文系人間のためのシステムトレーダー鍛練所

  • ¥0

    無料

著者サイト

プログラミング知識ゼロからシステムトレーダーになれるようにとの願いをこめて作りました。技術的なことはHPで紹介し、メルマガでは心理的なことや経済のことを主に取り上げていこうと思っています。よろしくお願いいたします。

   

メールマガジン最新号

皆さんおはようございます。FXボーイです。
メルマガの購読、本当にありがとうございます。

これから皆さんがおくる1週間が良い1週間でありますように。


最近僕は金持ちになるために心がけていることがあります。

それはですね・・・編集後記でお送りします。


______________________________________________________________________________

文系人間のためのシステムトレーダー鍛練所


      第六錬    聖杯探究の落とし穴  

______________________________________________________________________________
本日は聖杯はいったいどこにあるのかということを書いていきたいと思います。

自分はまだそれを手にしていませんが、少しわかってきた気がするからです。
僕の生活は崩壊寸前でした。全力疾走で変な方向に向かっていたことは間違い
ありません。

資産は入れるたびになくなり、生活は質素を極め、勉強もせずに相場に張り付
き続けて一日を過ごす。

相場に復讐心を抱いてエントリーし、恐怖心を抱いてエグジットをする。資産が
なくなれば取り返そうと倍掛けし、気分で頻繁にエントリーし物凄い速さで資産
が溶けていく。

家に引きこもり友達の誘いにも乗らず、相場があるからという理由で大事な
人との約束も結果的に反故にし、恋人との仲は悪くなり、外部と交流しよう
という気が完全になくなり、残ったのは寂しさ、孤独、自分は何をやっている
のだろうか。本当に良いのだろうかという疑問でした。

皆さんはいかがでしょうか。皆さんには僕と同じようなことは体験して頂きたく
ないのです。

それが何故起こったのかということが、最近わかりました。

それは、聖杯を外部に求めていたからです。

具体的には、聖杯、つまり相場で稼げる方法や錬金術のレシピ、幸福は外部か
ら探して見つけるものだと思ったのです。

その結果。いろんなサイトや本を読みました。勝てる手法、相場の方向感、
相場予想、等等・・・。様々な意見、方法、相場感がありすぎて、時間が足りま
せん。どれがあっているの。どれが正しいの。といった感じで、暗闇の中、
一歩右に歩いては左に向きを変え、前に進んだかとおもっては後ろに下がる。
イメージとしてはそんな感じで過ごしていました。

結局自分の信念が無いので、他人の意見を参考にしても使い続けることができ
ず。その結果、学習効果としては何も残らなかったんですね。

一体聖杯はあるのだろうか。相場で勝ち続けることは、不可能なのではないか
と思いながらも、一生懸命探し続けました。

そしたらあったんですよ。とても意外なところに。


そこは、、自分の心の中です。

相場で勝つために必要なのは外にありません。相場で勝つための方法は100億
通りはあると思います。それは、成功しているトレーダーが皆違う手法を使って
いることからも察することができると思います。

ここで手法は大事ではないといえるのです。手法は大事ですが大事ではありませ
ん。どういうことかというと、
貴方が苦労して見つけて、信頼している手法は大事ですが、他人の手法は大事で
はありません。

但し、他人の手法を参考にして自分流にアレンジするというのなら全然ありだ
と思います。ゼロから作るより、完成されたロジックを参考にする方が早いこと
もあると思います。

もし他人の手法が大事であると思うなら、売買手法が紹介されて
いる本をかってそのとうりに運用してみてください。

確実にルールどうりに運用できませんから。

それは外部に聖杯を探しているからです。幸せは人によって違いますよね。
慎ましく家族の幸せとともに暮らしているのが幸せと感じる人もいれば、たくさん
の仲間とともに意義のあることに命をかけるのに幸せを強く感じる人もいるわけ
です。

他人が幸せだと感じることをみつけてそれを自分の幸せにしようと考えますか?

貴方は一人しかいません。貴方に合った信頼できる手法というのは貴方にしか
わからないのですよ。

ですから、自分で探してください。自分のトレーディングシステムは、自分で
見つけ出してください。

そのために、エクセルやメタトレーダーを使いこなせるようになると、一般の
トレーダーよりも大きく抜きんでることができると思うのです。

もしも貴方が僕みたいに聖杯を外部に探すことに血眼になっているのなら、、

一度立ち止まって考えなおしてください。

僕は貴方に他人の相場予想やアナリストの分析、他の投資家に貴方の運命を任
せてほしくないですし、予想が外れたりした時に文句をいわないでほしいのです。
自分の行動の責任は、自分で取ってほしいのです。

貴方の人生、運命は、貴方がコントロールして欲しいのです。

貴方は一人しかいないのですから。


本日の話で、自分と同じ間違いを犯す人がもし一人でも減ったとするのなら

これ以上の喜びはありません。


最後まで読んで頂いて本当にありがとうございました。






_______________________________________________________________________________
システムトレードの技術的な面はこちらからご覧ください。

文系人間のためのシステムトレーダー養成所
http://fxboyt.blog56.fc2.com/


メッセージはこちらから(頂けると大変喜びます。)
bunkeisystemtrader@yahoo.co.jp

解除はこちらから(購読頂きましてありがとうございました。)
http://www.mag2.com/m/0000285801.html
_______________________________________________________________________________

さて、僕は金持ちになって自分のしたいことを世の中に具現化していきたい
と考えているんですが、そのために心がけていることがあります。

すごい簡単なので是非実践して頂きたいと思います。

それはですね。 お金を使う時に

「今回も俺のニーズを満たしてくれてありがとう。また仲間をたくさん連れて
戻ってこいよ」

と心の中で唱えながら使うのです。

猫が嫌いな人に猫は寄ってこないように、お金が嫌いな人にお金は寄ってきま
せん。

僕らの目的をかなえてくれるお金様に感謝しましょう(笑)

参考文献は「ツキの法則」です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

また来週お会いできるのを楽しみにしています。

メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
文系人間のためのシステムトレーダー鍛練所
発行周期
不定期
最終発行日
2009年04月20日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000285801
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 初心者向け

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ