという
気持ちが強く、自然に安い食品に目がいっていました。

ところが食の安全、食料不足といった、今まで考えたこともない食に対す
る不安がいろいろと出てきたことで、消費者のそれまでの食に対する考え
方が変わって来ています。

「多少高くても、できるだけ安全で安心な食べ物を買いたい」

このように思う消費者が確実に増えています。

もう少し突っ込んで考えてみましょう。
安全で安心な食べ物とは、どのようなものでしょうか。

「どこで、だれが、どうやって作ったものか」
この情報がしっかりとしていれば、消費者は安全で安心な食べ物という認識
ができます。

この視点で見ると、農家の産直はこういった消費者の求めるものにぴったり
だと思いませんか?

まさに農家がこういった情報をしっかりと出せば、それが今の消費者が求め
るものに合致するのです。

そして農家が情報を出す手段として最適なのが、言うまでもなくインターネット
なのです。

インターネットを使って、消費者の求める情報を発信する、そうすることで
自らの生産した農産物を直接消費者に届けるということが、可能となるのです。

今、まさに時代が農家のインターネット産直を求めています。

次回は、農家がどういった情報を発信すれば農産物を売るということができる
のかを解説してみたいと思います。

────────────────────────────────

編集後記

出かけた折、道の駅の農産物直売コーナーでトマト、きゅうり、トウモロコシ
を購入しました。
どれも新鮮で美味しかったのですが、絶品はトウモロコシ。
とても甘くて、まさに旬な味を堪能しました。そういえば何年か前に訪れた
札幌大通公園の焼きトウモロコシも美味しかった!
また訪れたいものです。(夏に)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
農家のためのインターネットde産直講座

◇編集・発行◇
有限会社ケイプラス
代表取締役 柴田 幸治(しばた こうじ)

◇公式サイト◇
http://www.kplus-inc.com/

◇お問い合わせ◇
http://www.kplus-inc.com/category/1216844.html

◇登録・解除◇
http://www.mag2.com/m/0000269668.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ