阿毘達磨大毘婆沙論と阿含経の内容紹介

  • ¥0

    無料

仏典中最大の論文集「阿毘達磨大毘婆沙論」と仏典の基礎となっている超短い経典の集合である「阿含経典」の紹介をちびちびしていきたいと思います。

   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
阿毘達磨大毘婆沙論と阿含経の内容紹介
発行周期
隔週刊
最終発行日
2010年01月27日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000277477
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 宗教

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

また そのうちに 開始するとして

********

Tさんのはなし



Tさんは ことし 75歳になる

だから  1935年生まれか!!

昭和10年うまれ

戦後 昭和20年代は 10歳から 20歳

かれが よく 口にするのは

わしら ひとつも 楽しいことはなかった!!

でした


ローマ字で書くと  TERADA


まあ ふつうの 漢字ですね


きのうの晩

電話がかかってきました

晩の9時ごろだったかな


創価学会の 情報網からです

狭い範囲内のですが!!


創価学会の知り合いからとも 言えます


Tさんが  ひっくりかえっていて

ポートアイランドの 市民病院へ かつぎこまれたとか


病名はまだ わかりませんが

どうも 脳梗塞か 脳溢血か 脳卒中か

もっとも ぼくには これらの区別がつきません



ちなみに ぼくの母親は

ぼくが 27歳のとき

母親 57歳のとき クモマクシタ出血で 亡くなっています

倒れて 4日後に 亡くなりました

倒れた時点で もう 生き返るのは 不可能だったようです


もうすでに 1日がたっていますが

Tさんの それからの 情報はまだ 入っていません

どうも 検査をしているようですが

脳の病気だったら

治っても 重い障害が残るでしょう

あるいは 植物人間か??

あるいは 死ぬか??



どうなるんでしょうか??

彼が  楽しいことなんか ひとつもなかった という人生の

終局点で

また まったく 楽しいことの ない状態になったのです


           神仏って いないようです!!


**********

たるみに住んでいる  Tさん

自動車で 15分ぐらいのところに住んでいる 妹さん

妹さんが 電話しても (一日に 3回ほどするらしい)

出てこないので 夕方 行ったそうです

そうすると 朝刊も とっていなくて

そして Tさんは ふとんの中で つめたくなっていたとか


日曜日なので 市民病院へ 入院

まだ 検査中とか


でも  ほんとうに 不幸せな人って ずっとなんですよね!!

********

Tさんの 父親は 彼の下に 3人の妹 弟が できたあと

家出しました

もう 家庭をたもつのに しんどくなったのでしょう

戦後は じっさいに 要領がよほどよくなければ

あるいは 体力がなければ 家庭を維持するのは 困難でした


そして 中学生だった Tさんに 一家を食わせる立場に追い込みました

Tさんは 小さい弟 妹たちを 育てるために

パン職人となって 一生懸命はたらき

おとうと いもうとたちを 食わせて!! なんとか 仕事につかせました


どんなに きつい 仕事だったでしょうか

むかしだから 14時間ぐらいの 仕事は当たり前だったでしょう

ぼくも さかなやだったので 連続 14時間ぐらいの 仕事は しょっちゅうありました!!

最近は もう ほとんど 働きませんがね!! (62歳だもん)


ひるめしとか 夕食などは 仕事場ですから

立って 食べるんですよ

10分以内で!!


そして  30になる少し前に 結婚します

お見合いですよね

そして 息子が生まれて すぐに 離婚します


Tさんは 金つかいが あらかったので

と 言っていますが

パン職人ていどで そんなに 収入があるとは思いません


ぼくなどは さかなやでしたから すさまじい収入がありましたけど

パン職人では 生活かつかつが いいところです!!

雇い職人ですしね!!!


おそらくは 母親と 折り合いがつかなかったのでしょう

金があれば 母親と別居できたでしょうが

金がないので 別居は無理でしょう

よめさんに つらく あたるのは しゅうとめの 特権です^^::


そして それが つらくなったので 離婚したと 推察します


むすこさんも わりと 近くに住んでいるようですが

ぼくは 見たことがありません


ほとんど 行き来はないんでしょうね

Tさんが 死ぬとなったら 別でしょうが

障害者になったら おそらく 会いに来ないでしょう


*********

昨日 火曜日の4時過ぎに 電話があって

Tさんが お亡くなりになったと

意識はまったく もどらなかったと


そのほうが 彼にはよかったでしょう


3年前に 大腸がんで 半年入院 して そのあと 妹さんの家で

1年ほど 休養させてもらい

1年半ほどまえに やっと こちらの 自宅へ帰ってきました


それからは よく あっちこっちへ 行って 元気そうでしたが


とつぜんの 悪魔が 襲ったのですね

寝ている間に 脳梗塞とかを よく おこすそうです

*******

ぼくには わからないことだし

医者にもわからないことなんですが

血圧がそんなに 高くない人でも 脳梗塞を睡眠中に おこすことがあります


2年ほど前かな?? ぼくは よく 夢を見るほうです

あんまり Hな 夢は見ないのですが

でも たまには おとなしいHな 夢を見ます


そして 2年ほど前の あるとき

白人女性と 黒人女性を 相手にして あらゆる 技をつかって

Hを していた 夢を見たことがあります

ぼくとしての 空前絶後の すさまじい エロさで

ぼくは どうなってるんでしょうねえ

その夢から さめたとき ほんとに あの世に行ったのかと 思うほど

血圧があがっていたような気がします


あわてて 血圧の くすりを 飲みました


********


また 怒りに われを わすれるような 夢を見ることもあります

これは わりと あるんですよ

怒りに 怒りを かさねて もう どうしようもないほど

エキサイとしてしまうんです

そんなときも きっと 血圧って 上がってるんでしょうね


Tさんも かなり ひどい人生を送っていますから

その怒りのゆめの かなり 見ると思うんです


そんな 怒りの夢 (あるいは たぶん これはないと思いますが Hな夢)

で 血圧が上がり

そして 脳内が ぶちきれた!!


そして 永遠のたびに たびだった!!


そんなことじゃないのかなと 想像もします



底辺で 行き続けた Tさんは ほんとうに さびしい人生をおくっていましたよ

ぼくは 彼とときどき おしゃべりしたり 喫茶店へ行ったりしていましたが

ぼく以外に ともだちは いなかったようだし


        ともだちって どんなともだちでも 宝物なんですね

           でも 不要なのもとうぜん おります(^_^)


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ