7世代に思いをはせて

  • ¥0

    無料

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」イロコイ族の格言。 現代は7世代どころか四半期先の業績に右往左往する時代。そんな世界のニュースを7世代先に思いをはせて読み解きます。先祖から受け継いだこの美しい星を、7世代先の子孫に残すために。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
7世代に思いをはせて
発行周期
週刊
最終発行日
2017年12月09日
 
発行部数
141部
メルマガID
0000273399
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」
ネイティブ・アメリカン(イロコイ族)の格言

゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★
先週に引き続き、
アイスランドからの声をお届けします。

今週は、ニュースからではなくて、
今年の春に知り合った、
アイスランドのグリーンレフト党の国会議員からです。

グリーンレフトから首相が誕生したことを受けて、
お祝いのメールをお送りしていたのですが、
早速、お返事をいただきました。


「左派と右派との大連立はアイスランドでも未知の領域だけど、
強くてみんなをやる気にさせてくれるカトリーン首相が舵をとるので、
未来は明るいと思っている。」

「画期的なことに、環境大臣には国会議員ではない、
アイスランド最大の環境NGOのリーダーが任命された。
この新政権が環境保護に本気だってことがはっきりわかるだろう?」


なんともうらやましいというか、
アイスランドはわたしにとっては、
ほんとうに「社会的おとぎの国」です。

とは言え、この「おどぎの国」では、
ひとりひとりの国民がどんな社会を作りたいのか、
どんな権利がまだ侵害されているのか、
いつも考え、行動していることも知っています。


うらやましがってばかりいないで、
私も考えて、行動しよう!

とっても元気をいただいた
アイスランドからのメールでした。


= 関連サイト =
英文ですが、アイスランドの新環境大臣の記事です。
■Head of leading conservationist and environmental NGO named Minister of Environment
Iceland Magazine 2017/11/30
http://icelandmag.visir.is/article/head-leading-conservationist-and-environmental-ngo-named-minister-environment
★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★


++ 今週の気になるニュース  ++
私にとって、アイスランドが「社会的おとぎの国」ならば、
アメリカはますます「悪夢」のような国になっていきます。
また暴力の連鎖が広がることにならなければいいのですが。。。
■エルサレム首都認定 米議会から称賛の声
毎日新聞 2017年12月8日
https://mainichi.jp/articles/20171209/k00/00m/030/029000c?inb=ys

■<エルサレム首都認定>「怒りの日」 各地で抗議デモ
毎日新聞 2017年12月8日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000088-mai-int


++ イベント紹介 ++

■こどもの貧困を考える PART3
日時 12月17日(日) 13:30~16:40
場所 神戸市勤労会館大ホール(JR三宮東南徒歩4分)
講演 子どもの貧困~子どもたちの「まずは、ごはん!」をどう支えるか? 
    徳丸ゆき子さん
参加費 500円(学生・低所得者300円 高校生以下無料)
主催 こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
問合せ先 高橋秀典 090-3652-8652
<徳丸ゆき子さん プロフィール>
大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO/シーパオ)代表。大阪府生まれ。
NPO法人にて不登校、ひきこもり支援に従事した後、2002年より国際協力NGO
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに所属。国内事業を担当。子どもの社会参画、
子どもの貧困、東北大震災復興支援のスタッフを経て、2013年に現団体設立。



いよいよ2週間後に迫ってきました!
私が司会を務めさせていただきます♪
☆関野吉晴 & 星川淳 トークライブ& 語・舞・音
【ネイティブアメリカンの口承史一万年の旅路〜特別イベント】
アフリカから南米まで人類拡散の道のり「グレートジャーニー」を逆ルートでたどった
【探検家・関野吉晴さん】と
アメリカ先住民の社会と知恵に注目して著作活動を展開する
【作家/翻訳家・星川淳さん】のトークライブ&舞・音楽。

開催日:12月24日 日曜日
場所:西宮市プレラホール(プレラにしのみや 5F)
http://www.futaba-kagaku.co.jp/plela/access.html
参加費:¥3000 (予約制) ※学生・車イスの方 ¥1500 定員:300名

〈タイムスケジュール〉
開場 【13時30分 】開演 【14時30分 】
○関野吉晴さん トーク【14時30分〜15時45分 】
テーマ「私達はどこへ向かうのか、先住民の知恵から学ぶ」

○星川淳さんトーク【16時00分~17時15分 】
テーマ「物語の力」

○語・舞・音 アートコラボ【17時30分~18時30分 】
ネイティヴアメリカンの口承史『一万年の旅路』より
〜「二人の逞しい兄弟」の章〜 語り・鹿島さゆり

○関野吉晴さん× 星川淳さん 対談【18時45分~20時】
テーマ「我々は何処に行くのかーー現在地/足跡/行方」予定

チケット購入に関しては、さゆりさんにお問い合わせか、
鹿島さゆり:ciel-infini_sayuri@i.softbank.jp /090-6482-3201
イベント詳細ページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/496060124089115/

関野吉晴さんって、すごい方です。ぜひ動画をご覧ください。
■グレートジャーニー 人類の旅~この星に、生き残るための物語
https://www.youtube.com/watch?v=Av5_TqgR2uE



【後記】
先週までお知らせしておりました、
コープ自然派兵庫さんが主催してくださった
「ハッピークリスマスwithかおる先生」には、
たくさんの子育て中の女性たちがお子さんを連れてご参加くださいました。
アイスランドの女性の大ストライキや、新しい女性首相のこと、
そして民主主義1000年の歴史などについてお話させてもらいましたが、
みなさんに「とっても元気がでた。自信がついた。」とコメントをいただき、
私もとても嬉しく想いました。
アイスランドの元気な風を、日本に届ける機会をいただいたことに感謝です。


++ ++ ++ ++
 素晴らしい夢をみて、それを行動に移せ
 ナバホ族の格言
++ ++ ++ ++


♪ 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 ♪


♪♪ 発行者プロフィール ♪♪
小橋かおる 「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」著者。
2004年の出版以来、アフガニスタンとイラクの子どもたちの支援を続けています。
2011年からは福島の子どもたちの健康を守る活動も支援させてもらっています。
できることをコツコツ、じわじわ続けたいと思います。
「花と爆弾」HP:http://www1.plala.or.jp/cheko/kaoru/
ブログWords for Peace: http://flowersandbombs.blogspot.com

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ