1日5分のITパスポート対策

  • ¥0

    無料

情報処理技術者試験のエントリー資格「ITパスポート試験」のための対策として過去問題の解説を行い、合格に必要な知識の習得をサポートします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
1日5分のITパスポート対策
発行周期
毎週月・水・金曜日の昼ごろ
最終発行日
2017年10月20日
 
発行部数
795部
メルマガID
0000282864
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

─[PR]────────────────────────────────
◆AmazonでITパスポートの参考書と問題集
 ⇒ http://amzn.to/2x5kddO
 ITパスポートは参考書や問題集を使えば独学でも十分合格可能です。
───────────────────────────────────

☆☆★────────────────────────────────
    1日5分のITパスポート対策
───────────────────────────────第1323号
【今日の問題】
特段の取決めをしないで、A社がB社にソフトウェア開発を委託した場合、ソフ
トウェアの著作権の保有先として、適切なものはどれか。

 ア ソフトウェアの著作権はA社とB社の双方で保有する。
 イ ソフトウェアの著作権はA社とB社のどちらも保有せず、消滅する。
 ウ ソフトウェアの著作権は全てA社が保有する。
 エ ソフトウェアの著作権は全てB社が保有する。


─[PR]────────────────────────────────
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃☆☆☆      開けた瞬間、ビックリ仰天!!    ☆☆☆┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ◆人気No.1!《送料無料》豪華!三大蟹セット!
   http://itsiken.com/af/kitaguni.html
───────────────────────────────────


【キーワード】
・著作権
 知的財産権の一つで、著作物を排他的・独占的に利用して利益を受ける権利
 のことです。
 著作権は、著作物を作成した人が持つ権利で、著作者が作品の所有権を他人
 に譲渡した場合でも、その行為によって著作権が消滅したり、移転したりす
 ることはありません。


【回答】
 エ (出典:ITパスポート 平成28年秋期 問23)
 ⇒ https://itsiken.com/28A_L1/28A_L1_23.html


【解説】
ソフトウェア開発を外部業者に委託するときの契約は通常請負契約になり、請
負契約でソフトウェアの開発を行った時の成果物であるソフトウェアの著作権
は請負(受注)側に帰属します。


【類似問題】
・ITパスポート 平成21年秋期 問21
 http://itsiken.com/21A_L1/21A_L1_21.html
・ITパスポート 平成22年春期 問25
 http://itsiken.com/22S_L1/22S_L1_25.html
・ITパスポート 平成22年秋期 問32
 http://itsiken.com/22A_L1/22A_L1_32.html
・ITパスポート 平成23年春期 問1
 http://itsiken.com/23S_L1/23S_L1_01.html
・ITパスポート 平成23年秋期 問4
 http://itsiken.com/23A_L1/23A_L1_04.html
・ITパスポート 平成24年春期 問16
 http://itsiken.com/24S_L1/24S_L1_16.html
・ITパスポート 平成24年秋期 問24
 http://itsiken.com/24A_L1/24A_L1_24.html
・ITパスポート 平成25年春期 問13
 http://itsiken.com/25S_L1/25S_L1_13.html
・ITパスポート 平成25年秋期 問1
 http://itsiken.com/25A_L1/25A_L1_01.html
・ITパスポート 平成26年春期 問29
 http://itsiken.com/26S_L1/26S_L1_29.html
・ITパスポート 平成26年秋期 問6
 http://itsiken.com/26A_L1/26A_L1_06.html
・ITパスポート 平成27年秋期 問1
 http://itsiken.com/27A_L1/27A_L1_01.html
・ITパスポート 平成28年春期 問8
 http://itsiken.com/28S_L1/28S_L1_08.html


【補足】
通常、請負でソフトウェア開発を行うときは、著作権の帰属先が発注側になる
ような、条項を設けます。


===================================
《編集後記》
自分が発注するときはこの条項を忘れたことはありません。また、受注したと
きもこの条項がなかったことはありません。
おそらく、請負契約のときの決まり文句のようになっていると思います。

───────────────────────────────────
メールマガジン「1日5分のITパスポート対策」

発行責任者 FUJIX
公式サイト https://itsiken.com/
問い合わせ https://itsiken.com/mailform/mail.cgi
発行システム『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000282864.html

※本メルマガの著作権は、FUJIXに属します。
───────────────────────────────────

─[PR]────────────────────────────────
■■ LEC東京リーガルマインド★オンラインショップ【LEC On-line】
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★彡 お得なポイント還元!! ★彡
¶.新時代の通信講座!! 話題のWEB・DVDなど学習メディアが選べます!
¶.書籍が最大10%OFF 書店で買えない本が買える!
☆∴:.。★.‥゛°°★°.:¨☆。∵★.゜゛。☆。∵。☆ ∵★。∵。☆
   http://itsiken.com/af/lec.html
───────────────────────────────────
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ