道州制.comマガジン「市民が日本を変える3つの方法」

  • ¥0

    無料

このメールマガジンは、市民の活力溢れる地域を育む「市民道州制」を市民の力で推進していくことを目的とし、市民グループ「道州制.com」のメンバーが管理しています。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
道州制.comマガジン「市民が日本を変える3つの方法」
発行周期
ほぼ 季刊
最終発行日
2014年11月20日
 
発行部数
281部
メルマガID
0000274486
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

========================2014.11.20
道州制.comマガジン
「市民が日本を変える3つの方法」 第36号
http://www.doshusei.com
============================

こんにちは。
いよいよ来週末11/29(土)にドイツイベント開催が迫ってきました!
おかげさまで好評をいただき、たくさんの方にお申込みをいただいています。

当日は、ドイツ人講師による楽しいプレゼンテーションのほか、
ドイツ人が家庭や学校で教わる議論のお作法のデモ、参加者全員でのワークショップ、
さらにはドイツビールでの懇親会など、盛りだくさんのプログラムでお待ちしています。
残席僅かにつき、ぜひお早めにお申込みください!

今年2014年は、第一次世界大戦開戦100周年、ベルリンの壁崩壊25周年でした。
ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国のメディアでは、
歴史を振り返る検証記事や特集がさかんに組まれ、
各国首脳による追悼セレモニーなども開かれました。

来年2015年は、第二次世界大戦終結70周年を迎えます。
中韓やアジア諸国との関係に大きな課題を抱える中、
私たちはどのように戦争について議論しあい、振り返るのでしょうか。

相手といかに感情レベルで争わずに理性的な議論をするか。
家庭や学校、ビジネスなど日常生活はもちろん、
国と国、市民と市民同士の交流にもますます必要な、
市民のリテラシーではないでしょうか。

当日、ぜひみんなで楽しく学んでいきましょう!
みなさんのご参加を心からお待ちしています。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ドイツの学校で教えている「争わない議論のしかた」
実際の授業を受けてみよう!
道州制.com提供イベント〜市民の目覚め装置シリーズ第4弾〜
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
http://www.doshusei.com

「ドイツ人は、意見の違う相手にも、まずいいところを褒める」
「日本人は反対意見を言われると、人格否定されたと思い感情的になってしまう」
「議論をしていて相手が感情的になったら、ドイツなら話をやめる」

これらはドイツ人の友人と、
「議論のしかた」について話したときに出たコメントです。

同じように戦後復興を遂げたドイツと日本ですが、
戦後の教育への取組みでは大きな差があります。
ドイツでは戦後、学校教育に立場や意見の違う人との議論のプログラムを
取り入れてきました。
そして今、ドイツはヨーロッパで尊敬を集める存在となり、豊かな地域
コミュニティが形成され、ヨーロッパの平和にも大きく貢献しています。

去る3月に本イベント第1弾としてドイツの方の話をお聞きする場を持ちましたが、
今回は一歩進んで、ドイツの議論の授業をそのまま再現してもらい、
それを我々も体験させて頂くこととなりました。

ゲストは楽しいドイツ人男女二人です。歯切れよくユーモア溢れるお話で、
楽しい場になること間違いなしです。
ビジネスマンはもちろん、先生、主婦(夫)、学生など
多くの皆さんに参加いただけましたら幸いです。
ドイツに学ぶのはサッカーだけではありません!

小さいお子様同伴の方も歓迎、入退室は自由です。

【日時】2014年11月29日(土)14:00(開場13:45)〜17:00
    #17時以降、実費1000円程度でドイツビール・ワインなどを
楽しむ懇親会を開催します。      

【場所】 品川区施設 大崎第一区民集会所 第1会議室
     東京都品川区西五反田3-6?3
     当日連絡先 090-1460-2782(藤井)

【ゲスト】
タベア・カウフさん
 28歳、ベルリン出身
 フンボルト大学アジア・アフリカ学部卒
 公財)日独協会職員
 日独交流と相互理解を促進に関わる仕事
 http://jdgtokyo.blog50.fc2.com/blog-entry-330.html
 http://jdg-shonan.ciao.jp/html/event47.html
 https://www.youtube.com/playlist?list=PL98D9438E4405F0CF

フロリアン・ガイヤさん
 東京大学 博士課程
 学業のかたわら、タレントとしてもTVなどで活躍中。

【内容】
 ドイツと日本、議論の取組みの違い(主催者)    14:00〜
 ドイツ議論プレゼンテーション  (ゲスト)    14:20〜
 ドイツ議論の模擬授業      (ゲスト)    14:40〜
 グループセッション 議論体験  (ゲスト&参加者)15:30〜17:00

 #題材は身近なものから、話題の重要テーマまでご用意しています。
 #終了後、その場で懇親会を予定

【定員】50名  #お申込みが定員に達し次第締め切らせて頂きます

【参加費】1,000円 #主婦(夫)、学生無料

【申込先】
https://docs.google.com/forms/d/1IKKJZDoAYAO4qt-5BB45HPQZVs6Eg8K-JJ8-pMP8mFI/viewform

【問い合わせ先】
道州制.com 藤井秀一
e-mail :fujiishuichi0226@gmail.com

【主催者】
 道州制.com
 自分たちの住みたい社会を自分たちで作るために活動する市民グループ
(2002年2月設立)
 http://www.doshusei.com/
 https://www.facebook.com/#!/doshusei
 著書:道州制で日はまた昇るか(現代人文社)

============================
道州制.comマガジン 「市民が日本を変える3つの方法」第36号
■発行日:2014年11月20日
■発行者:道州制.com(http://www.doshusei.com)
東京都港区芝3-28-2 カスターニ芝ビル2F
NPO政策学校【一新塾】事務局 内
TEL:03-5765-2223 FAX:03-5476-2722
■発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
■登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000274486.html
============================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ