水素文明を産み出す士官学校ML

  • ¥0

    無料

20世紀型石油文明の限界を迎え、21世紀型水素文明に転換する必要性が増しています。新しい時代を創るリーダーを量産するための『士官学校ブログ』から産まれたメールマガジンです。リーダーシップのことなど掲載しています。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
水素文明を産み出す士官学校ML
発行周期
週刊
最終発行日
2013年08月10日
 
発行部数
365部
メルマガID
0000275446
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

===============================
 水素文明を生み出す士官学校ML  再開第006号(通算第221号)
                    2013年08月10日
===============================

昨年12月16日に行われた衆議院議員総選挙に際し、佐藤さんは
次のように言いました。

◎引用1
 明日の衆議院議員選挙は、20世紀の日本、いいかえると昭和の残像を
 ひきずってきた平成20年間の日本をいったんおわらせる選挙です。
  (中略)
 一方、来年の参議院議員選挙は、新しい日本を作るきっかけとなる議員を
 選ぶ選挙です。
  ※出典:「水素文明を産み出す士官学校」メールマガジン第207号
      (2012年12月15日発行)
   http://archive.mag2.com/0000275446/20121215235818000.html

しかしながら、選挙の結果は2つとも、佐藤さんが考えていたのと
は異なるものとなりました。
佐藤さんはそれに失望しましたが、他方では、私たちが今後生き抜
いていくための活路を、災害からの避難対策に見いだしていました。

◎引用2
 来年は再び東日本大震災になるのか、尖閣諸島で戦争になるのか、
 原発がまた爆発するとか、東海東南海南海地震がおこるのか、
 よくわかりませんが、今年以上に苦しい年になるでしょう。
 災害時、せめて命だけでも安全なところに逃れるために、いまできること
 は何か? 来年はどんな年になるのか。
  ※出典:「水素文明を産み出す士官学校」メールマガジン第209号
      (2012年12月25日発行)
   http://archive.mag2.com/0000275446/20121225115000000.htm

私が最後に佐藤さんにお会いしたのは、昨年の12月30日、東京駅
八重洲口付近の居酒屋でのことでした。
仲間内でのささやかな忘年会だったのですが、そこでのメインの内容
が、上記のテーマに関する佐藤さんの講演でした。
(講演内容のブログ記事)
 ・前半 http://blog.goo.ne.jp/tachibanamiyuki/e/0b121a1d5a5eeebd24ad2d450cbf0f21
 ・後半 http://blog.goo.ne.jp/tachibanamiyuki/d/20130104

絶望的な状況でも、未来に向けた取り組みを惜しまない佐藤さんでし
たが、今年の1月に亡くなられました。
私は死に目にあうこともできず、心の支えを失ったような気持ちにな
りましたが、佐藤さんのためにできることがあるとすれば、御遺志を
受け継ぐために、佐藤さんの残された活動を続けていくことが第一だ
と思いました。

そしてこのたび、仲間が明日8月11日のコミックマーケットに出展
し、活動実績である「教育における革命・実践編」の販売や、やはり
佐藤さんが常々強く関心を持っていた、将来を見据えたテクノロジー
の活用方法についての展示を行います。
(参考)
 ・陸戦隊:コミケ「流水成道」展示物紹介(1)
  URL: http://rikusentai.jp/blog/2013/07/post-118.html
 ・ごきげんいかが:太陽光で充電可能な直流型LED電球
  URL: http://gokigen.org/2013/07/post-239.html


当日の夕方には、「佐藤浩二さんを偲ぶ會」を開催いたします。
 http://shinobukai.blog.fc2.com/

佐藤さんと20年来のお付き合いがあった経済アナリストの藤原直哉
さんをお招きし、講話をいただく予定です。
また時間中、私たちの活動の成果や、今後予定している取り組みなど
についてご紹介したいと思っております。
コミケと合わせ、ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。
(お申し込み・お問い合わせはメールフォーム、またはコミケの
 ブースにて)

===============================
メールマガジン「水素文明を生み出す士官学校ML」
発行責任者:おちむらさき
公式サイト:http://blog.goo.ne.jp/tachibanamiyuki/
メール購読の登録/解除は、↓のHPにアクセス願います。
http://www.mag2.com/m/0000275446.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ