新医学と切手の極意<鉄人レター>

  • ¥0

    無料

エイズと血液の研究に長年携わってきた発行者の知識と経験を基に、最新の情報と知見を加えて、エイズを含めた性行為感染症に関する正しい知識を身につける為のメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
新医学と切手の極意<鉄人レター>
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年04月30日
 
発行部数
401部
メルマガID
0000271982
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□□□ エイズは正しい知識を身につけることで予防可能な病気です!! □□□■


■□□□□□□□□□ 正しい知識を身につけて予防 □□□□□□□□□□□□■

              新・医学と切手の極意

                 鉄人レター         

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
 
2018/04/30(No.123)
                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ■■ スーパー淋菌について ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今回はよく騒がれているスーパー淋菌について解説いたします。

============================================================================
 □ スーパー淋菌とは

 2008年に日本の風俗店員から初めて検出された淋菌の一種です。

抗生物質への耐性を持つ新種の〝スーパー淋菌「H041」"と呼ばれています。

==============================================================================
□ イギリスでも発見

 2018年3月、東南アジアで女性と性行為をしたイギリス人男性が、既存の抗生物質が
効かないスーパー淋菌に感染していたと発表されています。

 イギリスに於いても淋病は二番目に多い性行為感染症です。

 イギリスに於いては淋病の治療では、アジスロマイシンとセフトリアキソン、とい
う2種類の抗生物質を併用しますが、今回の症例はこれらの抗生物質にその効果が認
められなかったということです。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ スーパー淋菌とはどのようなものなのか

 淋菌感染症の治療にはペニシリンをはじめとした抗生物質の使用により比較的簡単に
治癒していましたが、抗生物質の使用を続けていると抗生物質に耐性を持つ淋菌が誕生
し、抗生物質が効かなくなることが起きていました。

 その為に効き目のある次の新しい抗生物質を使用することになり、しかしまた暫くす
ると新しい抗生物質も効き目が無くなり、また次の新しい抗生物質を使用するというイ
タチごっこを繰り返している内に、抗生物質が効かないスーパー淋菌が生まれたという
ことです。

 どの様な細菌についても言えることですが、淋菌感染症の治療と抗生物質の戦いは、
まさにいたちごっこの歴史です。

===============================================================================
            ★血液の鉄人からのお知らせ★
===============================================================================

 『新 医学と切手の極意』は、サイト運営強化のためにカンパをお願いしています。
 サイトを利用・当メルマガをお読みになって"お役に立てたとき"は、カンパをお願
い致します。

http://tetsujin.hiho.jp/kanpa.html

-------------------------------------------------------------------------------
 HIVを含む性行為感染症に関する相談がありましたら、『新医学と切手の極意』の
「電話相談室」をご利用下さい。
   ↓
http://tetsujin.hiho.jp/tel/tel.html

 また、「エイズ相談掲示板(PC専用)」でも相談を受け付けております。
        ↓
http://tetsujin.hiho.jp/kiyaku/kiyaku.html

携帯電話からは、「携帯電話専用エイズ相談掲示板」をご利用下さい。
             ↓
  http://tetsujin.hiho.jp/keitai/keitai.html

===============================================================================
それでは続きをどうぞ
===============================================================================
 □ 日本性感染症学会が定めるガイドライン

 2015年10月現在、日本性感染症学会が定めるガイドラインには以下の3つが保険適用を
有し、確実に有効な薬剤として定められています

 1.セフトリアキソン(CTRX:ロセフィン)

 2.セフォジジム(CDZM:ケニセフ、イノセフ)

 3.スぺクチノマイシン(SPCM:トロピシン)

 ※オーグメンチンや、アメリカではアジスロマイシン2g(ジスロマックSR)も多用さ
れています※

-------------------------------------------------------------------------------
 □ 淋菌の薬剤耐性とスーパー淋菌

 スーパー淋菌とは、一言に言えば淋菌感染症の治療に使用される抗生物質セフトリア
キソンに耐性を持つ菌が登場したということの一言に付きます。

 現在、淋菌はニューロキノンおよびテトラサイクリンでは約80%、第3世代経口セフ
ェム系薬では30~50%ほどの耐性率があると言われています。

 特に第3世代経口セフェムでは常用量ではいずれも効果は見られなくなっており、
抗菌力が最も強いセフィキシムでもある程度の効果が認められていますが、効かない
事例も多数報告されています。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ スーパー淋菌対策

 スーパー淋菌は、淋菌感染症治療の特効薬と言われてきたセフトリアキソンにも耐性
を持つと言われており、既に2006年から2007年にかけての研究結果において、セフトリ
アキソンに耐性を持つ淋菌の存在は報告されており、今に始まったことではありません。

 日本で1986年に発売されて以降セフトリアキソンが淋菌の治療に適応されるようにな
ったのは2004年ですが直ぐに耐性淋菌は出現しています。

 細菌が生き残るために抗生物質に耐性を持つことは自然のことです。

 そもそも日本で耐性菌が出やすいのは、多くの医師たちが抗生物質の機序や効果を良
く理解しないまま、好き勝手に乱用することと、第一選択とされるセフトリアキソン等
の注射薬を使わないで、飲み薬だけで治療することが原因と言われています。

 逆にセフトリアキソンばかり使っていても耐性株ができてしまいます。

 日本の医師はその両極端の人が多いことから耐性菌が発生すると言われています。

 耐性菌は抗生物質の間違った使用、乱用で自らが生み出したものです。

 抗生物質の効かないスーパー淋菌が登場したと騒がれていますが、これは耐性菌が
増えたということであって、これまで使用されてきた抗生物質が全く使用できなくな
ったということではないことを理解することが必要でしょう。

-------------------------------------------------------------------------------
 □ 淋菌に対する考え方

 近年、淋菌は着実に抗生物質耐性を得つつあり、抗生物質が効きにくくなってきてい
ます。

 2016年、国連が抗生物質耐性は「世界にとって、最も大きく、最も切迫したリスク」
であると宣言し、米国疾病予防管理センター(CDC)も、淋病が治療不可能な疾患にな
ろうとしていると警告しています。
 
===============================================================================
 ※まとめ※
===============================================================================
 スーパー淋菌について正しい知識を持っていただくために解説いたしました。
 
===============================================================================
 『理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき-』
          ↓      ↓      ↓
          http://tetsujinsan.blog8.fc2.com/      

にも是非とも訪問してください、定期的に更新してお役に立つ情報を発信しています。

===============================================================================
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                                
 今号をお読み頂き、いかがでしたか?
 お役に立ったと思われた方は、是非ともワンクリックをお願いします。
                   ↓ ↓  ↓
              http://clap.mag2.com/heafrealat?hiv/superrinkin

 今後の編集の参考にさせて頂きます。

 お手数をおかけしますが宜しくお願いします。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

=========================================
◆編集後記◆
=========================================

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ご理解いだけましたでしょうか。

本メールマガジンへの感想・ご意見・ご質問・ご要望等がございましたら、ご遠慮
なくご連絡下さい。

メールを受け取り後24~48時間以内に必ず返信致します。

★ http://form.mag2.com/thaedousti★

【ご注意】

★★フリーメールの、「Yahoo!メール」や「Gmail」は、スパム対策を取っていま
すので、送信されたメルマガが「迷惑ホルダー」に送り込まれますのでご注意下
さい。

出来れば、「Yahoo!メール」や「Gmail」をご使用にならず、プロバイダのメールア
ドレスを使用されれば確実にメルマガを受け取ることが出来ます★★

次回発行は、2018年5月下旬を予定しておりますのでご期待下さい。

-----------------------------------------
****************************************

★最後に次の点だけは、何卒、ご了承のうえご購読下さい★

●このメールマガジンは、長年エイズ研究に従事しその間に有した経験と知識を
基にして、内外の学会・専門雑誌・各国の情報をも参考に出筆し、万全を期して
おりますが、ご利用により、発生したいかなるトラブル・損失等に対しても、発
行者は一切責任を負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

また、記事の一部又は全部の転載を禁じます。

===========<新医学と切手の極意 鉄人レター>=============

発行者 : 血液の鉄人
ウェブサイト : http://tetsujin.hiho.jp/
ご意見、ご感想: http://form.mag2.com/thaedousti

=========================================

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ