7世代に思いをはせて

  • ¥0

    無料

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」イロコイ族の格言。 現代は7世代どころか四半期先の業績に右往左往する時代。そんな世界のニュースを7世代先に思いをはせて読み解きます。先祖から受け継いだこの美しい星を、7世代先の子孫に残すために。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
7世代に思いをはせて
発行周期
週刊
最終発行日
2018年07月21日
 
発行部数
137部
メルマガID
0000273399
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」
ネイティブ・アメリカン(イロコイ族)の格言

゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★
西日本を襲った豪雨から、
2週間が過ぎました。

広島、岡山、愛媛と比べると
神戸に降った雨は少なかったですが、
それでも六甲山のあちらこちらの山肌が削られているのを
通勤の車窓から見つけます。

西日本の被災地では、
もっともっと大きな被害があっても、
なかなか報道もされず、支援も届いていないのではないかと、
案じています。

被災地の自治体の皆さんは、
きっと懸命に救助、支援の業務に当たられていると思いますが、
その活動をしっかりと支える
必要な物資や人手を確保するために、
政府は緊急に補正予算を組むべきだと思います。


「被害の大きさからして、数兆円規模の補正は必要です。
まず、安倍首相はすぐに補正の編成を表明して、
来週にでも臨時国会を開いて速やかに成立させるべきです。」
(政治評論家・山口朝雄氏)*


補正予算も後回しにして、
与党が成立させたカジノ法。

この国の政府は、いったい誰のための政府でしょう?


= 引用サイト =
*安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに
日刊ゲンダイ 2018年7月20日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/233614/1

= 関連記事 =
■不信任案を野党が提出 午後カジノ法案成立
毎日新聞2018年7月20日
https://mainichi.jp/articles/20180720/dde/001/010/056000c
゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★


++ 気になるニュース  ++

外国軍の基地を造るために、辺野古の海が埋め立てられようとしています。
おかしいですよね?
■「豊かな海 殺すのか」 抗議の声 国に届かず 
辺野古護岸開口部閉鎖
琉球新報2018年7月20日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-764978.html


++ イベント紹介  ++
いよいよ来週です!
10年前まで専業主婦だったレイチェルさんが、
いかにグローバルコーディネーターとして活躍するにいたったのか?
彼女を突き動かす平和への思い、活動についてじっくりお話しいただきます。

★ 花と爆弾チャリティ・トーク会
主婦から通訳へ ~レイチェルが駆け抜ける世界~
講師:レイチェル・クラークさん(通訳・グローバルコーディネイター)
日時: 2018年7月28日(土) 14:00~ (開場 13:30)
会場: 神戸市婦人会館 (4F もくれん)
    JR「神戸」駅下車、北へ徒歩5分・湊川神社西隣
    https://www.kobe-fujin.org
    キッズ・スペースあり(お子さま連れ大歓迎!)
参加には、1000円の募金をお願いします。(学生、お子さんはお気持ちで)
問い合わせ: 「花と爆弾」小橋かおる kaorukobashi@hotmail.com
主催:「花と爆弾ーもう、戦争の暴力はやめようよー」
詳細:http://whatsnew-on-flowersandbombs.blogspot.com/2018/06/2018728.html
facebook:https://www.facebook.com/events/178604336191454/


国連や国会で避難の権利、被ばくを避ける権利を主張されている
森松 明希子さんのお話を、ぜひ直に聞いてください。

☆福島から母子避難7年『避難の権利』と憲法
~国連人権理事会で世界に伝えた母たちの願い・子どもたちを被ばくから守って!~
日時: 2018年7月25日(水)午前10時30分~12時
会場:神戸学生青年センター(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
http://ksyc.jp/facilities/map/
講師: 森松 明希子さん 
   原発賠償関西訴訟原告団代表・東日本大震災避難者の会Thanks&Dream代表
参加費:600円 ※託児(無料)があります。
    必要な方は前々日までに予約してください。
主 催 : (公財)神戸学生青年センター


いよいよ明日です。
司会進行を務めさせてもらいます。

★「原発の町を追われて」上映会&シェアリング
日時   2018年7月22日(日) 14:00~16:30(開場:13:30)
場所   こうべまちづくり会館(神戸・元町)
参加費  一般 500円 原発避難者 200円 高校生以下無料

「これは過去のこと?それとも明日のわたしたち?」
 もしも若狭湾の原発で重大事故が起きれば、
神戸に住む私たちに何が起きるのか、どうすればいいのか?
原発事故によって避難を余儀なくされた双葉町の人びとを追った
ドキュメンタリー映画と、関西へと避難されてこられた方のお話をもとに、
一緒に考えてみませんか?
問い合わせ:高橋 bugad205@hi-net.zaq.ne.jp
主催:さよなら原発神戸アクション
詳細:http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-entry-170.html




++ ++ ++ ++
 素晴らしい夢をみて、それを行動に移せ
 ナバホ族の格言
++ ++ ++ ++


♪ 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 ♪


♪♪ 発行者プロフィール ♪♪
小橋かおる 「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」著者。
2004年の出版以来、アフガニスタンとイラクの子どもたちの支援を続けています。
2011年からは福島の子どもたちの健康を守る活動も支援させてもらっています。
できることをコツコツ、じわじわ続けたいと思います。
「花と爆弾」HP:http://www1.plala.or.jp/cheko/kaoru/
ブログWords for Peace: http://flowersandbombs.blogspot.com



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ