身近なニュースで学ぶマーケティング講座

  • ¥0

    無料

著者サイト

ビジネスに役立つ内容を、ブログから抜粋してお送りします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□

ビジネス通信 by 幸本陽平 Vol.190(読者数:1,889)

□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□〓□


★★★★★お知らせ★★★★★★

次回よりこのメルマガのタイトルを
「身近なニュースで学ぶマーケティング講座」
に変更いたします。

★★★★★★★★★★★★★★★

*-*-*-*-*-*-*-*-*☆このメルマガについて☆*-*-*-*-*-*-*-*-*


私のブログから再編集した

「ビジネスに役立つ話題」

をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

WEB限定三大特典をプレゼントしています。
https://goo.gl/BjHHri
※5人聞き取りウェブサイトのURLです

-----------------------------------------------------------
【1】お客さまのハードルを下げましょう
-----------------------------------------------------------

あなたの商品やサービス、実はお客様にとって「ハードルが高い」
ものになっていませんか?

私は最近、紅茶をよく飲んでいます。きっかけは、紅茶を特集した
ある雑誌です。

その記事に「紅茶は、本場イギリスでも9割以上はティーバッグで
飲まれている」とあり、「なんだ、ティーバッグでもいいんだ」と
気楽になりました。

実はあなたの商品も、お客様には「ハードルが高い」と思われてし
まっているかもしれません。あなたの「普通」が、お客様の「普
通」とは限りません。

あなたにとって当たり前・普通・誰でも知っている…というような
ことでも、お客様にとっては「ハードルが高い」ことかもしれませ
ん。

そのハードルが高い箇所を5人聞き取りなどで把握し、取り去るこ
とが売上げアップには大切です。


-----------------------------------------------------------
【2】トップは一挙手一投足がお客様に見られています
-----------------------------------------------------------

私は先日、ある会合に出て、ある企業のトップの方のお話を聞きま
した。そのお話は、「失言」のオンパレードでした。もしもこの一
連の話がTVやWEBに流れたら大炎上だろう、と思えるほどでした。

私はこの会社の商品を買う気がなくなりました

同社は販売会社で、親会社のメーカーは素晴らしいものづくりをし
ていると聞いています。しかし、このような人が関わっている、と
いうだけで買う気をなくしてしまったのです。

さて、あなたはこのように「自分の評判でお客様を遠ざけている」
ことがないでしょうか。

「私はちゃんと恥ずかしくない生き方をしている、失言もしていな
い」

そう思うかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか。おそら
く冒頭の社長も自分自身は素晴らしい経営者だと思っていることで
しょう。だって、自分を注意する人はだれもいないのですから。

経営者だろうと、イチ担当者だろうと、常にお客様に見られている
ことを忘れてはなりません。たとえ業務とは無関係の行動や発言で
あっても、「あんなことを言う人からは買いたくない」と思われた
らおしまいです。


-----------------------------------------------------------
【3】成果を時間で評価してはいけない
-----------------------------------------------------------

私は研修で、グループワークの時間を取ることがあります。
そこで、ある「傾向」があることがわかりました。

たいていのグループは考え続けた結果、最初にいい案が出てもそれ
を捨ててしまい、結局「何が言いたいかよくわからないあいまいな
案」を結論として採用してしまうのです。

なぜ、このようなことが起こってしまうのでしょうか。

一つは「より時間をかけた方が良い」という私たちの思い込みです。
刷り込み、と言ってもよいでしょう。

私たちは「長時間がんばること=よいこと」という思い込みがあり
ます。しかし、企画のようなものは長時間がんばれば良いものがで
きるとは限りません。

もう一つの問題は、「決める人がいない」ということです。

グループワークのような場では、上司と部下の関係ではないですし、
お互いの関係性が明確ではありません。そのため、「じゃあ、この
企画で行こう」と『決める』人がいません。

「長く考えればいいアイデアが出るとは限らない」
「決めることが大事」
いずれも当たり前と言えば当たり前のことです。

しかし、たいていの人はこれが出来ません。時間をかければかける
ほど、企画やアイデアにとってはマイナスになることがあります。
そんなとき、スパッと「もうこれで行く!」と決断する勇気が必要
です。


──────────────────────────────

ビジネス通信 by 幸本陽平

○発行者 幸本陽平(中小企業診断士)

○幸本陽平事務所「5人聞き取り」
http://www.factaa.com

○ブログ
http://yoheikomoto.hatenablog.com/

○書籍発売中!
「あっ、欲しい!」のつくり方 日本経済新聞出版社
http://www.amazon.co.jp/dp/4532320143/
今ある在庫がみるみる売れる12の方法 自由国民社
http://www.amazon.co.jp/dp/4426119413/

○ご意見、お問い合わせ
yohei.komoto■gmail.com (■を@に入れ替えて下さい)
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
身近なニュースで学ぶマーケティング講座
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年05月23日
 
発行部数
1,890部
メルマガID
0000285487
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ