人事労務管理の押さえどころ

  • ¥0

    無料

企業の人事・労務・総務担当者の方に対して、法改正情報や人事施策、さらに困った時の対処ポイント等を順次配信します。社会保険労務士法人岡西労務管理センターおよび経営・労務・人材育成コンサルティングの株式会社ジェイオーマネジメントとの共同配信です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
人事労務管理の押さえどころ
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年01月30日
 
発行部数
163部
メルマガID
0000280437
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

******************************************************************************
 このメールマガジンは、最近の労務・労働問題に焦点を当て、
その対応・予防を中心にお伝えしていきます。
 ただ、同種の問題であっても、その背景や経緯等で対処は千差万別なため、
あくまで一例/参考としてご覧頂ければ幸いです。
******************************************************************************

第159回 最近の36協定の動向から

 皆さんこんにちは。
 皆さんの会社では、36協定の始期は1月でしょうか?4月でしょうか?
 弊所で管理させて頂いております36協定は、1月1日始期が一番多く、次いで4月
1日始期ですので、今月は膨大な36協定が返戻されてきました。
 「返戻されてきた」とありますように、1月1日始期であれば12月中に提出してお
かなければなりませんので、1月に入ってから提出していては遅いのです。
 36協定は必ず協定届の始期までに提出完了していること、まずはこれが大切です。

 弊所から作成した36協定の押印依頼の中に監督署からのリーフレットを最近同封す
るようになっておりますが、協定届に記載する従業員の過半数代表者につきましての適
切な選任についての案内でございます。

 今回のテーマである36協定についてですが、大きく分けて3つの点で厳しく見られ
るようになりました。そのうちの2つは既に書きました、始期までに届け出が完了して
いること、それと代表者選任の適切性です。代表者選任は、民主的に選ばれていること
が必要であり、「ちょっと名前を書いて印鑑を押して」とか「今年の代表は君でお願い」
とか「勤続年数が長いから君ね」とか「昔からずっと変わらず代表している」等々、こ
れらは全部違法です。違法となると36協定が無効となり、時間外勤務と休日勤務を行
わせることができませんので、労基法違反となります。
 基本的には、毎年民主的(選挙・挙手等)で選任されることが必要です。

 届出日は言うまでもありません。期日を過ぎて提出した場合は、「提出日以降有効」
「提出日前無効」の印が押されます。

 残りの一つは特別条項が80時間以上の設定をしている場合です。現行法では80時
間超の特別条項が違反となる訳ではありませんが、過労死・過労自殺レベルとなります
ので、指導対象となります。

 この3つの点で、最近は労働基準監督署の調査・臨検が行われるようになりました。
36協定が期日までに提出されていないということは、労基法をないがしろにしている
また昨今厳しく言われている労働時間管理について軽視しているとして、調査・臨検の
対象となりますし、その際に代表者の選任方法についても問われますので、これまでの
ように「とりあえず出しておこう」「機械的に出してます」では許されなくなりつつあ
ります。
 そして、80時間以上の特別条項を設定している場合は、安全や健康の観点から調査
臨検の対象となります。この場合はあくまで法違反を前提ではなく、健康配慮がなされ
ているか、実際に体調不良者はいないかを確認するものですが、その際に様々な点を見
られますので、色々指摘事項があり、法違反があれば是正勧告、法違反ではないが適当
ではない場合は指導という形で指摘を受けます。

 36協定1枚で法的に非常に重いものですので、これまでのように単に提出している
というだけでは駄目で、内容や中身が整っているかが重要となります。

 なお、弊所で36協定管理をしている場合は、1カ月前に内容チェックをお願いして
おり、期日までには間に合うように作成・届出を行っておりますが、自社で管理されて
いる場合は、忘れずに期日までにご提出をお願いします。

 そして、中身も重要です。実態に合った協定内容とし、代表者を民主的に選任するこ
とです。月45時間と書いて実際に45時間を超えていれば法違反です。その場合は、
特別条項を付しましょう。そして、特別条項は何時間でも設定可能ですが、月80時間
は大きな意味がありますので、可能な限り実態も協定も80時間未満とすることが大切
です。
 いうまでもなく、月45時間を超えて働かせることができるのは、年6回(半年)が
限度です。

 昨年の電通事件以降、非常に厳しくなりました36協定。
 皆さんの会社では適切に調製・届出がなされているでしょうか?

                         このテーマ、了
                         文責 J.O



******************************************************************************
 配信責任元:
  社会保険労務士法人岡西労務管理センター(大阪事務所・東京事務所)
  株式会社ジェイオーマネジメント(経営・労務・人材育成コンサルティング)
******************************************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ