会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ

  • ¥0

    無料

著者サイト

番組製作会社や派遣会社の経営者及び人事労務担当者に向けて、テレビ制作現場に多い労務問題をピックアップし、労務管理上のポイントをテレビ業界経験のある社会保険労務士が分かりやすく解説します。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        2017.5.31発行 NO:101

   ◇ 会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ ◇
 
                 発信者:社会保険労務士 齋藤正憲
                 ホームページ:http://sr-masa.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。社会保険労務士の齋藤正憲です。

メールマガジンをご覧いただきありがとうございます。

このメールマガジンは、会社成長に欠かせない人材マネジメントの観点から、

人事・労務管理上押さえておきたいツボやポイントを解説しています。

今回のテーマは「隣の芝生が青く見えた時の考え方」をお届けします。



┌─┬─────────────────────────────┐
│1│隣の芝生が青く見えた時の考え方
└─┴─────────────────────────────┘

隣の芝生が青く見える。


自分の庭の芝生よりも、

隣の家の芝生のほうが青く綺麗に見えるという「ことわざ」で、

自分にはない他人の何かを羨ましく思ったり、

時に嫉妬するような感情を抱くことを表現する時によく使われています。


すべての人が家庭環境や仕事環境など、

日々の生活の中で隣の芝生が青く見えることが多少なりともあると思います。


ところが「青く綺麗に見えていたはずの芝生」が

「実は大して綺麗ではなかった」ということが多いのも実態です。


外から見る隣の芝生は「表面しか見えておらず」

その奥深くにある「真実」にたどり着けていないため、

その奥深くを覗いた瞬間「真実の色」が見えてしまい、

その色は「思っていたほどの綺麗な青ではなかった」ということです。


なぜ今回このような話から入ったかというと、

中小企業の人事・労務管理の世界では、

一度退職した社員が再度退職した会社に戻る(出戻り)が結構あるからです。


出戻る理由は人それぞれだと思いますが、

いくつかのケースで話を聞いてみたところ

「同業他社に転職したけど、この会社のほうがよかった(ましだった)」

という理由を話す人が大多数です。


個人的に100%満足いく仕事環境(賃金だけではなく労働環境)を得るのは、

実際問題のところ不可能に近いわけですので、

言い方は悪いですが「ましだった」という表現であったとしても、

自社が構築している仕事環境が他に比べて優れているといってよいと思います。


このような出戻った社員の話を聞いてみれば、

最初に会社を辞めた時に

「隣の芝生(ほかの会社)が青く(より良い仕事環境)見えていた」ことは確実でしょう。


賃金であったり、労働環境であったり、多少なりとも不満を感じているのが普通ですから、

もっと良い仕事環境があるのではないかと思うのは不思議なことではありません。


私自身、社会保険労務士となる前に社員として勤めていたのが1社だけですから、

転職経験がありません。


転職経験がないからといって、その会社に100%満足していたかといったら、

当然ですがそのようなこともありません。


隣の芝生が青く見えることも当然あったわけですが、

運が良いことに同業他社に転職しようとまでは思いませんでした。


その理由は明白なのですが、

やはり「一緒に仕事をする人たちとの相性がすごくよかった」ことが

大きかったと思います。


もちろん人間ですから、人によっては合う・合わないといったことがありますが、

上司・同僚・後輩と一緒に仕事をするうえで、

大きなストレスを感じるようなことがなかったからだといえます。


じつは出戻った人がいう「この会社のほうがよかった(ましだった)」というのは、

賃金や労働環境といったこと以上に「人との相性」が大きなウエイトを占めているのです。


隣の芝生が青く見えて転職した結果、賃金は上がった、労働環境もそれほど悪くなかった、

でも「戻ることを決断した」のはなぜかと問えば

「転職先の社員と合わなかった」という理由が多いからです。


人は本能的に「居場所」を求める生き物です。


多くの時間を過ごす会社環境の中で「居場所がない」状態に耐えることができません。


芝生が青く見えていた隣の庭(会社)の人と合うのか・合わないのかは、

入社してみなければ判断しようがありませんので、

賃金や労働環境に不満がある(これは誰もが持っていること)けども、

「会社で良好なコミュニケーションが取れている(居場所がある)」

という状態であるのであれば、

今見えている「隣の芝生の青さ」は転職後に薄れていくことが確実だといえます。


隣の芝生が青く見えたときは、ふと冷静に考えてみる、

考えるよう促してみてはどうでしょうか。


今ある「居場所」を捨ててまで取りに行くべき青さなのかどうかを。





発行ナンバー101号はここまでとなります。

最後までお読み頂き有り難うございました。

今後ともご愛読宜しくお願い致します。



◇御意見、感想などございましたら、お気軽にメールしてください。

 メールアドレス → office@sr-masa.com まで

◇メールマガジンの登録・解除はこちらから行えます。

 → http://www.mag2.com/m/0000281974.html

◇当事務所ホームページはこちらです。

 → http://sr-masa.com

◇当事務所代表が執筆した著書「安定・継続・売上アップ 絶対成功する 社労士独立開業バイブル」も好評発売中です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:〒105-0013
    東京都港区浜松町1-24-5 第3河原ビル3階
             齋藤正憲社会保険労務士事務所 
      社会保険労務士/人事コンサルタント 齋藤正憲
                  TEL:03-5776-0802             
                  FAX:03-5776-0803
               MAIL:office@sr-masa.com  
                URL:http://sr-masa.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンに掲載されている情報には万全の注意を払っていますが、
当該メルマガを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、
発行者は一切責任を負うものではありません。

このメールマガジンは、自由に転送して頂いても構いません。
しかし、記事の内容を許可なく転載することは禁止しております。
御了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ
発行周期
不定期
最終発行日
2017年05月31日
 
発行部数
70部
メルマガID
0000281974
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ