『学び合い』メールマガジン

  • ¥0

    無料

上越教育大学・西川純教授が提唱している『学び合い』に関するメールマガジンです。全国各地で開催される研修会の情報や、『学び合い』に関する実践などをお届けします。「みんな」で『学び合い』を『学び合い』ましょう!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
『学び合い』メールマガジン
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月08日
 
発行部数
1,541部
メルマガID
0000270912
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
     『学び合い』メールマガジン☆第81号
       2017年7月8日(土)発行
                読者数:◆1,540人
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

この夏の研修のご予定はお決まりですか?
是非、教室『学び合い』フォーラムにおでかけください。
今年は大阪府枚方市での開催となります。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

第13回 教室『学び合い』フォーラム 2017 in 関西
  『学び合い』からはじまる ともに生きる社会
    〜一人も見捨てない 世界を目指して〜

■ 日 時  平成29年(2017年)8月5日(土)、6日(日)
■ 後 援  大阪府教育委員会、枚方市教育委員会、守口市教育委員会
■ 会 場  枚方市立メセナ枚方会館
■ 参加費  4000円(高校生以下無料)

★★★参加受付け中(申込みはこちらから)★★★★
http://kokucheese.com/event/index/466766/

■ 概 要
 2017年夏の教室『学び合い』フォーラムは,大阪府枚方市を会場に「ともに生きる社会」の
実現に向けた教室,学校,地域のあり方をテーマに開催します.
 子どもたち一人ひとりが多くの人と協力しながら未来の社会を創る時代は,すぐに訪れます.
AI等の発展が現実のものとなり,20年〜30年もすると今はない新しい職業が半数を超える
とも言われています.インターネット上のバーチャルな世界が発展していく中で,現実の社会
では有用な情報やつながりにアクセス出来る人と出来ない人との格差がひろがっています.
 
・変わりゆく社会の中で,「人と人とがつながること」,「ともに生きること」の
 重要性がますます大きくなるのではないか.
・新しいものに対しての「学び続ける力」,「アクティブ・ラーナーであり続ける力」が
 必要なのではないか.
・多様な人と折り合いをつけて,「答えのない問い」に対してどう対応していくのか
 
 これらの課題に対して,子どもたちの有能性を信頼し,どんな教室・学校をつくっていくのか,
『学び合い』を通じて検討・共有することの出来るフォーラムにしたいと考えております.

■ 目 的
「一人も見捨てない」教育を目指した『学び合い』の考え方を軸に,多様な参加者同士が
以下の点について考えを交流し深め合うことで,これからの日本における教育活動の発展に寄与する。
 (1)すべての子どもが安心して楽しく学び続けられる教室・学校の在り方
 (2)地域の中の学校の在り方
 (3)子どもたちが担う未来の社会に向けて、必要とされる力をつけることの
    できる教室・学校の在り方

※『学び合い』とは,上越教育大学教職大学院教授西川純氏が提唱する学校教育に対
 する考え方です。「全ての子ども」を「全ての場面」と「全ての期間」において,
 教育の目的である「人格の完成」を保障し,子どもたちの学習を担保することを目
 指したものです。 
 『学び合い』は以下の3つの考え方によって成り立っています。

 【学校観】 「学校は,多様な人と折り合いをつけて自らの課題を達成する経験を
       通して,その有効性を実感し,より多くの人が自分の同僚であること
       を学ぶ場である」
 【子ども観】「子ども集団は有能である」
 【授業観】 「教師の仕事は,目標の設定,評価,環境の整備で,教授(子どもから
        見れば学習)は子どもに任せるべきだ」

■ 参加対象
大阪府・及び近畿・全国の幼・保・小・中・高等学校教員,大学関係者,教師を志す学生,
保護者・児童生徒・子ども支援団体関係者・まちづくり関係者など

■ プログラム

・8月5日(土)

12:30 受付
13:00 開会(場所:ホール)
大会委員長あいさつ 片桐 史裕 先生(上越教育大学教職大学院)
13:10 《基調講演》
西川 純 先生(上越教育大学教職大学院 教授)

14:00 休憩

14:15 《対談》テーマ「ファシリテーション×『学び合い』」(場所:ホール)
ちょんせいこ 先生(株式会社ひとまち 代表取締役 ホワイトボード・ミーティング®開発者)
阿部隆幸 先生(上越教育大学教職大学院 准教授)

15:45 休憩

16:00 分科会1(6会場)
16:45 フリートーク
18:00 1日目閉会 諸連絡 懇親会案内


・8月6日(日)

9:40  受付
10:00 2日目開会、黙とう、諸連絡
10:10 《シンポジウム》「失敗から学ぼう!」
内容:『学び合い』実践者によるシンポジウム 
司会:水落芳明 先生(上越教育大学教職大学院 教授)
登壇者:桔梗友行先生(兵庫県西宮市立深津小学校教諭)
    福島哲也先生(大阪府東大阪市立花園中学校教諭)
    今井清光先生(東京都立科学技術高校教諭)
    深山智美先生(長崎県佐世保市立相浦西小学校教諭)

11:40 諸連絡・昼休憩

12:30 分科会2(6会場)
13:30 分科会3(6会場)
14:30 フリートーク
15:45 閉会式
16:00 終了

★★★参加受付け中(申込みはこちらから)★★★★
http://kokucheese.com/event/index/466766/

教室『学び合い』フォーラムHP
https://manabiai.jimdo.com/

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ