これなら分かる タロット占いのコツ

  • ¥0

    無料

タロットカードを活用して、人生を変える神秘の世界に触れてみませんか? タロットカードを使えるようになりたい初心者のための学習メルマガです。ウェイト版およびトート版に準拠します。

   

メールマガジン最新号

★★★

”これなら分かる!  タロット占いのコツ”

                    ☆☆☆☆


こんにちは。大変ご無沙汰しております。Qooです。



今回は、初心者のご相談であまりに多くて
頭が痛いものがあったのでメルマガにしてみました。



あの本にはこうかいてあった。
あの先生はこういってる。


いったいどれが正しいんだ???


というパターンの質問です。




たとえば、ある本やある指導者は


「逆位置? 使わなくていい。基本的に気にしなくていいよ」

と言っています。わたしはこっちの立場をとっています。


ところが、違う本や違う指導者は

「逆位置を使わない? どうやって使うんだよ?」

と言っているわけです。数としてはこちらのほうが多いようですね。




ま、結論からいいますとですね。

「どっちでもいい。ただし、自分で「こっち」と決める必要がある」

という結論になります。



正位置・逆位置の話でいえば

*逆位置は使わない派の主張

「どのカードにも、いわゆるいい意味もあれば、悪い意味もある。
同じカードの違う側面でしかないのだから、正逆というわけかたを
する必要性はない。」

「初心者に逆位置を教えると、機械的なリーディングに陥るケースが
多いので、逆位置解釈を教えるのはよろしくない。」

「ウェイト版(ライダー版)のウェイト、トートの書のクロウリー、
共に逆位置解釈は採用していない。」


*逆位置を使う派の主張

「昔からそうやって使ってたから、使うのが当たり前だと思ってた」

「どうやるのか分からない」(初心者)

こんな感じです。



これはデッキによって使い分ける人もいますが、全てのカードで逆位置をとる
解釈をすることも可能ですし、逆に逆位置解釈を一切使わないのも簡単です。


ただ、特に初心者のうちは、逆位置解釈は一切使わずに、学ぶほうが、
学びは大きいと、私自身は思っています。
カードの大まかな意味、というものをとりあえず把握した上で、
ポジティブに出た時、ネガティブに出た時、というのを
”自分の感性”で感じてもらうのが上達の近道だからです。



でもね、こういう部分というのは、たいていの場合

「自分(本人)がすっきりすれば、どっちでもよい」

のです。


相談されれば、わたしの意見はオープンにしますけど、
「マイルール」を自分できちんと決めて、
とりあえず実践を繰り返してください。
というのをいつも言ってます。




カードの意味についても、

「人によって言う事が違う、どれが正解なんだ?」

という質問がよくくるのですが


1.「なにでもいいから。とりあえずどれか1つに決めろ!」

2.「それで、実際に使ってみろ」

3.「実践していく中で違和感が出たら、自分でしっくりくるように変えてみろ」


だいたい、この3ステップで解決します。


悪魔のカードを、恋愛復活のカード と定義してもよいですし
世界のカードを、世界の終わりのカード、と定義してもよいです。


宗教でもないのに、本や先生の言葉を聖典のように勘違いしてしまう
パターンって多いみたいですが、「自分の解釈辞書は自分で作る」
これ、基本です。

先人の智恵だからといって、そのまま全てをまねする必要もないですし、
自分で思いついていないからといって、全てを否定する必要もありません。

過去からの遺産は、上手に取り入れてください。

ではごきげんよう。



=================================================================
【タロットのコツ 第?号】
                   (不定期発行)
◆ このマガジンに関する質問や、ご感想はそのまま
  このメールへご返信下さい。


   発行 :Qoo  (@ STELLA MARIS )

    copyright(c)2006 stella maris All Rights Reserved

---------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
これなら分かる タロット占いのコツ
発行周期
不定期です。
最終発行日
2009年05月19日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000271166
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 占い > タロット

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ