店長養成講座 - 売れる店作り1024の方法

  • ¥0

    無料

有名でもなければ安くもない中堅パソコンショップの元店長が、内外の激しい競争を生き残ってきた商品作り、お客作り、売場作り、人作りのノウハウを公開。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
店長養成講座 - 売れる店作り1024の方法
発行周期
不定期
最終発行日
2017年12月12日
 
発行部数
1,007部
メルマガID
0000279189
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■ あなたは店作りの基本を知っていますか?

おはようございます、
店長養成講座の小宮秀一です。

店作りには難しいことは一切ありません。

基本を徹底すれば
必ず売れる店にできます。

売れないのは基本ができていないか、
基本のレベルが低すぎるのです。

え?どうしてそんなことが
言えるのかって?

なぜなら、小売の経営者は
みんな同じことを言っているからです。

売場をきれいにしろ、売れ筋を売れ、
お客様ファーストで考えろ等々。

カリスマと呼ばれる、
セブンイレブンの実質的創業者、
鈴木敏文氏も、
経営者失格の烙印を押された、
ダイエーの中内功氏も
同じことを言っています。

あなたの社長も同じでは?

コレってどういうことだと思います?

要は売れるかどうかは社長の言うこと、
つまり、基本を徹底できるどうかに
掛かっていると言うことです。

● 店作りの基本とは?

店作りの基本とは何でしょうか?

あなたはわかりますか?

そもそも基本を知らなければ
やりたくてもできません。

恥ずかしながら、私は
店長になったばかりの頃、
店作りの基本を知りませんでした。

それまで14年売場にいたにも関わらず。

どうして14年も売場にいて
店作りの基本がわからないのだと
思います?

やる気のない店員だったから?

それは否定しません。

● 知ってそうな人に聞く

そこで上司、先輩、コンサルタントなど、
私より知っていそうな人に
聞きまくりました。

「店作りの基本って何ですか?」

すると驚くことに人によって
店作りの基本は違っていました。

たとえば、経営企画室の人は
「店作りの基本はマーケティングだ」
と言いました。

「お客が誰かもわからずに
商売はできない」

彼からは、カスタマーバリュー、
セグメンテーション、ターゲティング、
USP、4Pと言った、
「マーケティングの基本中の基本」を
教えてもらいました。

コンサルタントは
「店作りの基本は経営数値だ」
と言いました。

「儲かっているかどうかもわからずに
商売はできない」

彼からは経営数値の基本中の基本、
損益計算書の読み方を
教えてもらいました。

営業本部の人は
「特売品を売りまくれ」と言いました。

「特売品は安いから売りやすい。
特売品を売って売上を作れ」

彼からは特売品の売り方を
教えてもらいました。

他にも何人かに聞きましたが
みんな言うことが違いました。

● どうして人によって違うのか?

どうして聞く人によって
基本が違うのでしょうか?

それは店作りがたくさんの要素で
構成されているからです。

集客、チラシ、ダイレクトメール、
品揃え、売場(レイアウト、陳列、展示)、
接客、マネージメント、従業員教育、
経営数値、販売技術などなど。

それぞれの要素に専門家がいて、
人によって得意分野が異なります。

だから聞く人によって基本が違うのです。

それでも、質問して
しっかり答えてくれる人はまだましです。

ひどい上司やコンサルタントになると、
あとから「それが基本」と言い出すから
厄介です。

売場が汚いと
「売場をきれいにするのは基本」
と文句を言います。

だったらなぜ最初から
「売場をきれいにしろ」
と言ってくれないのでしょうか?

そう言うと
「そんなことも知らないのか!」
と呆れられます。

かと言って
「他にどんな基本があるのですか?」
と聞いても答えてはくれないのです。

曖昧なことを言って逃げるか、
「お前、舐めてんのか!?」
とブチ切られるかのどちらかです。

なぜ答えてくれないのだと思います?

たぶん、本当は彼らも
基本を知らないからです。

だって、知ってたら最初に
教えておけばいいのですからね。

こうなると困るのは私たちです。

店作りの基本を知りたくても、
知識が得意分野に偏っているか、
本当は知らないのに
知っているフリをしている人しか
いないのです。

私たちはどうすればいいのでしょうか?

「どうすればいいんだ?!」
と途方に暮れる?

「どうせ、あんたも知らないんだろ?!」
とブチ切れる?

いいえ。もっといい方法があります。

ゼロからでも店作りの基本が
わかる方法はあります。
https://komish.com/y78v

■ 配信停止はこちらから
https://www.mag2.com/m/0000279189.html

■ 「店長養成講座メールサポート」
店作りの悩みをメールで相談できる
https://komish.com/product/mail-support?mmg=171212

■ 「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」
https://komish.com/product/basic-8?mmg=171212

■ 「売れる商品をもっと売る方法」
https://komish.com/product/urerushohin-motto?mmg=171212

■ 「店長養成講座2013」
店長養成講座メールマガジンのバックナンバー集2013年版
https://komish.com/product/backnum2013?mmg=171212

■ 「店長養成講座2012」
店長養成講座メールマガジンのバックナンバー集2012年版
https://komish.com/product/backnum2012?mmg=171212

■ 「店長養成講座2011」
店長養成講座メールマガジンのバックナンバー集2011年版
https://komish.com/product/backnum2011?mmg=171212

■ 「店長養成講座2010」
店長養成講座メールマガジンのバックナンバー集2010年版
https://komish.com/product/backnum2010?mmg=171212

■ 「集客の原則OTAM」
https://komish.com/otam/?mmg=171212

■ 相談歓迎!

店作りでお悩みのことがありましたら、遠慮なくご相談ください。
ネタになるので相談は大歓迎です。
https://komish.com/contact?mmg=171212

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
店長養成講座 - 売れる店作り1024の方法
Copyright (c) 2017 Komiya Shuuichi. All rights reserved.
────────────────────────────────
発行者:小宮秀一
問い合わせ先:info@komish.com
連絡先:https://komish.com/profile
発行元サイト:https://komish.com
配信停止:https://www.mag2.com/m/0000279189.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ