社会保険労務士のお役立ち情報

  • ¥0

    無料

社会保険労務士が日々の活動で相談を受けた事例の解説や就業規則、助成金、社会保険、労働保険、労働基準法などのお役立ち情報を御案内させて頂きます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
社会保険労務士のお役立ち情報
発行周期
不定期
最終発行日
2013年04月30日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000271724
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★★   社会保険労務士のお役立ち情報 Vol.50 2013/4/30 ★★
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんにちは!
はじめて、メルマガを受信された方、はじめまして。

兵庫県宝塚市の川添社会保険労務士事務所の社会保険労務士 川添です。

ゴールデンウィーク真っ只中ですね。
私は、残務の処理やパソコンの設定で毎日、出勤していますが・・・

パソコンを入れ替え、サクサクと非常に快適ですが、初期設定が完全に
終わっておらず、少し不便です。

今回は平成25年3月に新設された「若者チャレンジ奨励金」という
助成金をご紹介致します。

弊事務所も現在、数件を処理しているところです。
ご検討頂ければ幸いです。


【若者チャレンジ奨励金】

この助成金は正社員としての雇用経験等が少なく職業能力形成機会に
恵まれない若者を、新たに有期契約労働者として雇い入れ、当該有期
雇用期間中に正社員として必要な能力を習得させるための訓練を実施
する場合と、既に有期契約労働者等として雇用している若者に、正社員
として必要な能力を習得させるための訓練を実施する場合に活用する
ことができます。


【受給条件】

1.雇用保険の適用事業主であること。
2.35歳未満の有期雇用労働者(期間の定めのある雇用契約者)を
  雇用すること。
3.上記2の労働者を正社員に転換する予定があること。
4.上記2の労働者の労働条件が基本的に正社員と同等であること
  (有期雇用であることを除く)。
5.労働局長の認定を受けた訓練実施計画に基づき上記2の労働者に
  訓練を実施すること。
6.上記2の労働者に労働局長の認定を受けた、下記【対象職業訓練】
  を受けさせること。

*上記2の労働者が過去5年以内に訓練を実施する分野で正社員として
概ね、3年以上継続して雇用されたことがない者であって、登録キャリ
アコンサルタント(ハローワーク・商工会議所等に在籍)により若者
チャレンジ訓練に参加することが適当であると判断され、ジョブ・カード
の交付を受けることが必須です。
すでに在籍していても、上記の要件を満たせばジョブ・カードの交付を
受けることが出来ます。


【対象職業訓練】

1.自社内での実習(OJT)と座学(OFF-JT)を組み合わせた
  訓練であって、全体の訓練時間にOFF-JTの占める割合が
  1割以上9割以下であること。

2.1ヵ月当たりに換算した訓練時間が130時間以上であること。

3.訓練期間が3ヵ月以上2年以内であること。

4.実習(OJT)と座学(OFF-JT)のそれぞれについて、訓練
  科目、実施内容、実施時間が明確にされた訓練カリキュラムを作成
  すること。

5.ジョブ・カード様式4(評価シート)を作成し、それによって
  訓練受講者の職業能力の評価を行うこと。

*OJTとOFF-JTの両方、またはどちらか一方について、実際に
実施した時間数が計画した時間数の8割を下回る場合は、奨励金は支給
されませんのでご注意下さい。



(後半へ続く)
--------------------------------------------------------------------

川添社会保険労務士事務所の無料相談

→ http://www.sr-kawasoe.jp/category/1156149.html

(お急ぎの方は電話やFAXのお問い合わせも受付ています)

--------------------------------------------------------------------
起業&創業サポート

→ http://www.sr-kawasoe.jp/category/1249975.html

(お急ぎの方は電話やFAXのお問い合わせも受付ています)

--------------------------------------------------------------------
(後半スタート)


【申請の手順】

1.対象労働者の選定
2.職業訓練カリキュラムの作成
3.助成金センターに職業訓練計画の提出
  (原則、職業訓練開始の1ヵ月前まで)
4.対象労働者にジョブ・カードの交付を受けてもらう
5.職業訓練の開始
6.訓練終了の後、正社員登用
7.訓練奨励金の支給申請(上記6から2ヵ月以内)
8.正社員雇用奨励金の支給申請
  (上記6から1年経過後2ヵ月以内、2年経過後2ヵ月以内)


【受給額】

1.訓練奨励金 訓練実施期間に訓練受講者1人1ヵ月当たり15万円

2.正社員雇用奨励金 訓練終了後、訓練受講者を正社員として雇用した
  場合につき、1人当たり1年経過時に50万円、2年経過時に50万円



EX)訓練期間6ヵ月 正社員後2年経過 訓練受講者1人の場合

   訓練奨励金=15万円 × 6ヵ月 ・・・ 90万円
   正社員雇用奨励金=50万円(1年経過時)+50万円(2年経過時)
                          ・・・100万円

   合計 190万円の受給になります。


*平成25年度(平成26年3月31日までの意味です)の暫定措置で予算
に限りがあるため、支給額が予算額に達する見込みになった場合、打ち切り
になる可能性があります。
ご利用を検討されるのであれば、早めに対策をお考えになることをお勧め
します。

*事務処理にある程度の知識が必要になると思われますのでご注意下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

就業規則や賃金管理あるいは、助成金、社会保険、雇用保険、労災などで
お悩みなら・・・

http://www.sr-kawasoe.jp/category/1156149.html

でお気軽にご相談下さい。

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。

*************************************
 【発行元】
  兵庫県宝塚市小林1丁目3-12
        ルミエール逆瀬101号
    川添社会保険労務士事務所 
    社会保険労務士 川添  章 
  TEL:0797-72-5931 FAX:0797-72-5932
Email: info@sr-kawasoe.jp
URL: http://www.sr-kawasoe.jp/
 
  *免責事項 この情報に関していかなる保証も致しかねます。
*************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ