7世代に思いをはせて

  • ¥0

    無料

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」イロコイ族の格言。 現代は7世代どころか四半期先の業績に右往左往する時代。そんな世界のニュースを7世代先に思いをはせて読み解きます。先祖から受け継いだこの美しい星を、7世代先の子孫に残すために。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
7世代に思いをはせて
発行周期
週刊
最終発行日
2017年08月19日
 
発行部数
141部
メルマガID
0000273399
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」
ネイティブ・アメリカン(イロコイ族)の格言

゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★
アメリカ・バージニア州シャーロッツビルで、
白人至上主義者へのカウンターデモに参加し、
人種差別反対を訴えられていたヘザーさんが、
デモの列に突入した車によって、命を落とされた事件はご存じと思います。

17日の追悼集会での、最愛の娘を奪われたお母様の言葉を、
ご紹介させていただきます。

***   ***
(白人至上主義の)連中は、私の娘を黙らせようとした。
そうしたらどうなったかって?
あの娘の声をもっと大きくしただけ。

心に留めておいてください。
あなたが激怒していないとしたら、
それは、ぼんやりしているからです。
注意して、間違っていることを見つけてほしい。

無視しないで、
目を背けないでください。

しっかり見て、自分に言い聞かせてください。
有意義なことをするには
自分はどうすればいいか。

皆さんがそうすれば
私の子の死は意味のあるものになる。

自分の子がいてくれた方がいいけど
あの子を諦めなくちゃいけないなら
あの子の死を無駄にはしませんよ。
***   ***

「有意義なことをするには、
自分はどうすればいいか」

しっかりと心に刻み、
動いていこうと思います。
合掌


こちらのリンクで、スピーチの動画をご覧になれます。
■シャーロッツビル衝突で死亡女性の母「あの子の声はむしろ大きくなった」
BBCジャパン 2017年8月17日
http://www.bbc.com/japanese/video-40957331

= 関連ニュース =
■白人至上主義者へのカウンターデモに車で突入、20歳の男を殺人容疑で逮捕 
アメリカ・バージニア州
Huffingtonpost 2017年08月13日
http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/13/man-arrested-after-car-crash-in-virginia_n_17742826.html
★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★


間違っていることを見つけて・・・

今週15日、沖縄の辺野古米軍基地建設反対運動に奮闘されている
山城博治さんの講演会に行ってきました。
本土にはあまり伝わってこない情報もたくさん教えてもらいましたが、
そのひとつに与那国島の自衛隊派遣の影響がありました。
家族も入れると200人を越える自衛隊関係者が移住したことによって、
与那国の町長や町議会選挙の結果にも影響を与えているそうです。
与那国の変わりようを伝えるニュースをリンクします。
■与那国陸自配備から1年、迷彩服往来で島の風景一変
琉球新報 2017年3月29日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-469190.html


17日には、原発賠償ひょうご訴訟の傍聴に行きました。
福島第一原発事故によって故郷を離れての生活を余儀なくされた方々の無念と、
国と東京電力の無責任さを痛感する裁判です。
あのような大惨事を引き起こしながら、責任を回避させては、
第二、第三の原発事故を、彼らは起こすでしょう。
それはあってはならないことです。
ぜひご自分のこととしてこの裁判の行方を見守っていただければと思います。
次回は11月2日です。ひょうご訴訟の期日などの情報は、
原発賠償ひょうご訴訟 ぽかぽか★サポートチームのHPをご覧ください。
http://pokapoka-hyogo.weebly.com/3500921028123982608531243


兵庫だけでなく、全国で、関西では大阪と京都でも
同じような原発賠償訴訟が行われていますが、
京都訴訟の原告でもあり、一緒に緑の党世界大会に参加した
園田美都子さんのお話会を企画しています。
ご都合よろしければ、ぜひお越しください。

☆福島原発事故避難者のリアルを世界に伝えて
~緑の党世界大会からの発信~
【日時】2017年8月29日(火)14:00~16:00(13:30開場)
【場所】新長田勤労市民センター 4F和室(定員50人)
JR/地下鉄新長田駅から徒歩2分(TOKYU PLAZA のビルです)
【参加費】500円(原発事故避難者/障がいをお持ちの方/学生…100円)
参加者のお子さん…無料
主催:緑の党ひょうご
詳細:https://www.facebook.com/events/1656047191073213/


++ イベント紹介 ++
■ドキュメンタリを観て平和を考えるシリーズ 
第一回 「9条を抱きしめて」
(ベトナム戦争を体験したアレン・ネルソンさんの9条への思いから学ぶ)
日時:2017年8月25日(金)19時~21時 
会場:神戸生活創造センター セミナー室A http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
 JR神戸駅 南東へ徒歩3分のクリスタルビル5階 
参加費: 無料
主催:KOBEピースiネット
詳細:http://peace2014.blog.fc2.com/blog-entry-119.html
10年ほど前になりますが、
私もアレン・ネルソンさんのお話会を主催したことがあります。
他界されて、もう8年以上になりますが、
アレンさんの戦争反対の声は、ますます大きく私の胸に響いてくるようです。


++ イベント再掲 ++
☆シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告 PART1
「原発立地から見た社会の潮目」
講師: 高橋一隆さん(毎日新聞記者 小浜通信部長)
日時:2017年8月26日(土) 13:30~16:30 (13:00開場)
会場:神戸市教育会館 404号室 
JR・阪神「元町」駅(東口)より鯉川筋北へ徒歩10分
http://www.kobekhall.com/akusesu/
参加費:800円(避難者・学生400円)高校生以下無料
主催:さよなら原発神戸アクション
詳細:http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-entry-152.html
原発立地自治体の住民からも原発への懐疑の声があがっています。
原発立地を見続けてきた新聞記者さんの講演会です。


☆アイスランドの旅でみつけたもの
日時:2017年8月27日(日) 14:00~16:30  開場 13:30
場所:こうべまちづくり会館ホール
http://www.kobe-machisen.jp/access/
講師:小橋かおる(大学英語講師)
講演:アイスランド-小さな国の底力
参加費:500円
(原発事故避難者・学生 200円)高校生以下の子ども無料
お子さま連れのご参加歓迎(会場内にキッズスペース有)
主催:政治を市民の手にとりもどす会ひょうご(略称 市民の手)
問合せ先 高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp
詳細:http://whatsnew-on-flowersandbombs.blogspot.jp/2017/07/827.html

アイスランドの旅の様子を少しブログにまとめています。
報告会では、もっと詳しく社会や文化、経済などについてお話ししますが、
予告編としてお読み頂ければ嬉しいです。
■アイスランドで見つけたもの
http://flowersandbombs.blogspot.jp/2017/07/



++ ++ ++ ++
 素晴らしい夢をみて、それを行動に移せ
 ナバホ族の格言
++ ++ ++ ++


♪ 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 ♪


♪♪ 発行者プロフィール ♪♪
小橋かおる 「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」著者。
2004年の出版以来、アフガニスタンとイラクの子どもたちの支援を続けています。
2011年からは福島の子どもたちの健康を守る活動も支援させてもらっています。
できることをコツコツ、じわじわ続けたいと思います。
「花と爆弾」HP:http://www1.plala.or.jp/cheko/kaoru/
ブログWords for Peace: http://flowersandbombs.blogspot.com



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ