7世代に思いをはせて

  • ¥0

    無料

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」イロコイ族の格言。 現代は7世代どころか四半期先の業績に右往左往する時代。そんな世界のニュースを7世代先に思いをはせて読み解きます。先祖から受け継いだこの美しい星を、7世代先の子孫に残すために。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
7世代に思いをはせて
発行周期
週刊
最終発行日
2018年05月26日
 
発行部数
138部
メルマガID
0000273399
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「どんなことも7世代先まで考えて決めなくてはならない」
ネイティブ・アメリカン(イロコイ族)の格言

゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★
今週は原発に関する言葉を
様々な立場の方々からうかがいました。

福島第一原発事故により故郷を汚染され、
避難を余儀なくされた方たち。

そして、その原発事故の責任はないという
原発賠償兵庫訴訟における国の弁護士の弁論と、
高レベル放射性廃棄物を地層処分するために
全国で説明会を行うNUMO(原子力発電環境整備機構)職員の説明。


原発事故の被害者の方たちが、
放射能に汚染された我が家がどのように朽ち果て、
そして同郷の人たちがどのように命を落としていったか・・・
ほんとうに胸が痛むほど具体的にお話しされ、
二度と、このような目に遭う人がでないようにと、
声をしぼりだすようにお話しになるのに比べ、


国側の弁護士も、NUMOの職員も、
なんとも大雑把に様々な理論を持ち出し、
彼らが「科学的」と言い張るからっぽな解説を試み、
なんの具体性もない結論をべったりとはりつる。


今週は、日大アメフト部の悪質タックルについて、
学生の会見と、コーチ・監督の会見がありました。
あの両者にも、
具体性と空虚さという言葉の密度の違いを感じた方が多かったと思いますが、

それ以上に、
被害者側の原発避難者の方々と、
加害者側の国の弁護士や、原子力関係の職員たちの言葉の密度、
言葉の重さの違いを感じた1週間でした。



++ 今週お話を聞いたイベント  ++
・5月20日 「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本2018 年度総会&集会
https://www.facebook.com/events/156441581691619/
・5月23日 帰還率4.3%~避難指示解除から1年の現実~
https://www.facebook.com/events/448661002235041/
・5月24日 原発賠償ひょうご訴訟 
・5月25日 科学的特性マップに関する対話型全国説明会
https://www.numo.or.jp/taiwa/2018/

facebookにそれぞれのイベントの報告を書いています。
もしも可能でしたら、ご覧下さい。
https://www.facebook.com/kaoru.kohashi
★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★



++ イベント紹介 ++
神戸大生が積極的に動いてくれて実現した講演会です
 ↓
☆海外から見る日本メディア@神戸大
講師:藤田早苗さん(エセックス大学人権センターフェロー)
日時: 2018年6月11日(月) 17:00 - 18:30
会場: 神戸大学 瀧川記念学術交流会館
http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/rokkodai-dai2.html
参加無料
<内容>
イギリス在住の藤田早苗さんによるトークイベントです。
海外と比較して、日本のメディア報道はどう違うのか。
国連の人権機関に携わっている方から、日本の人権は世界からどう見られているのか、
詳しくお話ししていただきます。
詳細:https://www.facebook.com/events/2101108560168025/



☆「ダキメルオモイ」~ 海外発信し始めた原発事故避難者の母たち ~
《避難者をモデルにした絵「ダキシメルオモイ」の絵の展示のご案内》
 福島の原発事故後、幼い命を守るため奮闘する被災者親子の絵を
描き続けている画家がいます。
「ダキシメルオモイ」http://noriakikobayashi.dosugoi.net/
絵の展示とともに海外発信を始めたお母さんたちのお話会を開催します。
日時: 2018年6月2日(土)13:30より
会場: 大阪市中央会館1Fホール
※地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」下車 徒歩6 分。
【参加費】 一般500円 避難者無料
詳細:https://www.facebook.com/events/604242923267212/



☆「生き方や価値観を見直したい
ー速さや強さを競う弱肉強食の”土俵”から降りるー」
講師:辻信一さん(文化人類学者、ナマケモノ倶楽部世話人、明治学院大学教授)
日時:2018年6月9日(土) 14:00~16:00 (13:30開場)
会場:神戸市青少年会館レクリエーションホール
JR三ノ宮駅東出口下車で徒歩3分、『勤労会館』のうちの5階と6階が青少年会館
http://kobe-youthhall.jp/?cat=8
参加費:一般 1,000円、 大学生・専門学校生 500円(高校生以下無料)
共催:神戸YWCA平和活動部、神戸YWCAピース・ブリッジ



☆いのちとくらしの映画祭with湯浅誠講演会
湯浅誠 講演会
「子どもの貧困から考える~民主主義を再考し、誰もが尊重される社会とは~」
ドキュメンタリー映画「隣る人」
日時:2018年7月8日(日)10:30~17:30 開場10:10
会場:神戸アートビレッジセンター 
神戸高速「新開地駅」8番出口より徒歩約5分
https://www.kavc.or.jp/about/#access
■タイムスケジュール■
10:30~12:00 映画上映会1「隣る人」(上映時間85分) B1Fシアター
13:30~15:00 湯浅誠講演会(90分) 2Fホール
15:30~17:00 映画上映会2「隣る人」(上映時間85分) 2Fホール
11:00~17:30 関連団体による展示ブース「つながる広場」  1Fギャラリー
映画上映と講演会のセット料金 当日1,500円  前売り 1,200円     
割引きなど詳細は→https://www.facebook.com/events/752019358520727/



++ 気になるニュース ++
■新潟知事選 立候補は3人 花角氏と池田氏の一騎打ちに
毎日新聞2018年5月24日
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180525/k00/00m/010/103000c
6月10日投開票となる新潟知事選・・・
結果は今後の原発再稼働と安倍政権のゆくえに影響を与えそうです。

他にも、「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」創設が盛り込まれた
「働き方改革」関連法案が衆院厚生労働委員会で与党などの賛成多数で可決したり、
TPP11の国内手続き前進=関連法案も衆院通過したりと、
私たちの生活に直結する重要法案が、次々と可決しています。
特にテレビには、これらの法案をわかりやすく解説してほしいと思います。

また、日大アメフト部のことも気になりますが、
同じような構造の森友問題、加計問題で、
正直な発言が聞きたいところですね。

■「首相夫妻、真実を」 籠池被告、夫妻で保釈
毎日新聞2018年5月25日
https://mainichi.jp/articles/20180526/k00/00m/040/111000c


++ ++ ++ ++
 素晴らしい夢をみて、それを行動に移せ
 ナバホ族の格言
++ ++ ++ ++


♪ 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 ♪


♪♪ 発行者プロフィール ♪♪
小橋かおる 「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」著者。
2004年の出版以来、アフガニスタンとイラクの子どもたちの支援を続けています。
2011年からは福島の子どもたちの健康を守る活動も支援させてもらっています。
できることをコツコツ、じわじわ続けたいと思います。
「花と爆弾」HP:http://www1.plala.or.jp/cheko/kaoru/
ブログWords for Peace: http://flowersandbombs.blogspot.com

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ