会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ

  • ¥0

    無料

著者サイト

番組製作会社や派遣会社の経営者及び人事労務担当者に向けて、テレビ制作現場に多い労務問題をピックアップし、労務管理上のポイントをテレビ業界経験のある社会保険労務士が分かりやすく解説します。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        2017.4.28発行 NO:100

   ◇ 会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ ◇
 
                 発信者:社会保険労務士 齋藤正憲
                 ホームページ:http://sr-masa.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。社会保険労務士の齋藤正憲です。

メールマガジンをご覧いただきありがとうございます。

このメールマガジンは、会社成長に欠かせない人材マネジメントの観点から、

人事・労務管理上押さえておきたいツボやポイントを解説しています。

今回のテーマは「打たれ弱さを理解して叱る」をお届けします。



┌─┬─────────────────────────────┐
│1│打たれ弱さを理解して叱る
└─┴─────────────────────────────┘


この時期は、研修などを通して新卒の社員として入社した

若い人たちと話をすることが多くあるのですが、

凄く素直な子たちが多いというのが実感です。


初めて会社員として仕事をし始めたばかりのため、

見るもの・経験することすべてが新鮮に映っているからだと思いますが、

色々な事を学ぼうという意欲が高いですね。


ゆとり世代と揶揄されることも多くありますが、

20年程度前に私が会社員として初めて社会に出たときに比べて見ても、

それほど違いがあるとは思えません。


しかし最近の若い世代に共通すると日々感じている事が一つだけあります。


それは「打たれ弱さ」です。


一定のスキルのある中途採用とは違い、

時間をかけて育てていくのが新卒社員ですから、

様々な研修やOJTを通して育てていく過程の中で、

どうしても「叱る」という場面が出てきます。


ある程度の経験則のある上司や先輩であれば「叱るスキル」も持ち合わせているはずですから、

それなりに気を使いながら叱っているはずです。


ところが、この叱られたという事実に対して過剰な反応を示してしまう新卒社員が多く見受けられます。
 

トイレで泣いている、早退してしまった、翌日から来なくなってしまった等、

教育する側に立った人であれば、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。


そのような事態になった時の経緯を聞いてみても、通常の教育範囲内のことであり、

過度な叱責をしたわけでもありません。


コストをかけて採用した新卒社員を大事に育てようと考える上司からしてみれば、

なぜこのようになってしまったのかと悩んだ結果として、

叱ることを躊躇うケースも出てきています。


「そんな打たれ弱い奴はいらん」と言ってしまえば元も子もないのですが、

最近の傾向として見れば、総じて打たれ弱い若い人が多いため、

無視できる問題でもありません。


私も会社員時代に、新入社員の教育を担う立場にいたことがあるのですが、

年々打たれ弱い子たちが増えてきているのを実感していました。


教育を担いだした当初は、職人気質な職場であったこともあり「荒い叱り方」が通用していましたが、

会社を退職する直前のころには「厳しく叱ること」を禁止する風潮まであったことを思い出します。


しかしながら、利益追求集団が集う会社というフィールドの中で

「叱らない」という選択肢はあり得ませんので、

打たれ弱い若い人たちが多いことを認識したうえで、叱っていかなければなりません。


では、どのように叱っていくべきなのか。


ポイントは「その叱った内容に納得感を得られたか」という部分だと思います。


あるケースでは「これが駄目だ」と叱ったとしても

「なぜだめなのかが理解できない」「ではどうすればよいのかわからない」

といった事が往々にあるようです。


つまり、叱られた内容が「駄目」だと理解したが、

新卒社員にとっては「ただ叱られた」という事実だけが残ってしまっているようです。


ケースバイケースではあるのですが

「叱るべき内容が何故だめなのか」「どのようにすればよいのか」を伝えながら叱ることで、

叱られた内容をより理解する事ができ、叱られたことに納得感が出てくるのではないでしょうか。


「そんなことまで教えないと駄目なのか」という悲壮感が聞こえてきそうですが、

他の会社の「色」に染まっていない新卒社員は、

育て方ひとつで良い意味での「自社の色」に染まっていくわけですから、

根気よく、丁寧に叱りながら育てていきたいところです。





発行ナンバー100号はここまでとなります。

最後までお読み頂き有り難うございました。

今後ともご愛読宜しくお願い致します。



◇御意見、感想などございましたら、お気軽にメールしてください。

 メールアドレス → office@sr-masa.com まで

◇メールマガジンの登録・解除はこちらから行えます。

 → http://www.mag2.com/m/0000281974.html

◇当事務所ホームページはこちらです。

 → http://sr-masa.com

◇当事務所代表が執筆した著書「安定・継続・売上アップ 絶対成功する 社労士独立開業バイブル」も好評発売中です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:〒105-0013
    東京都港区浜松町1-24-5 第3河原ビル3階
             齋藤正憲社会保険労務士事務所 
      社会保険労務士/人事コンサルタント 齋藤正憲
                  TEL:03-5776-0802             
                  FAX:03-5776-0803
               MAIL:office@sr-masa.com  
                URL:http://sr-masa.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンに掲載されている情報には万全の注意を払っていますが、
当該メルマガを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、
発行者は一切責任を負うものではありません。

このメールマガジンは、自由に転送して頂いても構いません。
しかし、記事の内容を許可なく転載することは禁止しております。
御了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ
発行周期
不定期
最終発行日
2017年04月28日
 
発行部数
70部
メルマガID
0000281974
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ