就活生必見☆社会人インタビュー2010

  • ¥0

    無料

このメールマガジンは、就活生が社会人の方に取材し、そのお話や、感じたことを記事として発行するものです。一人でも多くの同世代の方が、ここで先輩方の人生に触れ、自分の軸や、考え方、そして人生を見つめるきっかけとしてくれることを願っております。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
就活生必見☆社会人インタビュー2010
発行周期
日刊
最終発行日
2009年05月20日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000281931
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 就職 > 就職全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『就活生必見☆社会人インタビュー2010』

      平成21年5月20日(水)<071号>


生き生き働く社会人に会えば、自分の未来が見えてくる!
>>バックナンバーはこちら http://archive.mag2.com/0000281931/index.html

------------------------------------------------------------------------
■■ 『ありがとうまでの軌跡』
■■
------------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 1.社会人プロフィール
------------------------------------------------------------------------
□ 柴田 浩志さん
  株式会社クレアコーポレーション 代表取締役

  高校を中退し、色々な仕事を経験した。以前は天狗だったが
  経験を重ねるにつれとお客様を大切にするようになり、
  多くの人に応援されて今に至る。
  
blog:ムカデの一歩 http://ameblo.jp/mukade-crea/
賢者TV:http://www.kenja.tv/index.php?c=kenjadetail&m=index&kaiinid=7688
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 2.インタビュー記事
------------------------------------------------------------------------


■■ 『高校中退』


高校3年生の頃。

勉強が得意なわけでもなく、このままいったら
東大、京大、早稲田、慶応など一流大学と
呼ばれるところには入れないなと感じた柴田さん。


“大学受験では勝負できない”


また、自分が大学に行って4年後卒業した時点で、
自分の天職とめぐり合える可能性は限りなく低いだろう。


そう思ったとき。


微分積分は分からないけれど、社会のルールを学んでおきたい。
早く社会に出て経験を積み、少しでも早く天職を見つけたい。


そんな考えに至った。


そして大学入試を控えている時期に高校を中退する。


写真の現像員、自動車の修理工、トラックの運転手、
英会話教材の販売等色々な仕事していった。


仕事をする判断基準は、
将来自分ひとりだけで独立してやっていける仕事かどうか。

それだけだった。



■■ 『うっとうしい奴』


内装業の現場監督の見習いをしていた時のこと。

興味を持ったら好奇心がとまらない柴田さんは、
大工さんや設備屋さんに質問をしまくった。


柴田「これは何の樹ですか?」

大工「これはタモだよ。」

別の樹を指して

柴田「これは何の樹ですか?」

大工「これもタモだよ。」

柴田「けど、さっきのタモと木の目が違うじゃないですか!」

大工「鬱陶しい!お前といると仕事にならん。」

このように、
よくうっとうしがられた。


けれども続けていくうちに、熱心な奴だと認められ、
いつしか可愛いがられるようになっていた。


作業の順番や、道具の種類や使い方。
仕事の心構えなど多くのことを現場で学んだ。


そして、作業をしないのにも関わらず
工具という工具はすべて持っていた。

日曜大工が趣味になった。



■■ 『天狗』


次第に大きな現場が任され、こなせるようになっていく。


ある時、旅行代理店のショールームを作ることになった。


自分で設計し、お客さんと打ち合わせを重ねた。
すべては順調に進んでいるかのように見えた。


オープン3日前の引渡し検査の時、
天井の飾り物がちょっと曲がっているとお客様から指摘があった。


工具を当てて図ったが、曲がっているということはありえなかった。

目の錯覚で曲がって見えていたのだ。


実際に曲がっていないのと、目の錯覚どちらを優先するのかと聞いたら、
“目”だといわれて、カチンときた。


こっちは完璧にやってる。


気に入らないんだったら全部はずす。
全員撤収だと、大揉めに揉めた。

その場は何とか収まったが、

その当時“お客様ありがとう”なんて全然思わなかった。


自信がついてきて天狗になっていたのだ。



■■ 『仕事の変化が考え方の変化に』



支店を任される事になった柴田さん。


支店がオープンするまでは、本社から人が来ていた。
けれども、オープンしたら誰も来ない。

営業に関しても誰に聞けば良いのかわからない。


飛び込みをやったり、テレアポをやったり。

チラシを配って、
毎日毎日配って。


頭が混乱して同じところを2度周り、
バケツで水をぶっ掛けられたこともあった。


仕事を取ることがこんなに大変なことだとは思っていなかった。


仕事を頂いていたのにあんな態度はなかったなと、
現場監督時代を振り返った。


あるとき、ビルの管理人のおばちゃんと仲良くなった。

ビルの小さい仕事をこつこつと積み重ねていった。


努力が認められたのか、おばちゃんに
ビルに入っている会社の専務を紹介してもらい、
その専務に副社長を紹介してもらった。


その副社長は白亜の豪邸に住んでいた。

ただ、話を聞くと奥さんが出て行ってしまったらしい。
4人分のご飯と、こども達のお弁当を作るのが大変だと愚痴をこぼしていた。


そこで柴田さんは当時の彼女(今の奥さん)に
弁当4人分と朝ごはん4人分を作ってもらった。

訪問した次の日の朝、
副社長の豪邸まで朝ごはんとお弁当を届けに行った。

副社長は
「こんなことをされたのは初めてだ。すごく感動した。」
と本当に感激していた。


さらに次の日の朝。


会社に呼ばれ、朝礼で
「すごく人の気持ちを分かってくれる人だから、
是非とも仕事をお願いするように。」
と紹介してくれた。

実はいくつもビルを持っている会社だったのだ。

ビルのテナント入居工事や原状回復。
そのうち、お店が移転する際の工事まで受注するようになった。


いつしか渋谷の公園界隈のビルのほとんどに
出入りするようになっていた。



■■ 『独立』


色々な仕事を取れるようになってきた頃。

親会社との関係が悪くなってきていた。

お客さんをごまかしてでも良いから、
業者を泣かせても良いから利益を優先する。

そんな体質になっていたのだ。


このままここで仕事を続けたら、
今まで自分を育ててくれた人を裏切ってしまうことになる。


そんな葛藤から、今までお世話になった社長100人に相談した。

そこで言われたことは
“独立、起業せよ”ということだった。


それでもお金がなく躊躇っていたら、

「最初は割のいい仕事を頼むから
そこでしっかりためていけよ」
と応援してくれた。

全身全霊でいい仕事しなければいけない。

今まで以上にお客様を大切にする。

“お客様ありがとう”



□□ 『就活生へのメッセージ』


仁儀礼知信

仁:人に対する優しさ
義:義理
礼:ありがとう
知:知恵、知識、勉強
信:信じること

どれでも良いから2つ3つ持っててほしい
これは徳を積み重ねることだと思います。

一番良くないことは欲に走ること
相手のことを先に考えてあげることが大切。


後は色々な人と会うこと
いい人にも悪い人にも。

いい人はどんどん真似すればいいし、
悪い人からは、こういうところは真似するのはやめよう
って思えるでしょ。

どんな人からでも気付きは得られると思います。

後ははやっぱり先にやってあげることだよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

最後までお読み頂き感謝です。

柴田さんの社員の方ともお話させていただいて、
柴田さんは“気遣い”が素晴らしい人だと仰られていました。


営業をしていたときにペンキ代だけで、屋根を塗りなおしたり、
クレームを受けた方と物凄く仲良くなったり、

相手のことを先に考え、行動することが柴田さんの
夢へ近づく最善の方法なのだなと感じました。


自分はまだまだ自身のことで精一杯で、
「相手のことを先に考える」という考えさえ
頭には定着していません。

けれど、楽しく夢に向かって進んでいくために
これからは意識していこうと思いました。

<取材・編集:坂本拓馬 >

====================================================================
◆発行 【新・就活の王道 岡崎塾】 http://www.trendpro.co.jp/juku/
◆住所  東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル3F
◆編集長 窪田光祐
◆配信登録・解除はこちら:http://www.mag2.com/m/0000281931.html
◆ご意見・ご感想はこちら:okajuku4@trendpro.co.jp
====================================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ