タロットで幸運に乗る!

  • ¥0

    無料

占いは何より自分のためにやるべきです!悪運を避け幸運に乗るためにタロット占いを始めてみましょう。タロット占いは面白くて、奥が深いものです。ここから人生が開けますよ。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
タロットで幸運に乗る!
発行周期
週刊
最終発行日
2009年05月24日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000270944
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 占い > タロット

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ☆★☆★☆★☆タロットで幸運に乗る!<第37号>★☆★☆★☆★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■■■■■ <コラム5>■■■■■

        /////☆意外に饒舌なマルセイユ版☆/////
 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 タロット占い師ORPHEUS(オルフェウス)です。
 最近、迷走している感じがするこのメルマガですが、今回、いったんコラムを
挟み、しばらく休刊させていただきます。

 とにかくじっくり原稿を書く時間が取れなくて、中途半端になってしまいそう
なので、ここらでインターバルが欲しいところなのです。
 楽しみにしてくださっている方にはご迷惑をおかけしますが、わがままをお許
しください。

 さて、今回のコラムは「意外に饒舌なマルセイユ版」についてです。

 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 みなさんが普段お使いになっているデッキは、ウェイト版か、その流れをくむ
ものが大部分かと思います。

 このメルマガでも、タロット占いを学習し始めた最初のうちはウェイト版を
使うように推奨してきましたし、私自身も、実際の鑑定作業ではウェイト版を
メインにしていますが、実はマルセイユ版も結構併用することが多いのです。

 ウェイト版(およびその流れをくむ様々な新作タロット)に比べ、マルセイユ
版の絵って稚拙な感じがしますよね。
 でもその稚拙さがいいのです。

 最近のデッキはCGなどを取り入れたりして、美しく、かつわかりやすくデザイ
ンされたものも多いですよね。
 そういうデッキは、鑑賞用にはいいのですが、お節介なほどしっかり描かれた
絵っていうのは案外、イメージを固定させてしまいやすく、占いに使用すると
フレキシビリティに欠ける面があります。

 初心者のうちはイメージがわかりやすい方が安心という部分もあるでしょうが、
しかし、さまざまな鑑定依頼に応えなければならないプロの立場から言わせても
らえば、イメージの固定化はかなり危険なことです。
 タロット占いを「おみくじ化」してしまうことにもつながります。

 たとえばたいていのデッキの「正義」の絵っていうのは、厳しい裁きを予感さ
せる絵が多いのではないでしょうか。

 でもマルセイユ版の「正義」は無表情で、裁く気があるのか諦めているのかも
よくわかりません。
 しかし、その曖昧さの中に占い師のイメージが入り込んでいく余地があるので
す。

 このメルマガの主旨である「ひとり占い」とは離れてしまいますが、タロット
占いにおいて依頼者との対話は非常に大切です。
 依頼者の言葉や態度は、カードの内容と密接に関わり合いながら、占い師に
ある種の霊感をもたらします。
 「カードの内容と密接に関わり合いながら」という部分がポイントです。
 依頼者の話は時に一方的だったり嘘が混じっていたり、部分的だったりして
すべてを鵜呑みにするわけにはいきません。タロット占い師は依頼者の発する
ヴァイブレーションに鋭敏になりつつも、最終的にはカードの展開によって、
状況を判断していきます。
 その時に固定化されたイメージしか湧かないデッキがどれほど使いづらいか
おわかりですよね?

 マルセイユ版の絵は、デッサン的には稚拙さを感じさせますが、その半面、
描写は細かいという特徴があります。
 それはオカルト的な象徴が丁寧に描きこまれているということでもあります。
 ですから様々なひっかかりがあり、多様な見方ができます。
 つまり単純な「下手な絵」ではないのです。
 むしろ、あえて稚拙な感じに仕上げてあるのだと思います。

 適切な例えではないかもしれませんが、精緻でアカデミックな具象画よりも、
どこかデッサンが崩れたような感じがするゴッホやセザンヌの絵の方に世界の
本質的な部分を感じることもしばしばあると思いますが、それとちょっと似て
いるような気もします。

 わかりやすくアレンジされた表現は、世界を浅くしがちです。
 そうではなく、世界の本質をガシッと鷲づかみにして表現しようとすれば、
具象のわかりやすさからは離れていくこともあるでしょう。
 そういう風に表現された作品は、こちらから耳を傾けようとしなければ
そっけない話しか語ってくれませんが、聞く耳があれば、ものすごく深い話を
語ってくれます。

 ですから時にウェイト版系統のデッキに閉塞感を感じた時など、マルセイユ
版を使うと、妙に解放感を覚えることがあります。

 みなさんも機会があれば、マルセイユ版を手にされるのも、世界を広げる
一助になるかもしれませんよ。

 ただし!

 マルセイユ版の小アルカナには要注意。
 占いに使っていけないわけではありませんが、「絵をして語らしめる」タロッ
ト占いの世界からはやや離れます。
 むしろ数秘術の世界に近いものがありますね。

 その辺りをミックスした占いをしたい方にはいいでしょうが、いずれにしろ、
とっつきにくいですので、マルセイユ版を使う時は大アルカナのみを使う方が
無難でしょう。

 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 では、しばしインターバルを挟みます。

┏★☆★タロットで幸運に乗る!★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行人:ORPHEUS(占い師オルフェウス)
※このメールマガジンの内容を許可なく転載することを禁じます
■オルフェウスのタロット占いサイト「オルフェウスのタロット」
http://dreamandhope.net/tarot/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ