新医学と切手の極意<鉄人レター>

  • ¥0

    無料

エイズと血液の研究に長年携わってきた発行者の知識と経験を基に、最新の情報と知見を加えて、エイズを含めた性行為感染症に関する正しい知識を身につける為のメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
新医学と切手の極意<鉄人レター>
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年06月30日
 
発行部数
404部
メルマガID
0000271982
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□□□ エイズは正しい知識を身につけることで予防可能な病気です!! □□□■


■□□□□□□□□□ 正しい知識を身につけて予防 □□□□□□□□□□□□■

              新・医学と切手の極意

                 鉄人レター         

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
 
2018/06/30(No.125)
                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ■■  ED(男性機能障害)  ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今回は年齢に関係なく起きるED(男性機能障害)について解説いたします。
 
============================================================================
 □ ED(男性機能障害)とは

 ED(男性機能障害:Erectile Dysfunction)とは、勃起障害のことを言います。

 性交時にペニスが十分な勃起をしない、また勃起維持ができないため満足な性交が
行えない状態を言います。

 従来まで使われていた"インポテンス"とは全く勃起しないことを意味していました
が、広い意味で性行為が行えないことを現在ではEDと言うようになっています。

==============================================================================
□ 勃起とは

 性的刺激が脳に伝えられ、神経を介してペニスに伝わると陰茎海綿体の動脈が大きく
拡がり血液が流れ込みペニスが勃起します。

 これが正常な勃起です。

 血管自体に動脈硬化などの障害があると陰茎海綿体の動脈が拡がらないため、十分
な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらない、あるいは性交に十分な満足えられる勃
起が得られないという症状が発生します。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ 勃起不全の症状としては

 勃起時に十分な硬さが得られない、勃起しても性行為の途中で萎えてしまう等の症
状があります。

 性交時に全く勃起をしない従来のインポテンスより幅広く解釈されています。

===============================================================================
            ★血液の鉄人からのお知らせ★
===============================================================================

 『新 医学と切手の極意』は、サイト運営強化のためにカンパをお願いしています。
 サイトを利用・当メルマガをお読みになって"お役に立てたとき"は、カンパをお願
い致します。

http://tetsujin.hiho.jp/kanpa.html

-------------------------------------------------------------------------------
 HIVを含む性行為感染症に関する相談がありましたら、『新医学と切手の極意』の
「電話相談室」をご利用下さい。
   ↓
http://tetsujin.hiho.jp/tel/tel.html

 また、「エイズ相談掲示板(PC専用)」でも相談を受け付けております。
        ↓
http://tetsujin.hiho.jp/kiyaku/kiyaku.html

携帯電話からは、「携帯電話専用エイズ相談掲示板」をご利用下さい。
             ↓
  http://tetsujin.hiho.jp/keitai/keitai.html

===============================================================================
それでは続きをどうぞ
===============================================================================
 □ 勃起不全の種類・原因

 種類・原因としては、機能性と器質性があります。

 機能性は、EDの大部分を占めており心因性と言われ、緊張や自信喪失などの心の問題
に起因します。

 機能性とは自慰は勃起可能であり、世間で言われるいわゆる"朝立ち"はすることが
多い状態です。

 器質性とは勃起に必要な神経や血管に実際に障害があることで、原因として多いのは
糖尿病による血管閉塞や神経障害などがあります。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ EDの診断と検査

 糖尿病などの基礎疾患がないかどうかの一般的な血液検査と、加齢性腺機能低下症
(LOH症候群)との鑑別診断のためにホルモン検査を行います。

 ※男性更年期障害(LOH症候群:Late Onset Hypogonadism)とは、加齢に伴い男性ホル
モンの一種のテストステロン値が低下することによる症候を言います、これは男性の
更年期障害です※

 現在EDの効果的な薬剤があるため、薬物治療が中心になります。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ EDの薬剤

 EDの薬剤としては、陰茎の海綿体平滑筋を拡張させ、陰茎への血流を増加させる作用
があります。

 薬剤としては、バイアグラ・シアリス・レビトラがあります。

 ED薬の効果は個人差があることから、専門医を受診して自分に適したED薬を処方して
貰う必要があります。

 シアリス・レビトラ・バイアグラ等のED薬は内服しただけで自然に勃起しませんので、
当然性的刺激が必要となります。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ EDの起こる原因

 EDは加齢によってのみに起こるのではなく、年齢に関係なく若い人でも起こります。

 毎日の生活パターンがEDの原因になることもあります。

 日々の生活でストレスを貯める、不規則な食事を続ける、運動不足、連日の飲酒など
毎日の生活パターンが原因となって起こることが多いと言われています。

 また、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の人は普通の人に比べて、ED
になるリスクはさらに高くなります。

 糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病にかかると、EDになるリスクが高く
なるのはこのためです。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ ED薬について

 ED薬のを正しく使用する方法や、ED薬の作用機序・副作用については次号で紹介し
ていきます。

===============================================================================
 ※まとめ※
===============================================================================
 年令に関係なく起きるED(男性機能障害)を正しく理解していただくことを目的で解
説いたしました。

 よく読まれて正しく理解して頂ければ幸いです。
 
===============================================================================
 『理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき-』
          ↓      ↓      ↓
          http://tetsujinsan.blog8.fc2.com/      

にも是非とも訪問してください、定期的に更新してお役に立つ情報を発信しています。

===============================================================================
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                                
 今号をお読み頂き、いかがでしたか?
 お役に立ったと思われた方は、是非ともワンクリックをお願いします。
                   ↓ ↓  ↓
              http://clap.mag2.com/heafrealat?ed1

 今後の編集の参考にさせて頂きます。

 お手数をおかけしますが宜しくお願いします。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

=========================================
◆編集後記◆
=========================================

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ご理解いだけましたでしょうか。

本メールマガジンへの感想・ご意見・ご質問・ご要望等がございましたら、ご遠慮
なくご連絡下さい。

メールを受け取り後24~48時間以内に必ず返信致します。

★ http://form.mag2.com/thaedousti★

【ご注意】

★★フリーメールの、「Yahoo!メール」や「Gmail」は、スパム対策を取っていま
すので、送信されたメルマガが「迷惑ホルダー」に送り込まれますのでご注意下
さい。

出来れば、「Yahoo!メール」や「Gmail」をご使用にならず、プロバイダのメールア
ドレスを使用されれば確実にメルマガを受け取ることが出来ます★★

次回発行は、2018年7月下旬を予定しておりますのでご期待下さい。

-----------------------------------------
****************************************

★最後に次の点だけは、何卒、ご了承のうえご購読下さい★

●このメールマガジンは、長年エイズ研究に従事しその間に有した経験と知識を
基にして、内外の学会・専門雑誌・各国の情報をも参考に出筆し、万全を期して
おりますが、ご利用により、発生したいかなるトラブル・損失等に対しても、発
行者は一切責任を負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

また、記事の一部又は全部の転載を禁じます。

===========<新医学と切手の極意 鉄人レター>=============

発行者 : 血液の鉄人
ウェブサイト : http://tetsujin.hiho.jp/
ご意見、ご感想: http://form.mag2.com/thaedousti

=========================================

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ