沖縄フォーラム

  • ¥0

    無料

現在の沖縄の米軍基地問題の裏では「沖縄は明治時代に日本に侵略された先住民族だ」という認識を世界に発信し、その土地の権利で米軍基地を撤去させたり、事実上独立させようという工作が活発化しています。この動きは沖縄の歴史戦であり、祖国防衛の最前線です。民族とは歴史と使命を共有した運命共同体です。そうであるなら、我々が、最初にやるべきことは、沖縄の歴史を反日勢力から取り戻し民族の一体感を取り戻すことです。この度、この問題に本格的に取り組む初めての団体「一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム」を設立いたしました。この戦いこそ日本民族の団結力を発揮するべき時です。皆様のご入会を心よりお待ちしております。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
沖縄フォーラム
発行周期
随時
最終発行日
2017年07月23日
 
発行部数
2,142部
メルマガID
0000287803
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄フォーラム」  ~沖縄こそ日本再建の基地~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成29年6月25日現在:2146名◇
登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄フォーラムの公式ホームページはこちらです。
http://www.okinawa-seisaku.org/
※充実してきましたので是非御覧ください。

◇沖縄フォーラムのイベントスケジュールです。
http://www.okinawa-seisaku.org/events

◇FaceBooK FBF4508名◇
https://www.facebook.com/satoru.nakamua

■【愛国者必見!歴史的名演説】昭和28年屋良朝苗氏国会参考人演説(本日の講義資料)

本日と明日は、13時半から下記の日程でセミナーを開催いたします。

=====================================================
一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム シリーズセミナー
        <間違いだらけの沖縄>
第2回 戦後~復帰編
     「何故、沖縄は独立せずに日本に復帰したのか?」
      ~沖縄県民も知らない琉球独立論のルーツ~
=====================================================
◎日時:
   週末の部:7月23日(日) 13:30~  大会議室
   <FBイベント> ご参加表明はこちらからお願いします。
   https://www.facebook.com/events/1879860955607151/

   平日の部:7月24日(月) 13:30~  601会議室
   <FBイベント> ご参加表明はこちらからお願いします。
   https://www.facebook.com/events/1399931020127260

◎場所:豊島区生活産業プラザ
http://www.city.toshima.lg.jp/121/machizukuri/sangyo/003513/027291.html
    〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-20-15

◎会場分担金&資料代=1,500円
◎参加資格:日本沖縄政策研究フォーラムの活動に賛同される方。
◎事務局:TEL:080-5021-8105(仲村覚)
-------------------------------------------------


当メルマガで、一足はやく本日の講義のために、発掘した

昭和28年の屋良朝苗氏の国会参考人演説の文書を

紹介いたします。

読めば詠むほど、歴史に残る名演説です。

日本国民の教育の原点がそこにあるような気がします。

是非、ご一読下さい。

もっと詳しくお知りになりたい方は、本日か明日のセミナーでお待ち申し上げております。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  屋良朝苗 国会参考人演説
第一類第七号 第十五回衆議院文部委員会議録第十号(抜粋)
                   昭和二十八年二月十九日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

翻つて沖縄の現状を顧みますと、今次太平洋戦争におきまして、物心両面ともに灰燼的な打撃を受け、さらに戦後長い期間完全なる占領行政の特殊事情のもとに置かれて参つたのであります。

いままた変転きわまりない国際情勢の俎上に載せられて、将来についても確たる見通しも立たない苦境に立つて懊悩している次第であります。

この複雑混迷のさ中にあるだけに、真に再建の基礎をつちかう教育の持つ意義は、実に重かつ大なるものがあると確信いたすものであります。

沖縄の教育者またこのことを確認いたしまして、あらゆる困苦欠乏に耐えながら教育を守つて行くためにいばらの道を闘いつつありますが、教育を阻むあらゆる過酷なる条件にさいなまれまして、内容的効果をあげ得ないでまことに苦慮しているのであります。

たといいかなる環境の中にあつても、教育の対象である青少年は絶えず成長を続けて行くものであります。

そしてその成長を助ける教育はいわゆる百年の大計のもとに行われる永遠のものでなければなりません。

従つて教育こそは、永遠の基礎の上に本来の姿において打ち立てられなければならないと思うのであります。

しかるに沖縄の置かれている国際低地位はまつたくこの基本的条件を不可能にしているのであります。

すなわち沖縄の現在の立場はまつたく畸形的不明瞭な仮の姿でしかないと思うのであります。

そのような基礎の上に真実永遠の教育の建設は遺憾ながら不可能であります。

 沖縄の歸属の問題については国連憲章や平和条約締結の根本精神たる人道主義的立場からしても、また民族的文化的歴史的な関係からしても、さらに沖縄県民の心情からしても、祖国日本に復帰すべきことはきわめて当然であつて、本質的には何らこれを阻む理由はないと信じるものであります。

われわれはこの確固たる大前提に立つて若い世代の教育を進めて行きたいのであります。

すなわち形式的にもまた実質的にも真実の日本人として祖国の児童生徒と同一の基礎や立場に立つて教育を施して行きたいのであります。

しかるに冷厳なる現情勢はこの押えがたい欲求を完全に阻んでいるのであります。

われわれは何とかしてこの障害を排除して、畸形的な架空的な逆境から脱却して、永遠に向つて伸び行く子供たちを一日も早く本然の姿において育て、素直な成長に空白を残さないように熱願しているものであります。

それこそは一日も早く沖縄が元の沖縄県として祖国に復帰することによつてのみかなえられることであります。


 およそ個人にいたしましても、戸籍のない子供は肩身の狭い浮浪児であると存ずるのであります。

そのような境遇の子がはたして素直順調に成育して参りましようか。同様に社会にしても現実的に国語があいまいになつている社会は国際浮浪的な存在であり、そのみじめなる境遇においてどうして社会も人も本来の成長発展をとげることができましようか。

このようなぬえ的立場に起因して、われわれは教育上数々の障害を身をもつて体験しつつあるのであります。

たとえば今沖縄の子供たちが使用している日本地図から沖縄の地図は消えております。

また戦争は終結したにかかわらず、国旗さえ自由に立て得ないのであります。

その上に祖国の子供たちと共通の国民行事さえ持ち得ず、さらに何ら国家的恩恵にあずかり得ないのであります。

かかる境遇にある子供たちがどうして真実の日本人として素直に成長して行くことができましようか。

 皆様かつてこの島は、かのアメリカの国運を賭しての大攻勢から、血をもつて祖国を守つて来たわが将兵十万余、無辜の住民十六万の骨を埋めたゆかりの地であります。

それなるがゆえにこの島が犠牲となつた巨万同胞の血のあがないのかいもなく、いつまでも祖国より分離されておりましては、地下の戦没者の霊も無念の血の叫びを続けていることでありましよう。

また時勢の流れには当時としては抗するすべもなく、かの悲惨なる戦争に参加して、いたいたしくも祖国に殉じた青少年男女学徒等の最期をわれわれは絶対に忘れることはできません。

彼らは愛する祖国を守るためにこそ、純情一途に最後まで祖国の勝利を信じつつ、あたら花のつぼみのようなうら若い身を、かの映画「ひめゆりの塔」で見られますように祖国に捧げたのでありました。

われわれはいかなる障害を乗り越えても彼女らの純情を生かしてやりたいのであります。

このことはわれわれ沖縄教育者の至上崇高なる課題であります。

すなわちわれわれは彼らが文字通り身をもつて守つて来た祖国を失わしたくはないのであります。

国政に参与せられる皆様、どうぞこの島に眠る戦没者の魂の声を聞きとつていただきたい。

また条件はどうであろうと、いやしくも祖国を有し、それと一連の共通の文化と歴史を持ち、日本人としての民族的矜持を有する沖縄の住民が、どうしていつまでも異民族の統治下に満足しておられましようか。

どうぞ沖縄の住民の立場になつて考えていただきたいと思うのであります。

(以下省略)

■カンパ・ご支援振込先

<銀行からお振り込み>
◎ゆうちょ銀行
◎店名:019(ゼロイチキュウ)
◎口座番号:当座0767319
◎口座名称:一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム
シャ)ニホンオキナワセイサクケンキュウフォーラム

<ゆうちょ銀行からお振り込み>
◎(記号番号:00130-0-767319)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄フォーラム」  ~沖縄こそ日本再建の基地~
-----------------------------------------------------------------------
現在の沖縄の米軍基地問題の裏では「沖縄は明治時代に日本に侵略された先住民族だ」
という認識を世界に発信し、その土地の権利で米軍基地を撤去させたり、事実上独立させ
ようという工作が活発化しています。この動きは沖縄の歴史戦であり、祖国防衛の最前線
です。民族とは歴史と使命を共有した運命共同体です。そうであるなら、我々が、最初に
やるべきことは、沖縄の歴史を反日勢力から取り戻し民族の一体感を取り戻すことです。
この度、この問題に本格的に取り組む初めての団体「一般社団法人日本沖縄政策研究
フォーラム」を設立いたしました。この戦いこそ日本民族の団結力を発揮するべき時です。
皆様のご入会を心よりお待ちしております。
-----------------------------------------------------------------------
一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラムは如何なる政党や宗教団体とも思想的・組織的、資金的つながりの無い
独立した団体です。(幸福実現党や幸福の科学との関係のレッテル貼りの誹謗中傷の
情報にはご注意をお願いします。)
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-seisaku.org/
ブログ:http://www.okinawa-seisaku.org/archives/category/blog
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ