7世代に思いをはせて

  • ¥0

    無料

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」イロコイ族の格言。 現代は7世代どころか四半期先の業績に右往左往する時代。そんな世界のニュースを7世代先に思いをはせて読み解きます。先祖から受け継いだこの美しい星を、7世代先の子孫に残すために。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
7世代に思いをはせて
発行周期
週刊
最終発行日
2017年10月14日
 
発行部数
141部
メルマガID
0000273399
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」
ネイティブ・アメリカン(イロコイ族)の格言

゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★
「ひとりの敵は 多すぎ、
100人の友は 少なすぎる。」
ホピ族の格言


安倍政権を支持する人たちの理由に、
「北朝鮮への対応がしっかりしているから」
という声が多く聞かれるそうです。


ほんとうにそうでしょうか?

北朝鮮が欲しているのはアメリカとの和平交渉で、
日本は眼中にもなかったところを、
「圧力」のかけ声一辺倒で、
日本に火中の栗を拾うような役回りを課したのは、
安倍政権ではないでしょうか?


この国際社会においても、
ひとりの敵は 多すぎ、
100人の友は 少なすぎます。


今からでも、日本は、
圧力ではなく対話を求める、
米朝の対話の架け橋となれるよう動く
新しい政権を作らなければならないと思います。

そのための総選挙。
貴重で大切なあなたの一票です。



= 関連サイト =
ブログ再掲
■『日本人のための平和論』を読んで
http://flowersandbombs.blogspot.jp/2017/08/
★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★


++ 今回の選挙についてこんな見方も ++
■前川喜平さんインタビュー
「衆院選は加計森友隠しの安倍政権に審判下すチャンス」
BLOGOS 2017年10月13日
http://blogos.com/article/252253/

■新党誕生でハッキリ この選挙は民権主義と国権主義の戦い
日刊ゲンダイ2017年10月12日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215318/1



++ 今週の気になるニュース ++
■<沖縄ヘリ炎上>無期限制限、米「同意せず」
毎日新聞2017年10月13日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000085-mai-soci
民間地に落ちた米軍ヘリコプターに、米軍の許可がなければ近づくこともできない日本の警察。
日本では、警察よりも法律よりも憲法よりも、
米軍の機密やルールが守られるのです。
このようなことがまかりとおるのは日米地位協定があるためです。
日米地位協定の改定こそが急務です。


日本を守るとは思えない「核の傘」理論に縛られて、
核兵器禁止条約にも関与できない日本。
ICANが「被爆者への裏切り」というのももっともだと思います。

■“平和賞”ICAN、日本政府を批判
TBSニュース 2017年10月10日
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3180477.html

■日本不参加の核兵器禁止条約 野党、政府に関与求める
東京新聞2017年10月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017100802000120.html


☆朗報です!
国・東電に再び賠償命令=原状回復認めず―原発事故、3件目判決・福島地裁
時事通信社2017年10月10日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000057-jij-soci
原発賠償訴訟の中でも、原告数が最大の「生業訴訟」で、
福島地裁が、国と東電の責任を認めました。
全国の原発賠償訴訟に良い影響を与えることを望みます。


++ イベント紹介 ++
★ドキュメンタリーから学ぶ平和第2回「カメジロー-沖縄の青春-」
日時:2017年10月27日(金)19時~21時
会場:神戸生活創造センターセミナー室
   (JR神戸駅の南東すぐ。クリスタルビル5階)
参加費:無料
主催: KOBEピースiネット
問い合わせ:080-6377-2707


★第7回さよなら原発1000人集会「破たんした原発政策」
日時:2017年10月29日(日): 13:30-
会場:いたみホール(阪急伊丹駅より北へ3分。JR伊丹駅より北西へ8分)
講演「やはり原発は割に合わない」大島堅一(龍谷大学教授)
神田香織(講談師)「福島の祈り」、他。
参加費:前売券8百円、当日券千円(避難者・障がい者半額、35歳以下無料)
主催:実行委員会 090-3613-7069(北上)  
詳細:https://www.facebook.com/events/1891373427783947/



++ 「花と爆弾」の書 ++
拙著「花と爆弾」の短歌を書にしてくださった
神戸で活躍する書家の小阪美鈴氏。
この秋、「花と爆弾」から2作品を
神戸魚崎区民センター小ホールにてとても素敵に展示してくださっています。
アクセス:http://www.cskobe.com/showhall/99_blank.html
展示期間:2017年10月1日~31日迄(月曜休館)
詳細は、美鈴さんのブログをご覧下さい。
■新書道 ~Misuzu-ism~
http://shobirei.exblog.jp/237750171/



++ ++ ++ ++
 素晴らしい夢をみて、それを行動に移せ
 ナバホ族の格言
++ ++ ++ ++


♪ 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 ♪


♪♪ 発行者プロフィール ♪♪
小橋かおる 「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」著者。
2004年の出版以来、アフガニスタンとイラクの子どもたちの支援を続けています。
2011年からは福島の子どもたちの健康を守る活動も支援させてもらっています。
できることをコツコツ、じわじわ続けたいと思います。
「花と爆弾」HP:http://www1.plala.or.jp/cheko/kaoru/
ブログWords for Peace: http://flowersandbombs.blogspot.com


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ