繁盛焼鳥屋5年で3店舗。独立したい人への手紙。

  • ¥0

    無料

このメルマガは、飲食店、特に焼鳥屋独立を考えている方、またはすでに飲食で独立をしておられる方に何か、繁盛のお役にたてればと思って書いているメルマガです。現在はグループ9店体制となりました。独立成功は本当にすばらしいです!焼鳥スクールも行ってます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
繁盛焼鳥屋5年で3店舗。独立したい人への手紙。
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2014年09月05日
 
発行部数
129部
メルマガID
0000283593
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > フランチャイズ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは!

みなさん、ご無沙汰しております。
私は先週は北海道、今週は秋田にいってきました。

どちらも視察とプライベートと半々でしたが、夜はもちろん居酒屋視察に
でかけましたよ。

そこで感じたことを書きたいと思います。

北海道は札幌をメインに回りましたが、札幌の居酒屋業界は本当に熾烈な競争を
しているんだなーと感じました。

価格も安いのですが繁盛店のSTAFFのホスピタリティ精神がとてもハイレベルでした。
人として、とても親切で優しい人たちが居酒屋で働いていることになんだか
ほっとしました。

他の都市のどこかの居酒屋で
「おトイレどこですか?」と聞いたときに
「後ろに書いてありますが見えないんですか~~」と言われたときに
STAFFの性格の悪さにげんなりしたりしてましたが。

札幌の繁盛居酒屋はすごく親切でした。
やっぱり、滞在型の居酒屋は人間教育は不可欠でシステマチックにやればやるほど
適さない業態であると感じました。


いや、だからこそ!!
個人事業主には、たくさんのチャンスがあるんだと言えますね。


あと札幌や秋田に行って感じたのは、喫煙率がやや高いですね。
別に私は誰が煙草を吸おうと構わないのですが、都内や仙台のうちのバルとかでは
喫煙率が低くなるので少しだけ驚きました。


友人から「禁煙居酒屋」「禁煙バル」にしたらどうか?と提案されました。

売り上げが下がる可能性があるから、やりたくないなーと答えましたら

さがるっていう証明はあるんですか?と言われました。


うちではないですが、ずいぶん前にはワタミさんが都内で禁煙居酒屋を広告して
やったことありますよね。結局、売り上げがわるかったのか?それから戻してます。

あ?じゃ?ワタミさんはタバコ完全OKか?とおもったら、先日、千葉県内の
店にお邪魔しましたら、分煙を徹底されてました。
う~ん。

うちなんか30席位の店だと分煙とかはできないよな~
あんまり禁煙スペースで飲みたいというお客さんには敬遠されちゃうのか?と
も思いました。

小さな店にとってはこの煙草の問題はそろそろ客数に影響してくる
問題かと思われますね。ま、店主の魅力しだいですが。


そうです。
思い出しました。
ときどき、わたしが行ってたスナックがあります。
ここ、席数がカウンターが6席、4人がけテーブルが5個くらいのスペース。
接待してくれる女性がいつもは6~7人ですかね。

大変、安いのでよいと思ってましたが最近、私、行かなくなりました。

そこのお店、空調、換気扇が調子悪くて、行くと服が煙草の臭いで大変なことになるんです。
家にかえると家内に
「くさい、くさい~あんた臭い」と頭から消臭剤をシューシューされるのです。

で、普段は煙草を吸わない私はどうなるか?

もちろん、女性からたまにメールがきて見ても「無視」になってしまうんです。

におい、空気にも店側は配慮しなければですね。

うちも焼鳥屋をやってますので最低限のシズル感をだすための煙はモーモーとだしては
います。でも、それはわざとでして、焼き台だけです。

厨房内では強力なモーターに交換した
排煙設備をおかねをかけて備えています。


うちのいろは横丁店とかは、ある焼鳥屋から10年前に店を居抜きで購入させていただきました。
たしかぁ、最初は
家庭用の換気扇しかついてなかったんです。


もちろん店は煙でモーモー。


私はそれでいいものだと勘違い。

設備もそのままにして店をOPENしました。
開業費用けちりたい!!お金をかけたくないのもありまして。


OPENして二カ月目に他の店の常連さんが
「あの店さ、大将、煙、ですぎだよ。目も痛くなるし、仕事がえりにあそこに寄って
焼鳥の臭いのまま電車には乗りたくないよー煙をなんとかしてよー」

ハッとしました。

なんてことをしてしまったんだろう。
情けない。

この馬鹿が~~~~
できる限りの低投資で店を開店したいばかりに
金をかけなければいけないことにかけずにお客さまにご迷惑を
おかけしてしまった。

そして、すぐに工事をしました。
2日間工事して費用は25万くらいだっと思います。


この店は2階建ての建物なので
まだお金はかからない方でした。


そういう意味でも焼鳥屋、焼き肉屋のような業態はなかなかビルやマンションの1階には
店を出しにくいよね。
排煙する煙突をだいたい、屋上までひっぱってそこで煙を排出するのが
常なので多額の追加投資がかかるんですね。

先日も8階建てのマンションの1Fに友人が焼鳥店をだしましたが
内装工事とはべつに250万かかったそうですよ。

8階までの煙突費用、屋上でのモーターで排煙設備設置費用
ふくめたらねー大変ですね。
だから煙が出る業態は私もふくめて普通はなるべく3階建てまでの建物の
下にやりたいと物件を探すときは、思ってたりしてます。


今日はここまで!

これから、秋冬のメニュー準備が活発になります。
うちもそろそろもつ煮を始めるころです。

いまから秋冬のコースメニューちらしの
打ち合わせです。

ではみなさんお元気で!またかきます。

「焼鳥スクール生徒募集」
不況の中でも好調業種のMOJAの焼鳥ビジネスの技術や繁盛ノウハウ、裏側
を学びませんか?
学びたい方は

こちらまで⇒http://yakitori-school.com/  

焼鳥スクールMOJAのホームページです。


「MOJAのれんわけ募集」
すでにこの春、FC1号店出店致しました。
日曜定休日で家賃15万で売り上げ300万オーバー継続中也。



「ブログも書いています!」
焼鳥屋MOJA大将の日々ブログもできるだけ
毎日書いてます。
http://ameblo.jp/kimotinoyoi-hanasi/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


のれんわけ興味ある方は弊社(元気と情熱株式会社ホームページ)
のお問い合わせフォームよりメールください!
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ