現役税理士が伝える本当に役立つ税務知識メルマガ

  • ¥0

    無料

税務関連でお悩みの経営者様のためのメールマガジンです。節税や、税務調査、決算対策など、現役税理士による本当に役に立つ税務知識をご案内いたします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
現役税理士が伝える本当に役立つ税務知識メルマガ
発行周期
不定期
最終発行日
2009年04月10日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000282465
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 現役税理士が伝える本当に役立つ税務知識 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



        e税理士紹介
〜経営者と一緒に考え、悩み、最善の策を提案する税理士無料紹介サイト〜 
         (http://www.e-zeiri.jp/)


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私共e税理士紹介は、無料で経営相談ができる税理士マッチングサイト
『e税理士紹介』のサービス提供をご提供しております。

e税理士紹介にご登録頂いている現役の税理士の本当に役立つ税務知識
を本メルマガにて配信していきます。

節税や、確定申告、決算申告、税務調査などでお悩みの経営者様、
経理ご担当者様是非とも御覧ください。

今回は節税のための会社設立についてご紹介いたします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
節税のための会社設立とは
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

会社法が新しくなってから、資本金1円でも会社が作れるようになり、
「会社設立」という行為が私たちにとってグッと身近になりました。
しかし法人ということからもわかるように、会社は法律上の権利義務が
与えられた「人」なのです。人であるからには権利だけでなく義務が
発生します。もちろん納税の義務も発生します。

具体的に説明すると、個人事業を営んでいる方には、所得税や住民税が
発生します。その方が会社を設立して社長となった場合には、社長とし
て会社からもらう役員報酬に所得税や住民税がかかるほか、法人自体に
も法人税や住民税がかかります。

さらに掘り下げますと、個人に対する所得税は収入に応じて5%〜40%、
住民税は収入に対して一律10%かかります。一方、法人の場合は収入に
対して法人税、住民税合わせると約40%かかります。

また、個人事業主には青色申告特別控除や、交際費の計上が全額認められ
るのに対し、法人にはこのような特典がありません。

以上の点をふまえると、一般的には個人事業主として事業を営むほうが会社
設立をするよりもトータル的に見て税金が安く済むケースが多いです。

ただし、うまくやれば会社設立をしたほうが個人事業よりも税金面で得をす
る場合もあります。それは、給与所得控除の活用です。

会社設立をした場合、社長個人が得る所得形態は事業所得から給与所得に変
わります。給与所得には「給与所得控除」という控除項目が存在します。

これは、実際に発生していないにもかかわらず経費として控除できる給与所
得ならではの特典です。世間でサラリーマン優遇税制といわれている理由が
この給与所得控除の存在です。当該控除額は、給与の額面によって金額が異
なります。これをふまえた上で、実際に会社に利益が出ないようギリギリま
で役員報酬をとるのであれば、個人事業主として事業をするよりも法人を設
立したほうがトータル的に考えて税金面で得をするのです。これが世間で言
う「節税のための会社設立」です。

だったら、つべこべ言わず最初からそのやり方でやればいいではないか、と
普通考えますよね?しかし敵もさる者、国はこの点に着目し、一定の条件の
もと、オーナー会社に関しては'経営者の役員報酬と会社の利益を合計した金
額が1600万円以上の場合、経営者の役員報酬に対する給与所得控除を会社
の益金にプラスするという非常に厳しいしばりが去年制定されてしまいました。
つまり簡単に言うと、節税のためのハードルが高くなったのです。

会社設立の目的が節税の方は上記の点をよく注意してください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このコラムを書いた税理士先生はこちら
http://www.e-zeiri.jp/profile/0042.html
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
e税理士紹介サイト(http://www.e-zeiri.jp/)では、
会社の状況に合った専門家を無料でご紹介しております。

無料相談ダイヤル 0120−807−884

相談メール(24時間対応)はこちら
http://www.e-zeiri.jp/soudan/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


(運営会社)
ネクステージ株式会社
東京都新宿区高田馬場1−31−8 ダイカンプラザ8F
TEL:03−5155−7470   FAX:03−5155−7471
URL:http://c-nextage.com  MAIL:info@c-nextage.com
(関連サイト)
●イーマッチング 〜相談できる財務マッチングサイト〜
URL:http://www.e-match.jp
●ナレコムモバイル 〜格安携帯サイト作成ASPサービス〜
URL:http://service.knowledgecommunication.jp/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ