コールユーブンゲン解体新書

  • ¥0

    無料

音大受験や保育園の採用試験でつかわれるコールユーブンゲンをわかりやすく解説、紹介していきます。またコールユーブンゲンをマスターするための画期的なトレーニング方法についても…。詳細は発行者ウェブサイトで。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
コールユーブンゲン解体新書
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月07日
 
発行部数
83部
メルマガID
0000286692
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

緒方です、

今回は、
オクターブと
5度だけで

音階を導き出す方法を
お伝えします。



ハ長音階の
ドレミファソラシド。


このなかで
感覚的に
最もわかりやすい
音程は

ひとによっても
異なると思いますが

「ド」と「上のド」の
オクターブ、

そして、その次に
完全音程のひとつ

完全5度の
「ド」と「ソ」の

音程だと思います



これらの音程は
物理学的に見ても

周波数が
オクターブ→1:2
完全5度 →2:3

とわかりやすい比率に
なっているため

音程も取りやすいと
いうわけです。



ですので、
頭の中で音階を
イメージする際に

「ドとレ」や
「ドとミ」など比較的
近い距離の音程だと

自分自身で
本当に合っているのか?

確認したい場合は、

以下のような方法で
それぞれの音を
導き出すとよいです。



---------------

オクターブと5度から

音階を導き出す方法

---------------


1.まず、主音の「ド」を
  イメージ

2.次にオクターブの関係から
  「上のド」をイメージ

3.「ド」と「上のド」の
  間にある
  完全5度の「ソ」
  をイメージ

4.イメージした「ソ」の
  オクターブ「下のソ」
  をイメージ

5.「下のソ」から
  5度上の「レ」をイメージ

6.「レ」の5度上の
  「ラ」をイメージ

7.オクターブ「下のラ」から
  5度上の「ミ」

8.最後に「ミ」の5度上の
  「シ」

といった感じです。




さまざまな文化や
民族には

それぞれ特有の音階が
使われていて

その音階によって
微妙に音程が違ってきたり
しますが、


完全5度ともうひとつ
「ドとファ」の完全4度
だけは

ほぼ世界共通で

それは周波数の比率が
単純だからそうです。



それ以外の音程は
周波数の比率が少し複雑で

感覚的につかむには
あいまいな部分も多く

「ミ」や「シ」の音程が
やや低かったり、
逆に高かったり

「レ」や「シ」などを
使われなかったりする音階
もあります。



ですので、
個人差はありますが

「レ」や「ミ」、
「ラ」や「シ」などの音は

コールユーブンゲンの
練習
はじめのうちなどは
特に

わかりにくかったり
しますので

この方法で再確認すると
よいと思います。



また、5度とオクターブの
練習にもなりますので

この方法で、
ちゃんと「レ」や「ミ」など
別の音に行きつけるか
試してみてください。



緒方晶圭



●発行者   Akiyoshi Ogata Productions 緒方晶圭
●Webサイト http://eartraining.jp/mets/letter/
●ツイッター https://twitter.com/eartraining123
●FaceBook https://www.facebook.com/123eartraining/
●ブログ http://musician-eartraining.seesaa.net/
●お問合せ  info@akiyoshiogata.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ